ボッケニャンドリの思ったこと

思ったこと感じたことを書いているけど間違い、勘違い、思い込みも(^^;

庭の松の手入れも大変

2017年09月20日 09時26分01秒 | 植物




 旧家なんだろうな。枝ぶりの良い松はたまに見るけどこんなに枝が入り組んだ松はあまり見たこと無い。素人目にも樹齢200年とか300年って感じだけどかなり古い木なのは確か。松の手入れは植木屋がやるそうだけど下世話な話10万とか20万の世界だそうだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全て機械任せにしたらダメ@洗濯機

2017年09月20日 09時24分47秒 | 思ったこと

 ヨメが何か始めるとトコトンやるって感じ。その1つが洗濯。何も今日やらなくたってってのをやりだす。そして夏布団を洗ったんだけど脱水が中々始まらない。何度やってもダメ。水を吸った枕のせいらしいけど始まらない理由が分からない。兎に角回転させるにはバランスが悪いということだ。

 試しに枕を取り出して脱水させると回りだした。回転が速くなって10秒ほどして一旦中断。蓋を開けて枕を真ん中に入れて再び脱水再開。一度グラッと来たけどそのまま脱水続行。無事終了。水が中々抜けない洗濯物が多いとバランス取りが上手く行かないようだ。


特に意味の無い写真

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中敷きの材料探し@クライミングシューズ

2017年09月20日 09時24分41秒 | 山とか壁を登る

 塩ビ製の中敷きは適度な強度と弾力があって良いけど欠点が2つある。1つは厚いこと。厚さが3mmもあるのでピッタリの靴だと圧迫感が強くて使えない。2つ目はいきなりパキンと割れることだ。そこで塩ビの中敷きを使いつつ次の素材を探してた。

 考えたのは曲げても元に戻る鋼。ゼンマイの材料のような鋼である。樹脂よりも薄いし割れることはまず無い。しかしそんのは近くのホームセンターになんて売ってない。売ってたとしてもそういう材料は大量に買わないといけなそうだ。

 そんな時は東急ハンズ。けっこう色々な材料がある。行ってみたら求める物に近い物はあった。ただ幅が狭いのと板が薄いので簡単に曲がってしまいそう。でも折角なので買ってきた。


さすがの東急ハンズもドンピシャな物は無かった


 板は長さ1mもあるのでクルクルって巻いて貰った。家に帰ってそれを解いた時、鋸を叩いたような音がした。そこで閃いたのが鋸の歯。工作で使う両刃の鋸は幅が広い。山梨の別荘に切れ味が落ちたのがまだ捨てずにあった。それから足型のを切り出した。


鋸の刃は求めていた鋼である


 それをバーナーで焼きを戻して曲げ、再び焼入れ。焼き入りは熱したのを水の中に突っ込むだけ。そうやって作ったのがこれ。だけど簡単に曲がってしまう。板の厚さが0.6mmなので1mmくらいないとダメっぽい。でもこの中敷きの重さが49.2gあるから1mm厚だと重さが100gくらいになってしまう。それよりもそんな厚い両刃鋸の刃が探しても見当たらない。


曲げても元に戻るけど曲りやす過ぎる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加