憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

「お~~い」と呼ばれたので、行ってみれば・・・♪♪♪♪♪

2017年03月11日 | 音の違い
お~~~い♪と呼ばれたので 行ってきた。 「これ、この音」 ああ・・・ 久しぶりにハーマン・カードンの真空管アンプに WADIA6LTDーblueを繋いでみたという。   うむ。 まず、最初に出てきた言葉。 「ハーマンは自然な音がでるね」 だったが、 代理の中で、思う事がある。 それは、以前、WDIA6LTD(プロト)で聴いた時は 真空管アンプの音が・・・・ . . . 本文を読む
コメント

代理の「思うところ」・・・(音の違いの原因を考えてみた)(1)(再掲載)

2016年12月25日 | 音の違い
2015-04-03 本来ならば、客先訪問に分類すべきところなのだろうにと思いつつ見ていたのが WADIA WADIA6LTD 27台目の記事の後ろに追加された  A氏宅のシステム画像です。 当方ブログにメンテナンスした記事がある3台の機器もシステムの中にはいっていますので リンクするほうが良いのだろうか?するべきなのだろうか?とも思いつつwww   実際にA氏宅で音を聴 . . . 本文を読む
コメント

代理の「思うところ」・・・そういうことか・・・(再掲載)

2016年11月29日 | 音の違い
当方のシステムからは 非常に生っぽい、 例えて言えば、真空管ぽい音が出ている。 と、書いていて・・・。 だが、それは、真空管っぽい音というだけで 真空管のような音ではない。 わけわからん、説明であるが・・・。 その違いとして、真空管の音は付帯音としての響きが多すぎて 本物の音とは違うと思ってしまう代理が居るわけだけど・・・・。   先日、高橋いわくである。 「代理が . . . 本文を読む
コメント

代理の「思うところ」・・・CDを比べることはできないのだろうか?(再掲載)

2016年11月28日 | 音の違い
昨夜、メールを書いていて、ふと思った。 ぼろぼろのCDでも真空管なら良い音がでるというのだが データやパルスとしてはどうなんだろうと。 CDPからはちゃんと ぼろですよというデータを送りながら トラアンプはきちんとそのぼろさを表現し 真空管アンプは表現しない。 その原理は判らないが 真空管アンプ側からSPに送るデータ・パルスを考える。 たとえばぼろぼろのCDと 同じ内容のCD . . . 本文を読む
コメント

代理の「思うところ」・・つれづれに・・2(再掲載)

2016年11月10日 | 音の違い
CDPの音を良くして その音を忠実にひろっていくと 真空管のような もっと、自然な響きがでてくることが判ってきて システム全体を良くしてやることは無論の事だが   トランジスターアンプをこれまた、 色づけをしないように、CDPからのデータを 忠実に拾って、忠実に再現できるようにしていったところも大きいと思う。 harman kardon CITATION16A har . . . 本文を読む
コメント

代理の「思うところ」・・・(音の違いの原因を考えてみた ・・3)(再掲載)

2016年10月20日 | 音の違い
2015-04-11 先日、音質改善した機器の音がきついという相談をうけました。 ????? そこで、教えて下さっていたシステム構成をもう一度みなおしました。 アンプを使わないというか、 アンプ内蔵のSPをつかってらっしゃるのです。 つまり、ダイレクトに音情報をつなげてしまうのですが・・・ う~~ん 簡単にいうと、SPアンプではCDPの能力を抑制・コントロール・収集しきれていない . . . 本文を読む
コメント

代理の「思うところ」・・・(音の違いの原因を考えてみた ・・2)(再掲載)

2016年10月10日 | 音の違い
2015-04-04 さて、こりもせず、サイテーションをさわっていた高橋です。 まだ、改良の余地があるとかで、コンデンサ?かなにかをかえる予定でいるようです。 ついでに、 YBAも音質改善。 試聴会というか、評議会になりまして・・。 高橋は良く成ったというのですが、 確かに以前より良く成っているのですが やはり、WADIA6LTDがありますと、どうしても、 此処と引き比べてしま . . . 本文を読む
コメント