憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

代理の「思うところ」・・・「ケーブル変えた」との話から・・(再掲載)

2016年12月24日 | 神話を崩す

「ケーブルをとりかえさせたそうだ。」

と、いう、突然の高橋の言葉。

X氏が音がよくなるという高い~~~ケーブルをつけていたのは知っている。

みかねたI氏、おすすめのケーブルにとりかえてあげたそうだ。

実は当方もお勧めに従い、ためしてみたケーブルであり、以下の意匠をとりいれて

現状、使用中で、ブログの画像の中でも使用しているのが見えると思う。

そして、さらにしらべて、コネクターピンプラグを変えている。

ブログでは、CDP側しか判別できないと思うけど

アンプ側には違うプラグがついていて、

おまけに、アンプ・CDPに刺すピンが決まっている。

どちらにでもつけて良いというわけでない。

「ケーブルをとりかえさせたそうだ。」

の、一言に

「やったね」

と、答える代理になる。

以前にも、掲載していないWADIA9のケーブル作成で「代理の思うところ」を書いていて

重複すると思う。

ケーブルなどのアクセサリで音をよくするのは、最後の最後。

だと、考えている。

機器本体のOHや、音質改善などなど、行わず、アクセサリに頼るのは

機器本体の性能をひきあげているわけでなく

アクセサリが音をよくしていることになる。

おまけをいえば、

かなりのところまで、良い音をつくってしまい

機器本来の性能を表現しにくくなる。

当方では、特に、ケーブルによる音楽鑑賞を目的にするわけにはいかない。

機器の性能を率直に伝えてくるケーブルが良い。

妙な補正がかからず、自然な音で機器の性能を伝えてくれるからこそ、

機器の性能をアップすることができる。

機器の性能をアップしたX氏にいたっては、

逆にケーブルが、音の色付けをしてしまい

機器の性能があがっているのに、逆にマイナス効果を生んでいる。

ここのところを高橋はきにかけていて、

I氏に、X氏のケーブルをかえてあげたらと提案していたと思う。

WADIA6 SPにおいては、

ブルーノートさまから、WADIA21とくらべて迫力が少ないように思う。

と、いわれた。

これは、後にディテールが緻密で深いとWADIA6SPを評価くださったところに起因する。

例えて言えば、WADIA21は音の三原色で

赤=====!!

青======!! 黄======!!

と、表現する。

人間の目で言えば、赤が一番インパクトをあたえるそうであるが

原色表現を迫力あるとうけとめてしまう。

ところが、SPはディテールが緻密で深いとおっしゃるとおり、

この深さが空気振動としての体感になり

耳できこえない音までもだしてくるため、音で聞くというよりも

体全体が音につつまれ、一体化する。

これが、本当の迫力なのだが、耳できく迫力になれてしまっていると

迫力がないと思ってしまう。

たとえて言えば、

高級ケーブルも同じで、一種、作られた音を良い音と思わせてしまう。

また、補正効果というのも曲者だと思う。

補正効果でよくあるのが、CDの読み取りである。

よくお客様がおっしゃることで、

今まで聞いていたCDが聞けなくなった。と、言われる。

これは、読み取り精度があがったため

質の悪いCDもそのまま表現するためにおきる。

一方補正効果というのは、CDをすかしてみるとぽつぽつとCDフィルム?に穴があいていたりする。

通常、穴があいていたら、其処にはデータがない。

無いデータをよむのに、補正効果が働く。

おそらく、この音だろうとみなして、音をたして、補正していく。

読み取り精度とは違う。

悪く言えば、読み取り精度が低いため、補正効果で、ごまかす。

こういう状態の機器にケーブルを良くして、さらに補正をかけていることが往々にしてある。

刀は砥師をえらぶというが、

その砥師が

見てくれの良い刃紋をつけていながら、

刀はぜんぜん切れない鈍(なまくら)であるということがある。

まずは刀を切れるものにする。

その切れ味のよさでかえってケーブルが切れ味を殺してしまうことに気がつく。

ここのところを重視しないWADIA9(未掲載ぶん)のケーブル作成は

かえって、他の方に、ケーブル神話をつくりだすだけになるし

高橋のアクセサリは最後の最後という心情にも反するし

機器の精度を上げていくという事にも反していく。

このため、掲載をせずに居る。

後年、WADIA9のOH・音質改善プラスαにより

ケーブルなどではおいつかない向上を目に・・耳にものみせてくれて(きかせてくれて)

いっそう、機器の性能をひきだすことが重要だと確信した高橋であろう。

機器本来の音を率直に表現するケーブルこそが良いとおもわれるところまでの

機器の性能を引き出す人は少ない。

それは、CDPひとつをよくすると、

ケーブルで何とかなどという状態でなく

アンプのOH・グレードアップやらスピーカーのグレードアップをしないと

おいつかないということにもつながる。

こう考えると、ケーブルは最後の最後である。

そして、実際、X氏でもわかるように

あれこれよくしていくと、むしろ、シンプルで色付けの無いケーブルのほうが、

機器の持ち味をよくしていくということになってしまう。

むろん、最初にかいたように、

ケーブルもこだわって作っている高橋であり、

ケーブルもいくつかはためしてみて、

今のものにおちついている。

高級ケーブルでひきだせる音質についても、

実は機器内へのある工夫で機器の性能に付加できる。

おかげで、

あのCD、このCD

なおさら、CDの録音のまずさに不平をもうしのべる顛末になり

つみあげたCDをみて

「これは、聞けない。ぼろじゃ」

と、高橋がのたまう。

よいものはよいものを選ぶ。

類は友は呼ぶ。

録音のまずさまで教えてくれるのはよいとして

ーいい加減な録音、CD製作をしているー

裏を返せば、

そのために、補正効果に特化したCDPやら

読み取り精度の悪いCDPが横行し

ますます、CDの品質がとわれずにいたのだろう。

この先、ますます、品質の良いCDを厳選していかねばならず

某氏がどこそこのレーベル・・全滅ですと報告してくださっていたが

さらに、一工夫いれるとwww

残りのものも半分ぐらいになるかもしれないww

中には、覚悟されていた方もいらっしゃったが

あのCD、このCDきけなくなりました。

性能・精度の上がり具合を、これほどまでとは予測できなかった。

と、うれしさ半分とCDを集めてきた労力が泡に帰す寂しさとで

報告くださったのを思い出す。

貴重なCDがぼろだったと発覚する悲しみを味わいたくない人は

ケーブルで対処されるのも一手かもしれない。

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LHH500 固定用 ボルト と、... | トップ | 代理の「思うところ」・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む