憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

想い出のピアノ?ピアノの想い出?(再掲載)

2016年11月28日 | I LOVE M 


一番、最初に、音楽機器で聴いて良いと思った楽器は

ピアノだった。

実際、学校とかでピアノがあって、それを弾いているのを聴いても

ピンとこなかったのだ。

むしろ、音でいえば、

ハープとかパイプオルガンとか

これもTV を通してしか見たことも聴いたこともないが

その音のほうが良いをとおりこして、すごい音だと思っていた。

 

ところが、当時だから、13歳くらいかwww

ある愛の詩と

ゴッドファーザーがはやっていて

(まあ、そのころは(有)名作が多く、メロディ的にはそれこそ

風とともに去りぬから広野の1ドル銀貨からエトセトラwwww

耳にすることが多かったわけで)

そのシングルレコードを購入したわけだけど・・・・。

ある愛の詩が、ピアノヴァージョンだった。

田舎だったので、いろんなパターンのものがなく

それ1枚というシングルを買うしかなかったのだけど

そのピアノの音で、ピアノに開眼した。

 

無論、そのころはおもちゃのようなコンパクトステレオしかなかったのだが

それでも、生の学校のピアノとは違う、腕の確かな人の演奏と

録音技術がよかったのだろう。

ぼろい音しか出ていないながらも、

音のエキスを十分にすいまくることができた。

 

と、言うことで、実はピアノの音が好きなのであるが

それをずいぶん長いこと忘れていたと思う。

 

その忘却の彼方に飛び退ったピアノの音の心地よさを再発見することになった。

 

ある方から、ルイス・ヴァン・ダイク・トリオの思い出の夏というCD が良いと

CDRに焼き付けたものを戴いた。

それを高橋も気にっいってかけてはいたが・・・・・

どうも、音がぼろく・・・www

かつ、そのまま、長い間、CDR 使用時のテストCDとして使用していたため

代理もあまり、気にしていなかった。

 

処が最近、とうとう、

やっぱ、CDR できいててもだめだなと・・・

ちゃんとしたCDを買うということになった。

 

で、ちゃんとしたCD を愛聴盤として持つ気になるくらいだから

ここ最近、よくかけている。

 

そこで、最初の話につながる。

 

なんちゅう、良い音が出てるんだろう。と、思う。

WADIA6はジャズむきという言い方があり

それは、かまぼこ型の音作りが、ジャズにあうんだと

単純に考えていた。

 

だが、ここ最近、LTD 着手により

6の音はもともとが緻密で、もともと、澄んだ音の傾向がある。

と、判ってきた。

これをLTD にすることで

立体感をしっかり持つようになるのだが

6がジャズ向きなのは

かまぼこ型の音作りのせいでなく

 

6LTD の音は非常にデイテールが深く

かつ、澄んでいるため

音と音の間が静かというより、無音ですね。

これに、響き(深さと厚み)が出るのですが、

矛盾した無音空間に余韻と響きと倍音を作り出す。

 

こういう能力にたけていて

ピアノの音も、静かな中に

響きが入り、ベース音が低域のためそこらいっぱいに敷き詰められて

低域のベッドに寝転がってきいている。

そこに、

ピアノの響きがきれいに共振してくる。

そして、音はにじまず響きが適度な切れをもっているため

余韻が混ざり合うこともなく

だのに、響きがある。

と、またも緻密な距離感だろうか?

不思議な彫の深さと響きが矛盾せず同居する。

 

その音を聴いてたら

突如思い出した。

 

そうだ、音に飢えていた時代は

わずかな音、ぼろい機器からでも

本質をむさぼったものだったと。

 

今、飽食の…飽聴の時代になり

厳選されたシステムやらCDでないと

本物が見えなくなった。

 

何かの漫画にあったっけ。

一番おいしいと思ったものはなにか。

ひもじくて、ひもじくて、仕方なかったときに、もらってたべたおにぎりが一番うまかった

と、美食家が思い出していく。

フォアグラでもなく、霜降りのステーキでもなく、凝ったスィーツでもなく

飢えをみたすものほどの、ごちそうはない。

 

そう考えると

もしかすると、代理の中では

おもちゃのごときプレーヤーからでてきた

ピアノの音が

なによりものごちそうだったのかもしれない。

そっけなく、塩しかついてないおにぎりが一番おいしかったように・・・・

 

それにつけても・・・・。

それをおもいださせる6LTD からのピアノの音。

やはり「自然」で生っぽい音のせいだろうなあ。

心にしみて

干からびた思い出までもうるおしてくれた。

と、いうことですな(笑)

2016-04-16

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WADIA WADIA21 10台目 LTD(... | トップ | Yahoo! 検索 WADIA 6の音質と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む