憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

代理の「思うところ」・・・音の印象を語る言葉(再掲載)

2016年10月25日 | WADIA友の会

ここ、しばらく、よく投稿しているのですが・・

機器ごとの音の評価とか、音の感想というのを語ろうとするとき

およその共通語やら

およその尺度を表す言葉というのは、確かにあるのですが

では、じっさいどう捉えているかと、いうことになると

各人、いろんないいまわしがあり

同じことをいっていても、つたわらなかったり

もっと、的をえた表現というのがあったりして

おぼろげな実体(実感というべきか)をいかに共通感覚でとらえるか

と、なると、やはり、同じ機器への感想をのべてみると

共通の実聴体験があるので、

ああ、あの音のことだなと判るというのがある。

先日の試聴会でI氏がWADIA6LDとWADIA9(音質改善版)とのひきくらべで

WADIA9の音質については、さすがだと評されるものの

WADIA6LTDのほうが、そういう意味ではあるいは、劣っているのかもしれないがwww

ーWADIA6LTDはかぶりつきで聴きたくなるー

と、いう表現をされていて、この表現に高橋は

「巧い言い回しで、判りやすいし、実際、その通りだ」と感心していた。

ところが、代理も過去にWADIA9(音質改善版)と6LTDにおいて

こう表現している。

WADIA9は航空母艦のような壮大な圧倒感がある。

海中(沖)から出現したゴジラを発見したような驚きといっていいか、畏敬の念にちかい。

一方で、6LTDはミサイルを積んだ戦車のようだと。

それは、自分の近くまで寄ってくることが可能で現実的な恐怖がある。

と、いう書き方だったと思うが

I氏のいうことと、代理のいうことと音質への実感はほぼ共通でありながら

なにが違うかというと

6LTDを客観的にみているか、

主観的に見ているかが違う。

近くまで寄ってくる現実感があるという表現と

I氏にとって、かぶりつきで聴きたい音というこの主観は

WADIA6LTDの音質における立体感や生々しさを双方とも言い表したいのであるがww

I氏の評価はもうこちらの感情と共振するわけで、巧みな言い回しだと思う。

この違いがなにかというと、

先に書いたように、同じ機器を聴いている者同士が、目配せでわかるというもので

代理のほうは

まだWADIA9と6LTDを聴いたことがなかったI氏にむけて

発信した評価のため、感情表現では理解されないものであり

比喩で語ってみた特性の違いだったわけだ。

一方、YBA・ビマックについてのインプレッション(感想)がM氏から届いた。

YBAについては秀麗であるというのも

ビマックについても情報量が並はずれているというのも

I氏もM氏も同じ意見であり、I氏の表現がまた、判りやすい。

縦方向の情報量がすごい。

と、いう言い方で

なぬ?縦方向というのはなんだ?と思われるかもしれない。

これは、昨日のある機器をたとえにするとわかりやすいかもしれない。

ほとんど倍音がでていないのを評して、

6LTDのヴォーカルは声がいくつもの音で構成されていて

(ここで、手の平を左右に振りながら、下方におとしていく)

こ~~んな感じなんだけど

ある機器は一つの音で、すーときかせてしまう。

(ここで、手の平を振らずに下までおとす)

手の平を左右に振る・・水平方向の情報量というのが、こういうことであろう。

なに?それでは、垂直方向の情報量の説明ではないじゃないか?

ごもっとも・・・。

垂直方向の情報量というのは、実はすでに代理が書いているwww

ビマックがビットストリーム方式のため

音の出方は低域から高域まで並んでフラットに一気に押し寄せてくる。

津波(ストリーム)というだけあって

低域も高域も高い一枚の津波の壁のようになって入江の端から端まで高い一枚壁を作って

それが岸まで並んでおしよせてくるのだから

圧倒的な情報量がある。

この津波の壁の高さが垂直方向の情報量ということになる。(のではなかろうか?)

そして、代理としては、

このいっぺんに押し寄せてくる情報量のため

高域・低域などの距離感が薄く、たとえて言えば

オーケストラが一列に並んで演奏し、音の強弱で距離感を作っている感覚をあじわう。

何かの落語で鷺を捕まえるのに

どんどん近づきながら「鷺~~~」と呼ぶ声を小さくしていくと、

鷺は声をきいて、どんどん小さくなっているので

ははあ、人間め、むこうにいきおったな。と、安心してしまうので、

そばによって捕まえることができる。というよた話だが・・・。

ちょうど、そんな風に代理は自分が鷺扱いwwwされてる気分をあじわう。

こういう意味合いでは

ビマックは情報量はすごいのだが立体感が薄い。

立体を構成するX・Y・Zの軸のうちY軸の構成(距離)が弱いと感じるため

立体感が薄い。

奥行といってもいいかもしれないが、これは、鷺奪取法のように

音の強弱で作っているように感じてしまい奥行とは違うというきがするwww

このあたりのことは、

情報量のすごさを表現する音の良さでカバーリングするのか、

圧倒してししまうのか、評価のうちには入ってきていないので

代理としては、

いささか、不安である。

捉え方が間違ってるんだろうか?

大丈夫か?代理の耳!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代理の「思うところ」・・・W... | トップ | 代理の「思うところ」・・・L... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む