憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

代理の「思うところ」・・・難しい質問への代理の個人的な思い(再掲載)

2016年10月19日 | メンテナンスetc

2015-09-08

どう、答えたらいいのだろうと悩む問い合わせがきましたwww

簡単にいうと、まだ、メンテナンスをしたことがない機器を治せるか、どうか

と、いう質問なのです。

これは、ネットで調べていけば、中をあけてくださってる写真など掲載されていて

およそのことは、判断がつきますが・・・

およそという、あいまいな返答をできない、値段の高い機種です。

間違ってもらっては困るのは、安いとあいまいに返答するのかということでなく

わりと、高い機種はめったに中をあけている人がいない。

持っている人も少なく

サービス期間が長かったり、中をあけた修理業者も見せたがらないため、情報が少ない。

(値段が高いといっても、WADIA9ほどではないのですがwww)

このため、およその「お」も、つかめない状態になります。

治せるか?とたずねられても

治せますとも治せませんとも、いえません。

ただ・・・。

今までのことを、考えていただければ、わかることですが

どの機器だって、最初は「治したことがない機器」なのです。

そして、1台治したとき、憧れのAudioのターニングポイントといってよい出会いがあったわけです。

その治し方をみて、

「この人なら、間違いない」と、見込んでくださったのがWADIA6 LTDの初号機のオーナーであるI氏でした。

I氏のWADIA6にかける情熱があればこそ、

WADIA6 改を経てWADIA6改 LTDへの開発?にこぎつけたところもあります。

これほどの音をひきだせる。と、I氏を驚かしてみたいという子供心もあったのでしょう。

一番最初にLTD( 山手サービス所有・プロト)を試聴していただいたのもI氏でした。

たとえばですが、

こんなふうに、高橋を信じてくださるということが、

最後には、最高機を手に入れられるという結果を生む と、いう事もありえるわけです。

もちろん、

やったことも無いものは、調べるのにも、時間がかかりますし

故障の原因の特定も、広範囲に考えなければならず

治せますとはいえませんが、

どこかで、必ず治せるようにするのが高橋です。

WADIA21のギアでも、YAMAHA CDX-10000 ガイドローラーでも

もともとのものでは、すぐにだめになると

最高の素材であるジュラコンでつくってもらって、

対応できるようにしました。

WADIA6の前期型の対応できなかった不具合も原因と対処を特定でき

さらにSPIRITというLTD〔リミテッド)を作り上げたわけです。

必ずいつかは極上のものにする人なのだということがわかっている代理ですが

そこにいくまで、確かに、何台かの経験が必要なこともあれば

今までの経験がすんなりあてはまることもある。

と、いう 非常にもうしわけない言い方ですが

「やってみなきゃあ、わからない部分」があるのです。

そして、また、別の見方をしますと

メンテナンス記事の掲載をお願いしたときに承諾とともに帰ってくる言葉のひとつです。

ーこの機器がなおらないと困っている人のためにも、ぜひ掲載してくださいー

と、いう言葉です。

おそらく、この人も、一抹の不安を抱かえながらも、高橋に委ねてくれたと思います。

問いあわせのかたに対して、こういう言い方は奢っているかもしれませんが

ー他の人も困っているだろうから、ぜひともなおして、メンテナンスできると公開してほしいー

と、いう思いをもってくださるとよいのではないかなあと思います。

とは、いうものの、

最終的には、オーナーさまが、信頼・納得できない状態では

当方も専門的に治しているところがあれば、そちらをお勧めしたいと思います。

オーナーさま自体の覚悟があいまいなとき

こちらが、的確とおもってしたことも、正しい判断とは受け止めていただけないこともありえます。

医療で、信じた医者の薬は小麦粉でも治る

と、いうわらい話がありますが、

この笑い話の根本である「信」が治癒(修理・依頼)の根底にあると思います。

 

お問合せありがとうございます。 

高橋からの返答です。
お問合せの機器については、まだ、メンテナンスをしたことがないので、判りません。
と、いうことです。
ただし、今まで、やってきている機器についても、どれも、最初はやったことが無い物です。
AUDIO機器を触り始めたのはメンテナンス受付をする、わずか1年前という状態ですので、
それだけの潜在能力があるということに成ると思います。
また、今までの仕事のノウハウ・技術・知識がそのまま、活かせたと言うところが大きいと思います。
専門的に治せるところがあれば、其方をお勧めします。
ブログに掲げたそのほかの機器のメンテナンス内容を検討して頂いて
やったことが無い物でも任せられると判断されるか、
やめておこうとお考えになるか、
まことに勝手なことですが、Hさまに委ねるしかありません。
:プロフィールから:
制御はアナログ・デジタル・マイコン回路設計、アッセンブラ・C言語・CADソフト、民生器機のマイコンボード設計・ソフト作成を経験して現在は制御盤設計製作を個人で行っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Q&A YAMAHAのCA... | トップ | Yahoo! 検索 YAMAHA cdx-1000... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む