憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

LINN KARIK 見分け方という検索ロゴに(再掲載)

2016年12月24日 | 検索から思ったこと
 
LINN KARIK,linn karik,LINN KARIK 見分け方,karik 評価,linn karik 製造年月

検索の仕方でヒットの内容が変わるというのは
往々にしてある。
例えば WADIA6とひくか、
WADIA6 オペアンプ
WADIA6 ベルト交換
などと、ポイントになる言葉をつけていくと
思わぬヒットがある。

で、今回、
LINNのKARIKの見分け方
に、ヒットしたのが、代理の方であるwww

KRIIKについては
の、3台のメンテナンス履歴が有るので
おそらく、
I II III IV V
と、あるのだと考えられます。

その5種類の見分け方をおっしゃるのではないかと思うのですが
代理のところにくるぐらいですから
I II III IV Vのいずれかをつけて、
検索されていないと言う事でしょう。

と、いうより、その区分けも知られていないのだと思いますが・・・
なにか、ちがうぞと・・・

B226だったと思うのですが
シグネチャーというのがあり、
日本では販売されなかったのか
あまり見かけませんが
ヘリタグさん(ヘリテージ?)によると、
もう1種類あるようです。
と、しか書かれておらず
例えば違うのがあると知ったら
B226 見分け方・・みたいな検索になるのかもしれない。

実際、高橋もメンテナンスしてみて、気が付いたわけで、
その見分け方というのは、
中を見るしかない気がします。

実際、こういうことは
いくらでもあって、

WADIA 6でも中の変更があるわけで、
その変更は細かいところまで数えていけば
5~6回あるように思えますから
WADIA6-1
 WADIA6-2
・・・・・
と、大変~~~~~~♪

850も前期型、後期型が有りますし
DENONだったかな
途中からピックアップが変更になってるとか

KRIIKの製造年月日という判定も一手ですが、
おおざっぱに、
シリアルナンバーで推測できるところもあります。
ただ、現状、何台もあつかっていないと
それもつかめず、
やはり、謎ですね。

参考になるかどうか、わかりませんが

3台のメンテナンス記事を見てきていただくのが良いかも♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Yahoo! 検索 オペアンプを交... | トップ | 検索しか、手がないわけでは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

検索から思ったこと」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事