憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

BLUE-NOTEさん、いよいよ、本格始動???やった~~~♪(再掲載)

2016年12月13日 | Blue Noteさん

 

見覚えのある、ロゴマークでどこであるか、わかるとおもうのですが、

8月末日、残暑見舞いが届きました。

それによると、

現、曜日限定で営業しながら、

リフォームを続けているお店のリフォームが

9月中におわるとのお話。

 

このお店のWADIA21が

エージングが熟成していたのでしょうね、

OHだけとは、思えない

いや、むしろ、音質改善など必要でないほどの音をだしていました。

このこともあって、

WADIA6SPIRIT(前期型LTD)を試聴していただいたのですが、

購入したいと申し出て頂いて

最終的には、MY・AUDIOになったようで、

お店でさらにエージングということは、叶わないようですが、

ブルーノートさんの耳のよさは、

システム実奏の環境の良さもあろうし、

(音をしぼらないでいい、常時実奏している・・など)

ジャズバンドを生で聴いている

と、いうこともあり、

機器への評価は厳しいだろうと思い

試聴をお願いしたところがあるのですが、

気にいってくださり、お買い上げと言う事に成ったのです。

非常にディテールが緻密であるということもあり

逆に、ききこまないとわからない。

ぱっと聴きには、迫力が21より少ないように思える。

(ここは、まだまだ、エージング不足なところと

緻密な音を表現しているというところは、

逆に言うと、CD自体を忠実に表現していくところがあり

エージングばっちしの21のような、全体的な構築感がまだ前にでてこず

迫力不足と感じる所があると思います)

と、おっしゃりながら、

緻密な音が、いずれ、迫力でなく

迫真になると、予測されたと思います。

 

このことからも、

ブルーノートさんの耳のよさを思うのです。

それで、

じつは、

現在、だいぶエージングが進んできた6LTDのデモ機を

ブルーノートさんに持ち込んで

聴いていただきたいと思っているのですが

もちろん、まだ、ブルーノートさんの了承どころか、

計画もつたえておらず

車に積み込んで、持っていくとともに

お店を拝見したいという思いと

6LTDの音をきいていただきたいという思いと・・・

 

出来れば、空気が乾燥し、音の冴えてくる秋ごろ

などと、夢想するだけで

わくわくしているのですがwww

 

肝心の高橋の日程が・・・・

*************

ジャズ日報だったかの記事から一部抜粋します。

 

ならまちのブルーノートは、古民家を改装した木造のお店です。
皆様にいつまでも愛されるお店を目指して改装中です。
完成まで、平日はお休みです。
週末のライブだけ、店を開けています。

近くには、五重塔で有名な興福寺や、元興寺、ひろ~い奈良公演などがあり、

散策の後立ち寄っていただける絶好の位置にあります。

貸切・レンタルホール

ご利用料金
入場料、ご人数により異なりますので、お問い合わせください。

動員数
40名

常設楽器、及び設備
YAMAHAグランドピアノ、HAMMOND XK-3 + LESLIE-147、
FENDER BASSMAN AMP、FENDER TWIN REVERBE GT AMP、POLYTONE GT AMP、
GRETSCH DRUM SET(スネア、シンバル類は持参してください)です。
ドラムセットの持込は、お断わりしています。
また,事前にご連絡いただければ,ウッドベースもご用意いたします。

詳細情報
お問い合わせは,メールでお願いします。

 

***

久しぶりに奈良にいけるかも

若草山も30年以上昔に登ったきりです。

近くには、五重塔で有名な興福寺や、元興寺、ひろ~い奈良公演などがあり、

散策の後立ち寄っていただける絶好の位置にあります。と、おっしゃる通り

6LTD試聴やお店訪問だけでも、リッチな内容ですが

さらにゴージャスな位置関係。

 

これは、すごい状態なのだなあと思います。

奈良を観たら、WADIA21・生バンドの音にふれてみよう。

「奈良を観たら、ブルーノートへ」と、いう

キャッチフレーズが出来るんじゃないかしらん?

 

ブログ上でお礼になりますが

残暑見舞い並びに近況報告ありがとうございました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さらば 昴 さらば CDM-1 ... | トップ | 委ねる(ゆだねる)、と、い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Blue Noteさん」カテゴリの最新記事