かじけ犬の遠吠え

俳句の季語にかじけ猫というのがある。
それならかじけ犬があってもいい。
そんなかじけ犬が遠吠えしてます。

巣立ちの日・・・

2016-10-18 16:48:14 | かじけ犬
巣立ちの日 見守る母に 秋時雨
*gremz* -エコアクション-



カイツブリの幼鳥も大きくなった、こうなるともうそろそろ巣立ちとなる。吾輩は子供を産んだ経験がない、だから子供と別れるのがどういうものか知らないがきっと辛いのだろな。



でもいずれは親と別れなければならないのが定め・・・親は子供を追い払います。どんな気持ちなんでしょね、
ご主人によるとカイツブリは大体60日から70日くらいで巣立ちとか・・・今回は次の子を二度も失敗したので少し甘やかしているよう位です。



でもそろそろ三か月になりそう・・・本気モードでしょうね。



新しい住人が来ました、カルガモです。カルガモは渡りはしませんが避暑地にでも行っていたのでしょうね、生意気です。
まあ吾輩と違って優秀な毛皮がないからしょうがないかも、防寒には効果があっても暑さには弱いんでしょうね。



ところでこの子はカルガモでいいのでしょか、一緒に来ましたがちょっと違うよな・・・それとも大人になりきっていないのでしょうかね・・・とするとまだ甘えてる・・・たるんでますね気合でも入れましょうか・・・ひゅ~~~どろどろ・・・ ワン ワン・・・ ダメだ迫力ないですね。







よろしかったらポチっと応援を→

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長の旅・・・ | トップ | おしゃべりな・・・ »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (笑子)
2016-10-18 21:04:53
カイツブリの赤ちゃんも
こんなに立派に成長して
間もなく巣立ちですか・・ずっと見守っていると
本当に感慨深いでしょう
生き抜くことは大変だけど頑張ってね!!
親鳥の気持ちは、どうなのかな・・・

家はスズの代からコマさんと何度も子犬の子離れ親離れを
経験していますが、犬の場合はその時がくるともう
お互いがわかっている感じで 子がいなくなって
探すような素振りも本の少しで案外「ふ~~っ」ってな
感じでのんびり羽を伸ばしてしているように感じます
身体の方はお乳が張らないように食事制限なども必要になってきます
旅立ちのころになると親犬ももう手に負えなくなっている感じで
疲労感が目にみてます(気の毒になるほどです)
Unknown (畦夢̴)
2016-10-19 06:33:47
>巣立ちの日 見守る母に 秋時雨

カイツブリもいよいよ巣立ちの季節を迎えましたか。
60~70日とは結構面倒見の良い鳥なのですね。
小鳥はもっと早いのでしょうけど・・。
Unknown (太郎ママ)
2016-10-19 06:54:04
「巣立ちの日 見守る母に 秋時雨」

人間世界では親離れ子離れができていない親子も多いそうです。
自然と備わっていることなのでしょうけれど、羨ましいほどアッサリとしているものですね。
Unknown (simosan)
2016-10-19 10:37:58
笑子さん おはようございます。

カイツブリ達はこうして長い期間生き抜いてきました。
そしてこれからもずっとこうして子孫を残していくのでしょうね。
子供と別れるの辛いでしょうが嬉しい事でもあるのでしょうね。

ワンコ一族も同じです。
人間と共に暮らすことを選んでそうしてきました。
きっと人間が愛情を持って育てることが
ワンコにとっては一番幸せな事なんでしょうね。
Unknown (simosan)
2016-10-19 10:42:14
畦夢さん おはようございます。

面倒見がいいでしょう。
これで赤ん坊の頃はおんぶですよ
ゼロ歳保育なんて云ってる人には見習って貰いたい気もしますが・・・

小鳥にも托卵なんて云うのもいますから何とも云えませんが・・・
Unknown (simosan)
2016-10-19 12:59:51
太郎ママさん 今日は。

人間は欲ばりだからいつも自分の手元に置きたいのでしょう。
・・・でもそこが人間の良い所でもあるし・・・

一概に云えないですよね。
オナガガモでしょうか (やく)
2016-10-19 19:05:11
秋時雨。
今年は雨が多くて気分が沈みがちでしたが、
こんな言葉を使うと、おしゃれな気分に変わりますね。

もうカモたちがやってくるシーズンですね。
カモ (白竜雲 (はく りゅう うん))
2016-10-20 01:57:43
おはようございます!
>ところでこの子はカルガモでいいのでしょうか?

この羽とクチバシの感じでは・・・オナガガモですね。
渡り鳥で、当地には 既に沢山来ています!
Unknown (simosan)
2016-10-20 09:22:51
やくさん 白竜雲さん おはようございます。

御一緒で失礼します。
なるほどオナガの女の子ですね。
去年さんざ見たのですが一羽だけそれも女の子だったので分りませんでした。
御教授有難うございます。胸のつかえがとれました。

一羽だけで、それもカルガモ一緒という事は渡りをしなかったと思いますが・・・。
こんなこともあるのですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。