かじけ犬の遠吠え

俳句の季語にかじけ猫というのがある。
それならかじけ犬があってもいい。
そんなかじけ犬が遠吠えしてます。

栃咲くや・・・

2017-05-16 18:28:25 | かじけ犬
栃咲くや裏のお寺に鐘は無し
*gremz* -エコアクション-


あっ 今はありますよ、誤解しないでくださいね。もっとも鳴るのは明け六つと除夜の鐘くらいですが・・・。
吾輩が生きてる頃は無かったんですヨ、ホント。なんでも戦争で供出したとか・・・お寺の鐘を持って行っては勝てないですよね、何しろ殺生を嫌いますから。
戦争なんて人を殺しに行くのでしょう、殺される事もあるし・・・人が人を殺していい事なんて何もないですヨネ・・・。


戦争の時はこの栃の実を食べたそうです・・・水で良く晒すと美味しいとか・・・それなら今でも食べればいいのに・・・人間のやることは謎がいっぱいです・・・。


こちらは芍薬・・・読んで字の如く薬になるそうです。立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花・・・これらも全部漢方の薬になるそうです。
吾輩は薬なんて呑みません・・・生前は薬を呑まそうとご主人がだいぶ苦労してましたがちゃんと舌で分けてしまいました。
そしたら今度は肉団子の中に入れて・・・そこまでしてくれれば喜んで食べますよね、してやられました。






よろしかったらポチっと応援を→
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沢キラリ・・・ | トップ | バラ園の・・・ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (畦夢)
2017-05-16 18:47:11
>栃咲くや裏のお寺に鐘は無し

鐘のないお寺ですか、それは珍しいですね。
戦時中は金属供出で鐘のないお寺ばかりだったらしいですが・・。
朴の花が凄い咲きっぷりですね。
芍薬 (白竜 (はくりゅう))
2017-05-17 00:46:01
こんばんは!
芍薬が 綺麗ですね! 見とれましたよ!♪(^^) 
Unknown (太郎ママ)
2017-05-17 08:11:21
「栃咲くや裏のお寺に鐘は無し」

栃の花は見たことがありません。
困ればなんでも工夫して食べるのでしょうね、人間って。
Unknown (simosan)
2017-05-17 09:28:10
畦夢さん おはようございます。

お寺の鐘を人殺しの道具にして
勝てる訳ないですよね。

とにかく平和を貫いてほしいものです。
Unknown (simosan)
2017-05-17 09:29:57
白竜さん おはようございます。

有難うございます、
たてば芍薬ですよね・・・
Unknown (simosan)
2017-05-17 09:41:58
太郎ママさん おはようございます。

家の傍のお寺の裏にあります
時期になると実が成り今は取る人もなく
ただ道路を汚すだけです。

栃の木は近縁種のセイヨウトチノキをフランス語でマロニエと云うとの事ですが
お寺の裏ではやっぱり栃か橡ですよね。
Unknown (笑子)
2017-05-17 16:26:26
栃の実のお餅って
和菓子であったような気がしますね

家のお寺の鐘は
自動式なんですよ・・・・

ご住職は朝寝もOKなんです(笑)★
Unknown (simosan)
2017-05-17 17:23:32
笑子さん 今晩は。

時間がぴったりでしょう・・・
時報の代わりにも使えますよね。

こちらもぴったりなので
自動かな・・・と思ったら
住職さんが鐘楼にいました。
たまたまかも知れませんが律儀です・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。