憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

代理の「思うところ」・・・(夜食の話)(再掲載)

2016年10月17日 | 代理の裏話

2015-01-11

メンテナンスを始め、切りが良い処まで、と、追い込んでいくうちに、

深夜になり、途中でやめれないぞと言う状況になることがたびたびあります。

すると、

臨戦態勢に備えるため、「夜食」の注文がはいります。

季節や材料の有無・体調によって、多少、メニューがかわりますが

おおくは、麺類です。

とくに、最近、高橋は十割そば(そば粉のみ)がこのみです。

「なんか、作って」の声で

じゃこ・こんぶ・かつおぶしで、リッチなだしをつくります。

岡山のキミセ醤油がちょっと近くに販売店をだしているので、

そこで、かいおいた醤油で味をきめ、

そばをゆでるお湯を沸かす間に長芋をすり、ねぎをきざみます。

お湯にいれて、三分ほど茹で、二分ほど湯に寝かせておきます。

おいしい、蕎麦湯もとれます。

ころあいをみはからって、そばを流水であらいます。

しっかりした、こしがでるまで、あらいます。

そして、事前に鍋にお湯をわかしていたものに、さらした蕎麦をいれて、あたためて、

どんぶりもあたためて、

蕎麦を湯切して、どんぶりにいれて、そばつゆをはり、ねぎをいれます。

すりおろした長いもは、おろし器にいれたまま、好みの量をいれてもらうようにしています。

やまかけ蕎麦ですね。

最近は夜食がそばになることがおおいため、ラーメンの出番がすくなくなりました。

以前は豚骨とか、鶏ガラからスープをとっていたのですが、

今はもっぱら、中華だしとか、ウェイパー(赤い缶の固形スープの素?)におまかせになっています。

おまけに、昼食でたべることがおおくなりました。

野菜たっぷりラーメンにすれば、栄養面を補えるので、

夜食が蕎麦になってよかったかな?と、思っています。

昼に蕎麦だけでは、ちょっと、腹持ちしませんから・・・。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (東北地震の当日・・福島でA... | トップ | 代理の「思うところ」・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む