憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

MY・AUDIOからつれづれに・・・(再掲載)

2017年10月16日 | MY・AUDIO

妙な話なのだろう。

先日、オデオンライトの音質改善をおこなったところ、

WADIA6LTD-blueのDAC部分と遜色ない仕上がりになり

早速、オデオンAGのほうに手を加えた高橋なのだけど・・・

なにか、よくわからないが・・・

オデオンライトでは、受け付ける改善が

AGではうけつけず???

(もしくは、かなり手間暇をかけないと無理なのかもしれない。

そんな暇はない。と、いうのもあるのだろう。)

 

AGのほうが、値段も高いのに

まさか・・・の敗北に成ってしまった。

高橋監修を行わなければ

素のままならAGのほうが、よいのだろうけど・・・

すでに、素の状態でなかったAGなので、

現物での比較試聴はできない。

仮想論議でしかない。

 

オデオンライトが、かなりの音をだすようになると

高橋、これは・・・

やっぱり良い。

と、オデオンライトを入手してきた。

 

本当小さな機器で、ほとんど触る部分がない。

その分、音質改善までおこなってさえも、

片手に余る値段なので、触り加減が判るかとも思う。

高橋、正直、WADIA6LTD- blueにするまでに

どれほど、手を尽くしたか、考えると

オデオン・ライトの性能の良さに

頭がさがる。・・と、言うような言葉が・・・

 

が、それでは、DACがすごいと言っても

6LTD-blueのような音になるかといったら、

そうはいかない。

WADIA6LTDの

トランスポート部分の構造・機構・改善・改造

これが、やはり、意匠ものだろう。

先日、ちょっと、過去メールを読み返していたが、

WADIA6LTDのオーナー様の一言が身に染みた。

 

ーよくぞ、このような機器(音)を作り出して下さった(感謝の意)ー

その存在がこの世に生まれたことを喜んでくださるとともに

産みの母であるwww高橋をねぎらってくださっていたわけだけど

 

オデオンライトにせよ

WADIAにせよ

よくぞ・・といわれるような音質改善などを

おこなう・・・

その技術とセンスといっていいか・・・

 

ころりと良くなる・・・ということを

すっかり忘れていたのは

代理の方だった。

 

先日、アンプを頂戴して・・・

で、

高橋

「******(某社)は、音を作りすぎて、

まともな音がでない」

と、言う。

へ?

その ******(某社)のアンプを頂戴したわけだけど

「まともな音でてるやん?」

と、返すと

「当たり前。変に色付けする部分など、ちゃんと修正して、渡したのだから」

・・・・・

あの短時間で・・・。

 

が、すでに、「******(某社)は、あかん」

と、言っていた、その言葉を聞き流していたとも思うし

高橋の方から渡してくれる以上

すでに、直していると考え付けない自分が

やっぱり、灯台元暗しのあんぽんたんだとも思う。

 

そして、思い出すのは

ビマックである。

この機器は妙なフィードバックがかかっていた。

ビットストリーム形式の音にありがちな

距離感の無さ・陰影の無さを何とかカカバーしようとしたのか

微妙なエコーというか、

コンマ世界で、出音を遅らせ、まあ、輪唱のような?ハーモニーを

音に付けることで

厚みをだそうとしたのではなかろうか?

が、そのフィードバック機構がみょうちきりんな音をつくり

作り物っぽいし、にじんでしまうような耳障りがあり

「頼むから、なんとかしてくれ」

と、頼み込んだ。

で、高橋、自分も同じように感じていたというのが大きかったと思うが

その部分を改変した。

 

このこともあったし、

当然、煩い代理に渡すこともあるし

高橋、自分の納得しない音を提供しないだろうし

仮に、修正できないものだったら、

「あげるよ」とは、いわないだろう、

それでも、

此方が欲しいと言えば、

いまいちの音だけど、と、「理(ことわり)」を言うだろう。

 

それが無かったこと。

以前から、******(某社)はだめ。と、いっていたこと。

考えあわせれば

修正しているのは、当然とわかるはずなのに

高橋という人間への「把握」の甘さ。

傍らにいて、この調子なのだから

なにげなく、書いているブログの一言の本髄など

及びつかないことがあってもおかしくないだろう。

 

そして、

それでも、依頼してくださった人を

納得させるのは、

高橋の技術やセンスという理論?(話)でなく

「音」そのものだろう。

 

その音が

ーよくぞ、このような機器(音)を作り出して下さった(感謝の意)ー

と、いうふうにオーナー様を納得させる。

 

その高橋を納得させたオデオン・ライトが入手でき

早速、改善して

最近は、エージングをかねて

プロシードで、鳴らしている。

 

が、正直、

WADIA6LTD-blueがいいんだけど・・・・♪

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランスポートの選択範囲を... | トップ | あるカミングアウトとAUDIOに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

MY・AUDIO」カテゴリの最新記事