憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

WADIA WADIA21 10台目 LTD(再掲載)

2016年11月28日 | WADIA LTD

今のところ、850と6のLTD化のほうが、進んでいますが

【近日中に850LTD3台目アップ予定】

WADIA6LTD (6)

WADIA21LTD (1)

WADIA850LTD (3)

この、今のところ1台のWADIA21ですが、

当方で3種類のLTDを聞き比べた印象では

6LTDに近い850LTDという感じでした。

全体的にフラットな感じの850LTDのようなベースに

6LTDの距離感や響きという緻密さが加味されている感じがします。

単独で比べると

21LTD VS 850LTD

21LTD VS 6LTD

と、言う風に比べると

850LTD・6LTDの特徴を超す様子ではないのですが

両方のモードを持っているという点では

心地よさが出てきます。

代理個人としては、

WADIA21LTD のほうを、アルミVRDSにできたら、

860を超せるのではないか?

と、感じる音が出ているのですね。

で、今回の850LTD

http://longingforaudio.blog.fc2.com/blog-entry-345.html

RIMG5693.jpg  
作業量で言えば前期型よりこの後期型の方がが少なくて済みますが、コントロール基板の電解コンデンサが面実装なので前期型の様なRF信号・デジタル信号系統の電源強化が出来なかったのが残念なところで、今後の課題ですね。

 

と、あるように、

WADIA21は、前期型850に近く、ピックアップも前期型850と同じなので

電源強化もできますので

条件的には

850LTD と21LTD は、ほぼ同じ音が出てもおかしくないところが

WADIA 21 LTD のほうがWADIA6LTDに近いという状態になっています。

 

オーナー様も6LTD も所持していらっしゃり

6LTD については、圧倒的なパフォーマンスと評されており、

6LTD は、別格のところにいるのは間違いがないのですが、

この21LTD は、6LTD より、太い音が出るという評価です。

 

たぶん、音的・帯域的にWADIA 6に近くなり、パワーがでてきて

さらに全体的に表現するフラット性が

全体音の濃度をあげていき、WADIA 6より太いと感じるのではないかと思います。

 

再三、書いているように、

6LTD の音は非常にデイテールが深く

かつ、澄んでいるため

音と音の間が静かというより、無音ですね。

これに、響き(深さと厚み)が出るのですが、

矛盾した無音空間に余韻と響きと倍音を作り出すという意味合いで

代理は6LTD は、大化け物だといいましたが

昨日、I氏からメールがあり無断で一部抜粋ですが・・・

 

6LTDを標準としての差ですが・・・・これにはすべてが追いつけない感じ・・・・初号機は神です!

これもWadia6LTDとの比較であり、一般的にはあり得ない感覚のレベルです。

 

確かに、考えてみれば

無音空間に余韻と響きと倍音を作り出す

と、いう奇跡を起こすのは「神の仕業」でしょう。

余談ですが、当方の6LTD のほうがエージングが進んだせいか?

システムは同じで聞き比べたところ

緻密さと輪郭、彫の深さなどなど

初号機(2号機だったかな???)をうわまわっていたので

初号機が「神」なら、当方プロトは何になるのか?

また、その「神」を生み出した高橋はなにになる?wwww

と・・・・。

 

結論とすれば、

「自然」ですね。

何度も書いているように

雑味をとり、能力を引き出していく、足りてないところは補完するという

バランスを取るだけで(簡単じゃないですが)自然体になるわけです。

CDP 、特にWADIA6後期型は「自然」に限りなく近づけるということです。

 

その6LTD にちかよった感じのWADIA21LTDも

あるいは、850LTD より、人間臭い生っぽさがあり

これも、LTD 化をお勧めしたい逸品であるのです。

WADIA WADIA21 10台目 LTD


2016-04-16

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ZIA FUSION 2台目 2011年6月... | トップ | 想い出のピアノ?ピアノの想... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む