憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

代理の「思うところ」・・・低域をだせるか (3)(再掲載)

2016年12月24日 | WADIA LTD

好評抵抗のことを考え直していた。

どうやら、やはり、アンプにつかってらっしゃった抵抗のようであるが・・・。

高橋のなにげない一言を思い出していた。

うちのアンプにもつかっているよ・・だったかな?

そして、その次の言葉を気に留めず聞き流していた。

ー音は入口でよくなるからなあー(だったかな・・うろ覚え)

昔から音は入口と出口をよくすればよくなるという定説があり

極端に言えば当時であるから

レコード針をよくしてスピーカーを良くする

と、いうことになる(極端すぎるwww)

その定説が頭にしみついているものだから

高橋の言葉を、まあ、いわばそんなん知ってるわ・・みたいに

簡単に捉えていた。

が、待てよと思い始めた。

アンプに採用している抵抗がCDPではただの増幅器にしかならないというのはどういうことだろう?

 

つまり、

すでに音の入口であるCDPが良い音をだすようになっている場合において

アンプにおいて、

その音を調整・増幅していく好評抵抗はベストチョイスになるのであろう。

ところが、

CDPにいれてしまうと

調整・増幅機能のほうが勝ちすぎて

かえってCDPの音を悪くするというか、

なにを調整・増幅するわけ?

音源としての音をつくらずにおいては、調整機能は役にたつわけがない。

 

もうひとつ、言い方を変えると

アンプの抵抗は調整・増幅器として使うのだけど

CDPの抵抗は音作りのために使う

と、いう

使い方の主流が違うのではなかろうか?

 

世間はこの好評抵抗に騙されているのかもしれないと書いたが

これも、よくよく考えてみれば

CDPを触る人は少ない。ほぼアンプのほうであろう。

調整・増幅に使うのなら、正解ということになるかもしれない。

 

ただし、アンプに使ってもやはり、深み、厚みはでないきがする。

精密さがまし解析力があがるほうが大きい。

その抵抗をもってして

CDPという音源に厚み・深みがあれば

その解析力があがるため

システム全般としては音が良くなる。

 

そう。高橋のいう「入口で音が良くなる」という意味合いはこういうことになるだろうか?

ヴァージョンアップした音を効率よく増幅してこそアンプだが

アンプに牛耳られてしまうということを老婆心で心配したのは、こういう意味合いだと思う。

 

CDPという音源を良くせずに、アンプの性能で聴いている音は

当然のことながら CDPの良くなった音を知らない。

高橋がWADIA6をLTDまでへの向上をおしまないのは

ただただ、音源を良くしたいということなのだろう。

 

巷ではどうしてもアンプをよくすることのほうを重視するきらいがあるが

もしかすると、

もしかしなくても

音の入口のほうを(も)よくしなければ

せっかくのアンプも

おいしい料理ならぬ旨い音源をたべそこねてるってことになるか・・・

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代理の「思うところ」・・・... | トップ | 代理の「思うところ」・・・Z... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む