憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

LTD化による音の向上(再掲載2)

2017年10月19日 | WADIA LTD

どうも、書こうとすることが横道にぞれてしまうのは、

代理の得意技というか、習性というか・・

(修正(すべきこと)の間違いでしょ?なんて、いわないこと!!)

久しぶりに

代理の「思うところ」・・・憧れのAudio や~~い!!をよみなおしていて・・・

ぽろりんと抜け落ちていることにきがついてしまいました。

 

**********

先日、代理が高橋の話を総合的に(え?どこが?といわないの)まとめ・・(だからあ・・ここもまあそういうことにしておいて)た物を書いています。

その部分がうまく、かかれてますねえwww

私も往年のWadiaの製品を長く愛用してきたが、それには理由があった。現在主流となるΔΣ1bit型DACチップはSACDにも対応し、空気感や繊細さを引き出すDACとしては認めている。しかし、その一方でマルチビットDACチップの音は、音像に明瞭な実体感を示し、中低域にアナログ的な厚みをもたらしてくれる。低域の弱音には深い陰影までも感じさせ、その音からしばらくは逃れることができなかった(ちなみに優秀なマルチビット型DACチップとしては、バー・ブラウン「PCM1704K」などがその代表と言える)。

実践から「事実」を得ている高橋はもっと深いことをしってますが、そこは、もう完璧な個人事業主の「秘密」と「おおいなる飯の種」なので、うっかりぽろりんと口を落っことすわけにはいかないのですが

代理がWADIA6LTDやWADIA6SPに対して説明したことと、ほぼ同じ事をもっともっと的確に書いています。

************

この↑部分です。

素のWADIAというか、DAC部分に対しての評価ではあるのですが

確かに   

しかし、その一方でマルチビットDACチップの音は、音像に明瞭な実体感を示し、中低域にアナログ的な厚みをもたらしてくれる。低域の弱音には深い陰影までも感じさせ

と、ある通りですが

素のWADIAでは、まだまだ実態感はうすく、厚みもうすく、陰影も薄い・・・のです。

評論家と同じように表現している代理の言葉の中で

代理がLTDの音質を語るのに的確だったと思う表現があります。

それは、明瞭な実体感でなく・・感でなく

【立体的】でありというように、実体感でなく、実在するという実体になっています。

そして、陰影という部分も

かまぼこ型の音作りが陰影を作るのではないか?(それがひいては立体的な音になる?)

フラットな音作りをしていた850あたりはこの陰影と立体的な音が少なく

高橋は内緒の改造をおこなうことで、立体と陰影を作り出したわけです。

立体と陰影があると、当然

厚み・深み・・奥行きなどが生じてきます。

 

この評論が間違っているという意味でなく

まだまだ、素のWADIAでは

(あるいは、LTDを聴いてしまうと)

素のWADIAでは、まだまだ実体感はうすく、厚みもうすく、陰影も薄い・・・のです。

 

このあたりの違い・差異をはっきり書かずに

 

****素のWADIAあたりで、ライターさんが言っている「音質」と

 

代理がいうLTD/SPの「音質」のレベルアップというのが違うということを

 

それ、すなわち、EXOGALになってるってこと?と勘違いされるのかもしれないとも思えるわけです。***

と、書いてしまってるので

はっきり書かなかったことを推理してよんでもらうことになったかと思っています。

 

もともとライターさんのおっしゃるような性能・能力をもっていて

それを100%(は、おおげさかもしれない)引き出していない。

と、いうのが本当なわけです。

それをLTD化によって、ひきだしていくと

素のWADIAの性能・能力が50~70発揮できているか、どうかというぐらいのものであると

判るわけです。

そういうふうに考えると

じゃあ、EXOGALなら100%発揮できているのか?

と、考えられそうなので

代理としては、無理だろうと思ってしまうわけです。

それまでのWADIAでさえ100%発揮できるノウハウがなかったのに

WADIA氏の感性でもっていたと思えるのに(失礼)

WADIA氏ぬきでノウハウなしで

と、おもってしまうほど

LTD化による音の立体化は別格のものであるのです。

 

このあたりは口でどれだけいってもしかたがないことだし

また、もうしわけないけれど

システムの良し悪しでLTD化しても

宝の持ち腐れになりかねない代物になっています。

額面をいえば実際の値段はそんなに高くないけれど

音質という面でいえばWADIA9と肩をならべますから

500万近い音質を(WADIA9(音質改善・OH込)のDACとWADIA(音質改善・OH・改造・他込)のCDPが一つになったトランスポートとして考えると500万くらい?)

今までのシステムの中にくみこむわけですから

LTDを持った人は軒並み SPをかえたり・良くしたり、アンプをOHにだしたりという風になってます。

当方もそういう意味合いではないのですが。いろいろシステムをグレードアップ・整備している状態です。

こういうLTDと

素のWADIAの評価を同じように考えてもらっては

なおさら、伝わらないなあとwww

今回、訂正記事です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LINNのDVDプレーヤー... | トップ | 音の印象を語る言葉(再掲載2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

WADIA LTD」カテゴリの最新記事