憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

代理の「思うところ」・・・跳ね踊りに寄せる思い・2(再掲載)

2016年10月18日 | 跳ね踊り・町内行事

2015-10-11

10年ほど前に祭に参加できるようになった高橋は

大喜びで、練習しはじめた

練習がおわって、大人同士で軽く酒を酌み交わすのだろう。

踊りのこつやら、町内の言い伝えやら

歴史にかかわる事から、どこそこの店がうまいとか

雑談とともに、親睦も深まる様だった。

ところが、高橋から電話が掛かってくる。

ーなんでも良い。酒のつまみになるものをこしらえて、もってきてくれー

と。

それが、10年位前だったと思う。

乾物ばかりでは、集めた金もたらなくなるし

何か、あじけないのだろうとありあわせの物で

つまみをこしらえ、毎夜、もっていくことがかさなった。

その高橋の本心を聞く事になるのは、6年も7年もたってからだった。

そして、前夜祭から帰って来た時はもう少しリッチなものをこしらえるというのが、

3~4年続いただろうか。

ある年、本祭の打ち上げに使っていた店では、人が入れないほど人数が増え

近くのマーケットなどで、出来合いのオードブルのような盛り合わせを買って

地区の会館で食べるしか無くなっていたらしい。

それをどこか作ってくれる処(店)がないだろうか?

と、会館に集まっていたものが尋ねられたとき

高橋が

「代理なら作れる」

と、言ったという。

そして、なんとかならないか?と、高橋が目の前でいう。

「いや、無理ならかまわない。ひきうけてきたのでなく、

尋ねてみるといっただけだから・・ごにょごにょごにょ」

仕方がない。

おまけを言えば、料理を作るのは嫌いじゃない。

と、いうことで、

40人分、一人1000円という予算で作る事に成った。

商いでやるわけでないのだから、

殆どを材料費にあてられるとおもっていたが、

意外な盲点があった。

箸から取り皿から料理をもりつけるものがない。

醤油さしとか、慌てて買いたしにいったり

刺身をだすなら、刺身醤油に醤油をいれるのぞき代わりになるものもいる。

その当時はそれでも、物価が安く

煮豚をつくる、豚バラブロック一つでも100g108円くらいで、

一人1000円でも殆ど材料費につかえば、

十分な量があったし

商売屋じゃない気楽さが有り、

例えばだけど、商売屋じゃ絶対ださないだろう赤ウィンナーのソテーでも

だせるのが、強みにもなった。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代理の「思うところ」・・・... | トップ | 代理の「思うところ」・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む