憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

代理の「思うところ」・・・低域をだせるか(再掲載)

2016年12月24日 | WADIA LTD

こういう気持ちはどう表現すればいいのだろうか・・・

中を見ないうちに、期待通りのプレゼントではないと察してしまったたときに感じるような

一抹の落胆ににた思い、と、いっていいだろうか・・・。

例の好評抵抗について、メールをいただいたのであるが・・

その内容はエージングをかけてやったあとの変化がすばらしいものだといっていいだろう。

これで、エージング後への期待値はさらに上昇したのであるが・・・・。

抵抗への好評について、プッシュしている一言で暗転した。

舞台のヒロインばりに暗転した舞台セットの上で、代理は暗転がおきた舞台ストーリーの背景を考え直していた。

まず、暗転を引き起こした一言。

ーその抵抗はエージングをかけない状態でも、厚みがありますー

この一言で、代理の立ち位置が一挙にかわってしまった。

申し訳ないことだが、

その好評抵抗は輪郭をしっかり構築するが、厚みはない。

深みもなく、響きも浅かった。

代理の混乱が激しくなる。

なぜ?その音をして、厚みがあるというのだろう?

どこかで、双方の音に対する根本的把握が違うのだろうか?

あるいは?

アンプに使用したときと、CDPに使用した時では

音の出方が違うのだろうか?

判らないまま、高橋に尋ねてみた。

すると、SP(スピーカー)の違いだろうという。

以前の依頼主のSPは低音の響きがほとんどない、いわゆる下がでていない音で

まさに中音で、なにもかもこなしていて、くっきりはっきりとした中音が低音の迫力だと錯覚させるSPだった。

つまり、それではないだろうか?

以前のSPにおいて、感じた好評抵抗への評価なのではないのだろうか?

中音が低音の迫力だと感じさせる低域の空気振動のないSPにおいて、

好評抵抗はさらに中音をくっきりさせた。

だから、それを厚みと感じたのではないのだろうか?

だが、現在、当方と同じSPにかえて(ネットワークを良くしないと本来の音をひきだしきれないのだが・・ww)

好評抵抗を聞き比べたわけではない。

以前のSPにエージングされた記憶耳の可能性がある。

と、なると、

厚みがないと感じる部分は最初に代理が指摘したように

ー低域がでていないので、厚みがないーというふうに捉えるのが代理の耳であり

依頼主は

ー中音がくっきりして、迫力が増したように聞こえるから厚みがあるーと

判断したということになるかもしれない。

 

これは・・・。

正直をいうと、その人の好みの問題といっていいかもしれない。

ただ、下がでていなくても構わない耳であってほしくないと思う。

そういう十把ひとからげに中音に牛耳られて

低域の響きが醸し出す厚み・深みがどんなものであるか

判らない耳であってほしくない。

 

と、いうことで、以前のSPから今のSPに変えてもらうように

ちくちく、いじめ続けてきた代理であるのだけど

ーその抵抗はエージングをかけない状態でも、厚みがありますーの一言の後ろ側をかんがえていくと

今回の好評抵抗のエージングの結末がみえたようなきがして

なんとなく・・複雑な気分です。

抵抗が化けているか・・。

好評に化かされているか・・。

いよいよ、明日には、白黒つくことでしょう・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LHH500 固定用 ボルト と、... | トップ | 代理の「思うところ」・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

WADIA LTD」カテゴリの最新記事