憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

代理の「思うところ」・・オークションの価格設定(3)

2016年03月17日 | オークションの事

2016-02-01

オークションをながめていた。

結局、WADIA氏が関与していたころまでの製品がつお~~~~い(あられちゃん風)

wadia 581になってくると、2010年で生産終了になっていて、

普通に考えると保守部品は8年?7年?

とは、いうものの、日本の規則だから、

代理店を通しての直輸入製品に、日本のルールはあてはまらないということになるだろう。

だが、それにしても、

そこまであっけなく、サービス業務をてばなしてしまうということは

WADIA人気をささえていた機器が2000年以前のものだったということにあろう。

WADIA6が1992年発売で、日本で爆発的にうれ

ロングセラーになったということで、サービス終了期間(日本風の)の延長があったと思う。

850あたりで、約20年 WADIA9で23年?

ここまで、見てくれたことを思うと、

保守期間などあってないわけで、

実際、

ピックアップの在庫が切れたところが大きい気がする。

同じピックアップである値段の高い機種をかんがえると

馬鹿ほどうれたWADIA6にピックアップを持って行かれてはたまらない。

と、かんがえたのかもしれない。

同じようにWADIA21のピックアップも・・・

850あたりと同じだったと思う。

このままでは、年式の古い21に850の分までもっていかれるwww

と、いう計算だったかもしれない。

金額の高いものを優先していると感じるのは、こちらのひがみかもしれないが

問題はピックアップばかりではなさそうに思う。

LSIなどのマイコン・IC部分が壊れ始め、あまりに長いサービス期間において、

それも、そこをついたか?

サービス会社が具体的に部品が手に入らないものがある。と、いうわけだけど

それが、なにであるかは具体的にはかいていない。

いっぱいありすぎて、かけないか?

仮に心臓部分のLSIがもうないとかいてしまったら

2010年以降のものでさえ、確保ができていない状態なのか?

と、不安になろう?

ないことは無いとおもうと、ぎゃくに壊れやすい(バグがある?)製品?だから、みきりをつけたか?

と、疑心暗鬼にとらわれる。

新しいものでも、見切りをつけてしまう原因が判らないといらぬ下種のかんぐりをしてしまうのだが

これが、かんぐりか、どうかも、下種なのかもわからない。

こんな不安な状況をもっていて

今になって、581を手放しましょうとやっても

希望する値段ではおちまいなと思ってみていた。

ヒートして、45万円いったら恩の字、

市場では、当然、そんな新しい製品はメーカーがなおすものであるとおもっていたから

一般の修理屋さんには修理履歴などというものがない。

個人の修理屋さんがなおせるかどうかという実績もない状況で

もしも、調子がわるくなったらどうすればいい?

なにか、決定的な部品不足があったら、治らない・・部品がない?

この状況下において

手放すということは、不安というクッション材で梱包して出すようなものかもしれない。

どうしても、

需要捨がわの心理的価格設定を考慮しないと思う。

新品時の値段とかを基本に考えてしまうのだと思う。

当方でもWADIA6を手に入れたときはジャンクで6~8万円という状態だった。

治せる人がいない。

サービスもない。

まるっきり、581と同じ状態といっていいけど

サービス期間の短さがネックになっているのと、

6ほど台数は出ていないぶん、

上手に治せる人をみつけられるかどうか

部品もあるかどうか

あるいは、6の時より分が悪いかも・・・。

多くの人はやはり、実績をもとめるだろうから、

いざとなったとき、治せる人がいる、と、ならなければ

(つまり、部品もてにはいる)

足踏みをする。

そして、当方で6を直し始めて、6だけでも30台くらいだったかな

そうなってくると、

20万~16万と値段も回復していったと思う。

それを見越して待つか・・

買い手もこの先どうなるかわからない製品を買うのはばくち半分であろう。

なんか、大変だねwww

修理不可モデル一覧
  ※バージョンアップ、バリエーション含む
  販売終了:2000年以前
  ・1000 DM-X64
・1000 DM-X64SH
・2000 DM
・2000 SH
・2000 S4
・2000 SH4
・PRO

・DigiLink30
・DigiLink40
・DM-X32
・DM-X64.4
・DM-X64.4S
・WA4000
・wadia 1000
・wadia 2000
・wadia 6
・wadia 7
・wadia 8
・wadia 9
・wadia 10
・wadia 12
・wadia 15
・wadia 16
・wadia 17
・wadia 20
・wadia 21
・wadia 22
・wadia 23
・wadia 25
・wadia 27
・wadia 850
・wadia 860
・WT2000
・WT2000S
・WT3200

  販売終了:2005年以前
  ・wadia 27X
・wadia 27iX

・wadia 270
・wadia 301
・wadia 830
・wadia 861
・wadia 861X

  販売終了:2006年
販売終了:2008年
販売終了:2009年
  ・wadia 302

・wadia 931
・wadia 921

・wadia 381

  販売終了:2010年
販売終了:2011年
販売終了:2012年
  ・wadia 581

・wadia 170

・wadia 171
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代理の「思うところ」・・・... | トップ | 代理の「思うところ」・・オ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む