憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

Yahoo! 検索 オペアンプを交換して改造・・・わかんないロゴだ~~~♪(再掲載)

2016年12月24日 | 検索から思ったこと

Yahoo! 検索 オペアンプを交換して改造

ご本人にしかわからない検索内容ですが

この検索ロゴも

へっぽこ代理には理解不能ですwwww

 

と、いうのが、

オペアンプを交換して、とあるので、

なにを改造するんだ?

と、言う事に成ります。

 

ヒットしていたところは、

2回路のオペアンプを1回路にするとしたら

これは、「改造」にあたり

元々のオペアンプを良いものにしたら

「改善」になるということをかいていて

けれども、

全体的にみたら、

オペアンプだけの改造では

WADIA6改とか

ソノグラフCD65改(ソノグラフとマランツの移植合併手術www)

とかという言い方はしない。

 

と、こういう内容だったと思うのですが

ところが、

この「改」(改造?)の使い方が

ネットをのぞいてくると

コンデンサとオペアンプをかえた

******(機器名)改

と、いう使い方に成っているのですね。

 

当方でいえば、

コンデンサ交換は(G-UPコンデンサ全交換)のOHの分類で

部分的に変えたのであれば、修理とか、改善かな・・・

オペアンプを変えるとなると

当然OHをしていないものにはしないのですが

まあ、音質改善なわけです。

 

この「改」という言葉だけを言えば

あらためる。ですから、どこか一カ所良くしても

「改」という言い方で正しいと思いますが

 

当方の場合は

どこか一カ所なんていう「改」の仕方はないわけです。

OHですべて、やり変える。

オペアンプ等は、その後の音質改善。

 

改とよんでいるのは、

全く別物にしてしまうもの。

WADIA6改 

プラしチック円盤をアルミ円盤に変える。

その部分だけ言えば

WADIA6をWADIA860 WADIA16にしてしまうということです。

ソノグラフは CD650の基盤と抱き合わせて

ソノグラフのDACを活かす。というもので、

ソノグラフの一部分はCD650 になっているわけです。

改というより変身に近く、ここまでもっていったときに初めて

ー改ーと銘打つわけです。

 

ですので、

当方に改造という言葉をもってきてくださると

代理の認識では

何をどうしたいわけ?

そのことと、オペアンプは関係ないんじゃない?

と、いうふうに考えてしまい、

オペアンプの改造方法

と、いうのが、本当のロゴではないかなあと思うのですね。

 

オペアンプの改造方法やら交換方法やらは

確かにネットで懇切丁寧に書いてらっしゃるようですが

ソケットをつけるとかいうのは

当方でいえば、音質改善の中で行えるものには

当然設置するもので、

ソケット設置は今後の交換のための改良であり、

改造ではないし・・・

オペアンプの改造方法というのなら

先にあげたように

2回路を1回路に変更する

というのなら、改造の範疇でしょうね。

 

なにか、本当に、

こういう細かな「言葉の意味」が、

微妙に違うため

コンデンサ全交換・全基盤半田増し などをしてなくても

(いったい、何をしたのか、よくわからないが)

OHしてます。

と、いうわけですから、

修理するのでも、OHだとおもわれたり

(OHするために、修理が必要なだけですwww)

検索ロゴのそのロゴの把握が、

じつにあいまいで、

本当に必要なことにたどりつかず

とんでもないところに修理にだしたり

えらい目にあってしまった機器も何度か見ていますので

とにかく、

修理内容にしろ、改造内容にしろ

どういう施工をされるのか、

きちんとブログを見てほしいと思います。

 

そして、個人で直したいという方は

残念ながら、

当方のOH→音質改善→改造という手順に当てはまってこないので

ご自分でネットをさgしまわるしかなく

本当に改造している人は

実はなかなか、その改造のノウハウをあげておらず

簡単にできる事だけが、

ヒットするので

結局、改造というのは、自分ではできにくいものなのです。

 

それを何とか自分でもできるようになりたいと思うのならば

実際にOH~改造までを依頼して、

その技術を実際に見てみるしかないわけです。

 

そういう意味で

WADIA6改あたりの出物は

ひょっとして、技術を磨きたいという人が

落札したかな?

と、思わないでもないのです。

 

WADIA改についてはクロックなど載せ換えたり音質改善をしてなかったと思うので

いずれ、施工されるようにねがっていますが・・・

この分については、追加改善で見ることができます。

それほど代金が掛からずに音がもっと良くなりますので

この場を借りて

お勧めをしておきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CDM-1とCDM-0と・・・・(再... | トップ | LINN KARIK 見分け方という検... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

検索から思ったこと」カテゴリの最新記事