かじけ犬の遠吠え

俳句の季語にかじけ猫というのがある。
それならかじけ犬があってもいい。
そんなかじけ犬が遠吠えしてます。

女郎花・・・

2017-07-16 19:09:21 | 自然
女郎花咲くを待ちかね夏の蝶
*gremz* -京都議定書-


女郎花が咲きはじめました、早速蝶が来て止まってました・・・季語は夏の蝶という事で・・・
下手な句より可愛いカイツブリをゆっくりご覧ください。








こんな風に魚を与ええます。






よろしかったらポチっと応援を→




『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七十年・・・ | トップ | 高原の・・・ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (笑子)
2017-07-16 22:38:24
黄色い女郎花と黄色い蝶(^_-)-☆
いいですね~

カイツブリさんの餌やり
貴重なフォトですね(^^)v
ありがとうございました(*^-^*)☆彡
Unknown (八田真田八)
2017-07-16 23:07:27
成る程!
これがカイツブリのオンブによる子育てなのですね。
独特ですね。
カルガモ等とは違いますね。
という事は、もうこの前まで抱卵していた巣は壊してしまったのですか?
まだ卵が残っているのですか?
カイツブリ (白竜 (はくりゅう))
2017-07-16 23:21:26
こんばんは!
大きな魚・・・ヒナは食べられますかね?
喉に詰まったら大変だ!
Unknown (畦夢̴)
2017-07-17 05:53:22
>女郎花咲くを待ちかね夏の蝶

考えられましたね。しっかり夏の句と詠ませていただきました。
カイツブリは可愛いですね。背中に乗せて移動したり、
子に餌をやる姿は何とも微笑ましい感じがします。
Unknown (太郎ママ)
2017-07-17 08:28:14
「女郎花咲くを待ちかね夏の蝶」

女郎花が咲き始めましたね。

カイツブリのおんぶと餌をやる親鳥・・・・・
なんとまぁ、こういう暖かい優しいところが見られていいですねぇ。
Unknown (simosan)
2017-07-17 19:36:23
笑子さん
八田真田八さん
白竜さん
畦夢さん
太郎ママさん

・・・今晩は、
コメント有難うございます

カイツブリは今が一番忙しい時です。
今日は以前巣を作った時の丸に雛たちを移し
夫婦で餌やりをしてました
もう少しすれば雛も自分で餌を獲れるようになります。

丸太の上を写したのですが
遠いのと暗くなってからだったので
ボケてしまい、数も確認できませんでした。
6羽の子がいればいいのですが・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。