憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

天皇のY遺伝子継承にかかわる疑問。(再掲載)

2016年12月13日 | 歴婆の勝手な解釈

最近のTVはどうも、おかしい。

天下のNHKが時代考証どころか、

日本の礼儀・マナーを無視した・・どころではない

韓国だったかのマナーで、演技されている。

娘から報告があり、

見ていないのでよくわかっていなかったのだけど、

NHKドラマで、日本女性が正式な挨拶をする場面があったそうなのだが、

これが、韓国だったか、朝鮮だったかの挨拶だったという。

そして、調べれば、ドラマのプロデューサーだったかに

邦人でない名前があったという。

 

いかに、いい加減tか。

いや、プロデューサーがではない。

NHKの方針というか。

NHKというのは、日本放送協会だったのではなかったのか?

時代劇の中で女性が

鼻緒が切れたのを直してくれたことに

「OH~~~ありがとう!!」

と、男性にだきついて、感謝のキスなどしているか?

 

なにか、日本人らしさというのが、

実はちょっとした女性の男性のしぐさにもでているのだが、

これを変えられて、

おかしいといわないNHKであるということはどういうことなのだろう?

 

なにか、言うに言えないわけがあるのだろうと思っていたところ

またもや、口濁しがあると感じたのが

天皇陛下の生前退位の討論の中、

話がずれて・・(でも、ないけど)

女性天皇がでてもいいじゃないか、と、いう話になってきていた。

 

すると、男性天皇であるのは、昔からで・・とか、

なにか、要領えない返答がかえってきていた。

 

なぜ?

いわないのだろう?

染色体の話を。

 

女性がXX 男性がXY

このY遺伝子こそが男性でないと継承されないからだ。

と。

 

そういってしまうと、

もっと、えらいことになってしまうのだろうか?

女性天皇が即位し、さらにその子供、女子が即位し・・・さらに

と、なると、

Y遺伝子は途切れ、

ほかの男性のY遺伝子が継承されてしまうことになる。

 わかりにくくなったので教えてgooから転載。

【女性天皇】文字どおり女性の天皇。
【女系天皇】母方を天皇の血筋に持つ天皇。

女性天皇は、さらに「男系」と「女系」に分けられます。
歴史上、8代10人の女性天皇が実在しましたが、いずれも「男系の女性天皇」です。これを「万世一系」といいます。

もし、近い将来、愛子さまが即位されることがあるとすると、「男系の女性天皇」ですから、過去の事例に反するわけではありません。
しかし問題はその次で、愛子さまが平民と結婚されてその子供が即位すれば、男子であろうが女子であろうが、「女系の天皇」ということになります。これは神武天皇以来、2千数百年の歴史に一度もありません。

今年の大きな政治課題になることが確実な、皇室典範の改正に関する有識者会議の結論は、まさに皇室伝統の破壊、天皇制の崩壊をめざしているとも言えるのです。

 

つまり、この言葉を借りれば

皇室伝統の破壊、天皇制の崩壊をめざしている。

と、言う事に成ります。

そこをあからさまに反論・言えないわけがある。

と、いうことになります。

 

ここで、思い出すのがずいぶん昔に予言として解釈されていた、

ヨハネの黙示録です。

今の状態をみていると、

その解釈がなるほど、と、思えてくるのです。

まず、その黙示録。
 
----------------(ヨハネの黙示録12章3〜9節)
 
また、もう一つのしるしが天に現れた。見よ、大きな、赤い龍がいたそれに七つの頭と十の角とがあり、その頭に七つの冠をかぶっていた。
 
その尾は天の星の三分の一を掃き寄せ、それらを地に投げ落した。龍は子を産もうとしている女の前に立ち、生れたなら、その子を食い尽そうとかまえていた。
 
女は男の子を産んだが、彼は鉄のつえをもってすべての国民を治めるべき者である。この子は、神のみもとに、その御座のところに、引き上げられた。
 
女は荒野へ逃げて行った。そこには、彼女が千二百六十日のあいだ養われるように、神の用意された場所があった。
 
さて、天では戦いが起った。ミカエルとその御使たちとが、龍と戦ったのである。龍もその使たちも応戦したが、勝てなかった。そして、もはや天には彼らのおる所がなくなった。

**********

この赤い竜が某国であり

女は紀子さま

生まれた男の子は悠仁親王(ひさひと:2006年〈平成18年〉 - )

と、言う風に解釈できるという話があった。

龍は子を産もうとしている女の前に立ち、生れたなら、その子を食い尽そうとかまえていた。

逆の順番の書き方になっているが、

まさに、

皇室典範の改正に関する有識者会議の結論は、まさに皇室伝統の破壊、天皇制の崩壊をめざしているとも言えるのです。

ということであり、

もっといえば、某国関連の政党に某国人の血筋が多くはいっており

日本人と名乗っているだけのような行動が多く有り

某氏の日本国国旗を燃やすなど、

反日、あるいは、日本政権をのっとるつもりかというような

行動が日本国民の目にハッキリ露呈されたことがある。

 

この一派にとって、

日本を支えてきた天皇制という基盤が目障りなのは当然であろう。

と、なれば、

Y遺伝子を繋がない女性天皇をたてても良いのではないかという

意見をだしてきて、

まったく、別の見解で

女性天皇の正当性を主張する。

(昨今、女性がリーダーになることもあるのに、女性軽視だとか)

だが、よく考えてほしい。

問題は、そんなことではない。

天皇家という存続の歴史は

Y遺伝子をもつ男子によって守られてきたのであり

この存続を揺るがそうというのは

ハッキリ言って、

よその国・よその家を好き勝手にするという事に等しい。

 

確かに愛子さまが天皇になることは

まちがいではないが

この状態の時に仮に一般市民と結婚し、

男の子が生まれたら

さらにその子を正当な天皇継承者として、認めるべきだという議論が

起きてきて、

y遺伝子の継承という問題が浮上できないようにしてしまうだろう。

その布石として、

今、Y遺伝子をもつ後継者が3人もいながら

愛子さまをさすだろう、女性天皇容認を持ち出してきているとしか思えない。

 

そして、そのy遺伝子という正統性をはっきり口にださないということは

どういうことだろう?

 

結局、あなた方は日本の基盤的存在である天皇をつぶそうというおつもりですね。

と、いう反論をいえば、

かっこたる証拠がないことを盾に

巧く言い抜けるか

逆に侮辱されたなどといいだし

それを逆手にとられてy遺伝子擁護派がつぶされかねない。

 

このあたりの洗脳がおきることは、容易であり

すでに、天皇制を基盤とした日本国という表現でも

違和感を覚える人も多いだろう。

 

だが、かなりのデマゴーグで

昭和天皇を戦犯だと思っている人間がいて

あろうことか、

教育者が授業中に天皇制への批判を行うという事例も見ている。

 

天皇という存在が無ければ

第二次世界大戦で、日本は植民地化され

冷戦状態だった日米のことを考えても

植民地化されたら、

日本は壊滅していただろう。

 

そして、うがってみれば

日本をロシアほかの植民地にさせないために

アメリカは原爆を落としたという見方も出来る。

ー俺がやっつけたのだ。俺の獲物だ。俺の武器を見ろー

と、いう威圧も含めて・・・。

そして、

そこで、日本を完璧に植民地化してしまった時に

第三次世界大戦の引き金になりかねないロシア・中国などの存在があまりにも

近すぎて、

いさかい・悶着も今でさえ起きている状態で(領海侵犯など)

そこにアメリカがクレームをいれれば

第三次世界大戦がいつ起きてもおかしくない。

 

このためもあって、

日本を日本のままにしたのだと思うが

そのうしろに

天皇を信じて戦った日本人の存在が大きい。

 

アジアの多くの植民地の人々は

まさに奴隷化していただろう。

その中、日本が大きな武力に立ち向かいきったことは

多くのアジアの植民地のなかで

ーやればできるー

ー日本を見習って頑張ろうー

と、いう勇気を与えたのは事実である。

 

天皇への信奉という思いは

なによりも、脅威であり

命を投げ出しても、国を救う

など、どこの国でも無かった処であり

さぞかし各国は自国の基盤のなさを知らされただろう。

 

そういう一つの軸にまとまって命を懸けるという

その軸という存在こそが

どこにもないことであり、

天皇の姿が、日本人の見本・鏡になり

東北地震のときでさえ

ー日本人はあの状態でもパニックにならず、略奪などおこなわず

礼儀正しいー

と、

(あんたの国がぼろいだけだろといいたくなるがwww)

絶賛された裏側で

天皇制が敷き詰めた日本人の精神を思い知らされ

いっそう、

天皇という存在が脅威になったことは言うまでも無かろう。

 

その脅威を一番感じ取った国が

日本をわがものにするとまではいかなくても

弱体化させるために

y遺伝子後継者という根強い基盤を崩壊させようとしているのではないか?

 

討論会の口ごもった言い方の裏に

暴き立てられない事実が有り

その事実はまた、

NHKでも日本式をうやむやにされても

是正できないという裏側に通じていくのだろうと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古代王朝の存在が匂う場所。... | トップ | 答えるまでもないことなのだ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む