憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

Q&A 受付再開予定について(再掲載)

2016年10月16日 | Q&A

Q:

B226の読み取りNGを修理して頂きたいのですがいつごろ再開の予定ですか。できればメールお待ちしてます

A:

再開予定は本業がはいってきますと、本業が優先になりますので、
たてることができません。

並びに予約はうけていませんので、メールへの返信を希望されていらっしゃったようですが、コメント欄にて、返信といたします。
前回の受付再開後の修理依頼も一日で(正確には10時間ほど)で、こちらの受付許容量をオーバーしてしまったため、受付を休止しました。

この様な状態ですので、受付再開の記事をお見逃しの無いようによろしくお願いいたします。

本業優先のためと、到着順で修理をおこなっていますので、修理依頼をおうけしても、メンテナンス着手まで時間がかかることをご了承ください。

2015年11月6日追記

B226・スチューダ・レボックス等のオーバーホールを依頼してくださった方が、何人かいらっしゃるのですが
ピックアップが駄目になっている場合、CDM-1等は、まず手に入りません。
中古は無論ですが、あったとしても、品質の良い物が4個に1個、5個に1個あるかなしかの状態で(当方はレーザー電流・電圧などを、測定しています)
おまけに、高い。
と、なると、こちらも、ピックアップ1個のために、20万~30万かけて、探すわけにはいかなくなります。
では、お客様にピックアップを用意してください。と、なったら
お客様が20万~30万出費する事に成ります。

それだったら、動作品の新しい機種(別の機器も含めて)を手に入れた方が安心だと思えます。

*追記*

下位機種のCDM-1は、発光ダイオードを交換している場合が多く、

この下位機種に載せられていて、動作している発光ダイオード交換ピックアップでも、

上位機種では、シビアな調整が必要になるため、

発光ダイオード交換ピックアップでは、4~5曲目から認識しなくなる事例が出ています。

これが、あって、ほぼ、入手不可能になっています。

場合によっては、他箇所の不具合で読み取らなくなった機種のピックアップまで

発光ダイオード/レンズ交換されていることもあり、

CDM-1の絶対数が足りなくなっています。ほぼ全滅状態と思えます。

当方では、申し訳ないですが、

この先々のことを考えるのと、

CDM-1が載っている機器自体も、音質改善などしても、性能の伸びしろがいまいちのため、

CDM-1 搭載機種については、お勧めしておりません。*****


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Q&A 修理に関する質問(E... | トップ | 代理の「思うところ」・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む