憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

代理の「思うところ」・・・(オークションのこと)(再掲載)

2016年10月17日 | オークションの事

2014-12-05

オークションをみていると、すこし、考える処が有ります。

ネットオークションは個人の物品を競り合っていくのに、一般?の人も参入できるようになったものと思います。

イメージ的に魚のせりや牛のせりとかのように、生産?にかかわった者じゃないと売買ができないという形の

せりが有ったと思うのです。

そこに個人でも参入できないか、バザーのように格安で出品するのでなく、もっと付加価値を認めてもらいたい、

付加価値を認める人の中でどれくらい価値がつくかわからず、格安でバザーにだしてしまいたくない。あるいは廃棄したくない。

まあ、考えや思いはいろいろあると思いますが

最近、とくに「ええ?」と思うのはオークションにショップがはいってくることです。

自分にとっては、要らない。あるいは、維持できないので、個人がオークションにかける。

これは、理解できるのですが、オークション形式のショップって、普通、ありますか?

先にかいたように、かかわった人間だけが参入できるせりのようなオークションならわかりますが、

街の中の商店がそこで、「うちはオークション形式ですので、*日にしめきりますので入札してください」

って、入札箱みたいなのをおいていたら、みなさん、買うのかしらん?

そして、ショップがオークションにかけるというものは、もうしわけない言い方だけど

店頭で売れないからというのもあるんじゃないかと。

そうなると、

自分にとっては、要らない。あるいは、維持できないので、(個人がオークションにかける。)というのと

同義じゃないかと。

で、あるのに、店頭価格そのままで出品したり、仕方が無いんだろうけど、消費税がかかったり・・・。

オークションと言う名前の店舗なのだと思いつつ、なにか、釈然としない。

さらに、釈然としないのは、このショップの値段と同等に考える個人。

ショップが提示する値段が高くても買うのは、

例えば、保証がある。部品等交換している。中を確認している。など、+αの部分の信頼がある。

個人でオークションに出す方は

ショップで20万で購入したので、20万はほしいという考え方をする。

この20万という金額の中に+α分がはいっている。

ところが、個人がだすと、逆に+α分をさっぴかなければならない。

もっと、いえば、買取などにだすと、20万の機器でも1/3~1/5の値段になる。

これが嫌で自分でオークションにだすのだろうけど・・・。

自分にとっては、要らない。あるいは、維持できないものをオークションの相場をこえた値段で出すならば、

何らかの付加価値をつけるしかない。

例えばWADIA6.某修理ショップでピックアップの交換をするだけで11万というねだんがします。

もしも、買うだけ買って、ピックアップがだめになったら某修理ショップの修理金額を基準に考えますと

20万で買って、ひょっとすると、すぐピックアップがだめになって・・・

31万+そのほか・・・。

だったら、オークションショップでピックアップの確認が出来ている物を購入すれば、

20万+消費税+その他(送料等)=約22万

裏側で、こういう計算をされてしまうわけです。

つまり、個人で売ろうとするなら、

例えば(20万/希望価格)-(ピックアップの修理費×50%)=145000円

ピックアップが駄目な場合、半分持ちますという(付加価値追加)ような感じの値段になってしまうのだと思います。

と、いうより、オークションは買い手が価値をきめるところがあるので、

100円スタートでもそれなりの「価値判断」の値段がつきます。

これは、その時その時の様子があって、

思ったより、値段があがらず終了ということもあれば

逆に、上り過ぎてもうしわけないから、送料はおまけします。などということもありましたから。

 

買い手も「欲得づく」なっている出品物は見抜くものです。

値段をつけてくれるのは買い手。買い手のことをもっと信頼しなきゃって思いますね。

ようは、買い手におまかせ。

 

ーオークションをみながら、ぶつぶつ、思っていた代理でした。ー

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代理の「思うところ」・・・... | トップ | 代理の「思うところ」・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む