憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

Q&A 半田増しについて(コンデンサ追記)(再掲載)

2016年10月13日 | Q&A

Q:

半田増しは、どの程度効果があるのでしょうか。

A:

電源回りにクラックが発生すると十分な電流を流 し込めないので早く変化する音や瞬間的な立ち上がり等が出なくなると思われます。

信号経路にクラックが入ると音が出なくなる(小さく)可能性があります。 どちらにしてもクラックが発生している状態でまともな音は出ないと思います。

 

補足:同じようなことが、電解コンデンサー にもいえます。

経年(ほぼ10年)劣化したコンデンサーではまともな音がでません。

(使用環境によっても耐久年数はかわります)

またメーカーによっては、意外にプアなコンデンサーを使っている事が有ります。

山手サービスでは音響用の耐熱性のよい新しいグレードのコンデンサーに

ほぼ全部交換します。(機器によって数がかわりますがおよそ50~100本)

半田増しも全基板に渡ります。(両面基板などは半田増しの必要のない場合もあります)

徐々にコンデンサーが劣化してくると、耳がエージングされてしまって

まろやかな音になったと勘違いしてしまう事がおこりえます。

機器本来の音は新品時から音楽を聴き続けて

コンデンサーや半田やOPアンプ等の各部分が

トータルに和合して熟成期にはいる約半年頃からが本当の音に成ってくるのではないかと思います。

(毎日、5時間ほど、音だしをしながら、の実奏として考えています)

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代理の「思うところ」・・・... | トップ | 京都 Blue Noteさんの葉書き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む