田舎の片隅で。

長野県の伊那谷を中心にデジカメに写っていたもの等々。

オオルリボシヤンマを見る

2017年08月09日 | 昆虫
立秋を過ぎれば暦の上では秋ということではあるが、実際には真夏である、暑い。

池にはオニヤンマに混じって飛ぶ青色のヤンマがいた。

都合よく止まってくれるハズも無く飛翔中を狙う。
ホバリングの合間になんとか同定出来る程度に撮影出来た、

どうやらオオルリボシヤンマのようだ。


(オオルリボシヤンマ♂ 上伊那地域にて8月に撮影)

この場所では、ルリボシヤンマとオオルリボシヤンマが同時期に見られるので、
♂の場合は撮影してみないと識別は難しい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月のアジアイトトンボ | トップ | ヒグラシの声は悲しい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

昆虫」カテゴリの最新記事