かじけ犬の遠吠え

俳句の季語にかじけ猫というのがある。
それならかじけ犬があってもいい。
そんなかじけ犬が遠吠えしてます。

夕暮れの・・・

2017-03-20 18:55:13 | 縄文文化第四部
夕暮れの 赤城山麓 鷹鳩に
*gremz* -省エネ-



「アーちゃん ただいま・・・・これヒミカ様からお土産・・・。」
「オイシソウ・・・これヒミカ様の所で作ったの・・・ウン、美味しい・・・今度レシピ・・・じゃなかった作り方を教わってきて・・・じゃない、それよりミズは・・・。」
「フフフ・・・ミズは陽気が良くなったので散歩に行きたかったんだって・・・でも怪我したら大変と出してくれなくて・・・それでボクがお供に・・・。」
「なんだそれだけ・・・。」
「でもないんだよ・・・散歩の時火事を発見して・・・幸い大きくならないですんで・・・うんと喜ばれたんだから・・・。」
「それでお土産かい・・・なるほど・・・。」



「おいチアミ・・・モズか帰ってきたって・・・今トンボウから聞いた・・・それでミズの具合はどうだ・・・。何でも山行って火事消してお土産・・とか・・・」
「チョット落ち着いて・・・タダ散歩をしたかっただけだって・・・だから心配することないヨ・・・。お土産はこれ、美味しいからホノカ様にあげるのよ・・・途中でつまんだら承知しないヨ・・・分った。」

「ウン・・・どれどれ・・・オウこれはうまい・・・。」
「コラまったく云ってるそばから・・・。まいいや・・・でもきちんとあげてね・・・」



ここは日本の考古学に大きな影響を与ええた相沢忠洋氏の記念館です。
注意しなと分らない様な山の中に有りますが、この場所は晩年になって発掘調査した10万年前の夏井戸遺跡の一部です。現在は訪問者も少なくなってますが、奥様が館長としてしっかり守っています。

相沢氏は旧石器時代の岩宿遺跡を発見しましたが、日本の考古学では縄文以前は日本に人類は住めなくて、したがって遺跡もないと思われていました。終戦直後のそんな頃、関東ローム層の中から土器を伴わない石器が出てきて、旧石器時代が日本にも有った・・・と云うことが分り、それ以前の考古学の常識を覆したそうです。






よろしかったらポチっと応援を→




『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気がつけば・・・ | トップ | かたくりや・・・ »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (畦夢)
2017-03-21 04:35:01
>夕暮れの 赤城山麓 鷹鳩に

相沢忠洋氏の記念館ですか。
日本に石器時代があったことを発見された方・・
一度機会があったら訪ねてみたいです。
Unknown (太郎ママ)
2017-03-21 07:12:23
「夕暮れの 赤城山麓 鷹鳩に」

あはは、こちらに鷹鳩が・・・・・
相沢忠洋氏の記念館 (白竜 (はく りゅう ))
2017-03-21 12:46:43
こんにちは!
相沢忠洋氏が旧石器時代の岩宿遺跡を発見されたのですか! 知りませんでした^^;;
第2の記念館が 首都圏に、 相沢忠洋氏の記念館があってもいいですね!
Unknown (simosan)
2017-03-21 19:09:38
畦夢さん 今晩は。

相沢氏は民間の納豆りをしていたので
大学の先生と比べると可哀想なくらいです。

当初は岩宿博物館と一緒との
話しもあったそうですが。
事情があって此処にしたそうです。
Unknown (simosan)
2017-03-21 19:12:04
太郎ママさん 今晩は。

へへへそうなんです、こちらの鷹が鳩に化したて
そちらに行ったのか・・・
そんなことないですよね。

でも鳩に化したらずっと鳩でいて貰いたいですよね。
Unknown (simosan)
2017-03-21 19:16:17
白竜雲さん 今晩は。

民間の出なので扱いはまったく違います。
発見当初にしても、
その後に確認した大学の教授の方が扱いが大きかったそうです・・・
Unknown (笑子)
2017-03-22 14:38:03
相沢忠洋氏の記念館のことは知りませんでした
偉大な発掘をなされたのですね
土器や石器から暮らしの様子が見えてくるようですね☆彡

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。