憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

リピータ機器 WADIA6改

2017年08月14日 | メンテナンスを振り返って

オークションで落札した当方メンテナンスのWADIA6改(音質改善なし・オペアンプの電源強化)

が、ミュートが解除できないということで

問い合わせがあり

忙しくしていたこともあり

今はできないとお断りしている間に

オーナー様もいろいろ考えられたようで

この度は、

OHしてください。

と、かきおくられてきた。

 

う~~む。

当方のOHは30年位は持ちますよ、と返答し、

その予定でいらっしゃったなら

音質改善をなさったら・・ということで、

リピーター機器として届いています。

 

早速、中をあけて

ミュート対策を行ったのですが、

(むろん、高橋がです。

実況中継みたいになっていて

主語(主人格)がよく、ぬけていますが、

施工は高橋しかできません。

誤解させていたら、ごめんなさい)

 

高橋、ため息。

最初のころはこんな依頼もうけてしまっていたんだねえ・・と。

今なら、音質改善なしで電源強化など行いませんし

請われても断ります。

そして、ミュート対策も

このころは、できておらず、

おおきな、きっかけになったのは、

J氏のWADIA6LTDで、J氏のアンプが盛大なハウリングをおこしてシャットダウン。

に、なったことでした。

アンプによっては、6LTDをうけつけないということが発覚したわけです。

この対処方法が

ミュート対策となり

以後、事前に対策を設置するようになったのです。

 

その対策が出来てない状態の機器だったため

ミュート対策をするだけで

もう、解除しないと言う事は起こりません。

 

それよりも

この機器が音質改善をしなかったことのほうが、

残念なことでした。

6の音質改善はRCA側にしかできません。

おそらく、前のオーナー様は

XLRをつかっていたため

RCA側を使いたくなかったのでしょう。

このことがあり、

音質改善をどうしますか?と尋ねると

オペアンプの交換はしないが

電源強化はしてほしいという返答だったため

そのころは、それを受けたのです。

 

クロックも今では、音質改善をしないものには載せませんが

当時は音質改善の内容にいれていたのです。

が、クロックはつけない。

とのことで、後で

外付けクロックを持っていた様だと判りました。

 

これも、高橋に伝えると

(ここは、意味合い)

外付けクロックは

中に設置するクロックとは違う。

WADIAくらいになると、外付けではまったく効能がない。

・・・・・

やはりか。

代理もどこかで書いているのですが

クロックは、機器個体の中で

回路・基盤の性能をひきだしていくので

外に付けても、元の性能としては、上がっていないのじゃないか?

トータルバランスとか

連鎖・増幅?作用というものは、

中につけないとでてこないのではないか?

と、考えていたわけです。

この機器の前のオーナー様は

元を良い音にしていくと言う事をせず、

発揮率をあげようという考え方だったのではないかと思います。

 

だから、音質改善に対しても

興味を示さなかった・・ということでしょう。

 

今回、心配したもう一つは、オークション終了から

まもなしに?ミュートが解除されなくなり

今日まで、稼働していなかった事によって、

ちゃんと音がたちあがってくるか、どうかでしたが、

ストレスなしに聴ける音で良い音がしています。

前期型の良さもちゃんとでていて

さすが、アルミVRDS円盤という感じですね。

音質改善のエージングが進んでいけば

さらに良い音になるので、

機器としては出世ですwww

 

音質改善を希望してくださり、代理もほっとしています。

そのままでは、表現しきれない音があるのが事実ですから

その音に巡り合えるのだなあ~~~♪

と、

思うと、自分のことではないのに

嬉しくなってきます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 耳に感じない(低周波~高周... | トップ | 耳に感じない(低周波~高周... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メンテナンスを振り返って」カテゴリの最新記事