憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

代理の「思うところ」・・・(癒し曲線、近似値はサラ・ブライトマン)(再掲載)

2016年12月24日 | I LOVE M 

2014-10-27 記

 

もうしばらく、新規のメンテナンス記事がでないので(メンテナンス中です)

代理が「前座」がわりというか、つなぎに記事をかいているのですが、

けっこう、むつかしいところがあります。

と、いうのが、代理にとっては見慣れた風景であっても

いざ、記事にしてしまうとなると

じつは、「企業(個人事業主ですが)秘密に抵触する」ものがあったりするのですね。

ここを(どこを?)はっきり書けたら、実に判りやすくなるだろう。

と、思うのですが

さすがにそれは「人様のふんどし」泥棒になります。

そんなことをしたら代理の尊厳にかかわります。

ふんどしをつけるなど、あらぬ性癖があるかと誤解されます。

wwww・・・。

かといって、代理個人の趣味(音楽あたり・・)をかきはじめると

憧れのAudioから脱線してしまいます。

で、どういう定義か自分でも判らない処ですが、

記事として掲げられそうだなあというものがうかんだら

書くようにしているのですが・・・。

これが、また、前回の様に、前ふりというか、高橋の近況報告を先にかいたら

福島のスチューダA727のオーナーさまのことをおもいだしてしまい、

これ以上、他の内容をもりこめないなと、いったん、くくったのですが

じつは、ちょっと、だけ、前ふりがあったのです。

それは、「癒し」という言葉です。

代理は(あくまでも個人思考です)癒される、とか、ストレスで・・とかいう言葉が好きじゃないのです。

それは、前記事にでていたように、穿ってみれば

じゃあ、

癒される=(満身)創痍状態なのかあ?

ストレスで=そんなに精神状態もろいのかああ?

って、自分を問い詰めてしまう(いわゆる自虐タイプ??)のです。

で、音楽的に最近よく使われるようになった「癒し(の音楽)」についてです。

正直、もっと別の表現がないものかとおもっていたのですが、

「憩」「和み」では、微妙にニュアンスが違います。

「癒し」というのは、もっと精神の奥深いところに響くというか、

近しいところで「(心の)琴線に響く(触れる)」でしょうか。

ある時、音から受ける「癒し」という感情・感覚が科学的に立証・データ取りされているのをみて

例えば「和み」系の音

「憩」系の音

と、何らかのデータを取る事も可能なのではないかと思いました。

そこで、具体的にデータがでていた「癒し」のデータの話を書いてみたかったのです。

癒し曲線というのがあって、どういう具合に測定するかは定かではないのですが

「1」に近いほど癒されるそうで

例えばモーツアルトが、「1.3」

驚くことに日本の沖縄だったか、宮古島の、「ある浜辺の波の音」が「1.07」

そして、近日、広島に来る「サラ・ブライトマン」が「0.98」でした。

(数値はうろ覚えになっていましたので、仮値です)

「サラ・ブライトマン」は4~5年前に(から?)サッカー(Jリーグ?)のテーマ曲をうたっていたり

カバー曲とか(スカボロ フェアとかアベ・マリア・アメージング・ブレイス?)でも

名をはせていたのですが、

先日はスペインだったかの大聖堂でコンサートをひらいたりしてもいました。

ここらからみても、

教会が「神々しい」と感じるような「声」であればこそ

教会でのコンサートを開催できたのだと思います。

「慈しみ」ともいえる「癒し」を与える「声」

その秘密が数値に現れ、実証されていたという事に驚きでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代理の「思うところ」・・・... | トップ | 代理の「思うところ」・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

I LOVE M 」カテゴリの最新記事