かじけ犬の遠吠え

俳句の季語にかじけ猫というのがある。
それならかじけ犬があってもいい。
そんなかじけ犬が遠吠えしてます。

かじけ犬

吾輩がこの世とやらに生を受け、17年ちょっと。それを返上してからもう3年間以上たった。 あの世とやらで呑気に昼寝をしていたら、今年は随分と大量に新入りが来た。そこで何事かと思ってちょいと覗きにきたしだいである。 すると、何やらご主人様(もっとも本当は吾輩が主人と思っていた)が何やら面白そうな機械を使って、盛んに遠吠えをしている。そこで遠吠えなら任せておけと手伝うことになったのである。                                                       ついでに縄文文化についてだが、吾輩はまったく分らん、何しろ吾輩が生まれる前の事だ・・・。  縄文村について、知りたい物好きな方は  http://simoyama-sekkei.jimdo.com/チアミガイド村歴史/  (または左下のブックマークにクリックさらにに縄文村歴史をクリック)にアクセスしてみるといい、何かわかるかも。 ホームページの   チアミガイド村歴史   さらにギャラリーの   縄文村(土器や土偶の写真)   写真俳句26年度版      更改しました。 ブックマークのチアミガイド村案内からご訪問ください。                                                                            にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村        ←さらに物好きな御人はこれをポチっと。

緑さす・・・

2017-05-22 17:59:45 | 縄文文化第四部
緑さす可愛い花ミッケ
*gremz* -省エネ-


「アーチャン アーチャン  ミズかミズが・・・。」
「どうしたの・・・まさか・・・なの・・・」
「早く連れてって・・・。」
「分った・・・。」



「ミーちゃん ホノカ様の具会は・・・。」
「あっ チアミ カーチャン・・・今呼びに行こうと思ってたの・・・ミズを傍に・・・。ムラオサにも来て貰って・・・」
「分った・・・表の村に待機してるからすぐ呼んで来る・・・。」
「チアミさん・・・今までアリガトウ・・・ごめんねもうだめ・・・オグマさんとミズの事頼むね・・・モズ モズ・・・いつまでもミズと仲良くしてね・・・



「ミノリネータン ホノカ様はもう起きられないの・・・。」
「モズボウ・・・誰でもいつかはお別れしなければならないの・・・アタシの本当のお母さんだってアタシが7つの時に逝ってしまったのよ・・・それからチアミ カーチャンやホノカ カーチャン、タケル トーチャンや オグマ トーチャン ヒミカ様それにはカーボウ アンチャン・・・色々な人に親切にして貰って、悲しい事や嬉しい事辛いことだって沢山有ったけど・・・その都度皆に励まされどうにか今まで・・・、だから、何とか助けようとしたけど・・・出来なかった・・・。ミズ・・・ごめんね・・・」

「ホノカ・・・おいホノカ・・・。」
「オ グ マ さん ごめんね・・・今までアリガトウ・・・ ミズをたのむわね・・・ミズ・・・」



縄文の頃は若くして亡くなる方が多くて・・・ホントは助かって貰いたかったのですが・・・すみません・・・。

・・・で今日は山野草の花にお出まし願いました・・・
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加
広告を非表示にするには?

孫来るや・・・

2017-05-21 17:49:30 | 銅山街道
孫来るやローカル線に夏は来ぬ
*gremz* -オゾン層-



あかがね街道に出発所は何処か・・・足尾であることは間違いないのですが、足尾のどこ・・・という事が分りませんでした。そこで調べたら今の通洞駅の所に代官所があってそこが出発点という事が分りましした。



その近くには足字銭の鋳造座跡もありました。
ここから沢入の銅蔵まで馬で運びましたが、当時は足尾から細尾峠に行く所の神子内地区には鉱山で使う分も含めて300頭くらいの馬がいて、機械に頼れない時代ですので運送や鉱山の中でも馬が大活躍したそうです。



銅山陣屋や当時の遺構は残されていませんが。その後払い下げられ明治19年に鶴屋、22年に泉屋旅館が開業しましたが、その泉屋さんの跡地に蔵と石の不動さん、祠が残っていました。



大正初期には4万人近くいた人口も現在では4千人をきってしまった様です。ここにはご多分にもれず高齢化が問題になってますね。







よろしかったらポチっと応援を→
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

雨雲に・・・

2017-05-19 18:25:23 | 自然
雨雲に怯ゆること無し鳰浮巣
*gremz* -食物連鎖-



いよいよ始まったようです。なんと中間にある木の上に作りました・・・
遠くからだと卵が見えませんが一つだけはどうやら確認できたと思います・・・。おそらく全部で5個位は期待してます・・・。
心配なのは天気ですね。雨だけなら心配する事はないのですが問題は風ですよね。
それにここにはカワウが来ます・・・何とか追い払ってくれればいいのですが、案外目立つので心配です。
何とか手助けできればいいのですが何があっても見守るだけです・・・。





これに刺激されてカルガモも何とかなるといいですネ。








よろしかったらポチっと応援を→



コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

モンローも・・・

2017-05-18 19:07:53 | かじけ犬
モンローもドヌーブも競演バラの苑
*gremz* -リサイクル-


吾輩は知らないんですよ。モンローだってドヌーブだって・・・大体カタカナの名前なんて興味ありません・・・。それにしてもバラの種類は多いですね・・・この他にもヘップバーンとかエリザベスとか、俳優の名前とかプリンセスの名前も有るとか。

大体ご主人の様なジイサマ・・・じゃなかったご年配の方には懐かしい名前が多いとか・・・とりあえず楽しんでください。









オヤ蜂が来てますね・・・ここでは蜂だって主人公になれます。 生意気なスズメだって。






よろしかったらポチっと応援を→
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

バラ園の・・・

2017-05-17 18:01:38 | かじけ犬
バラ園の人ごみの中迷い鳥
*gremz* -地球温暖化-


きっとどこからか逃げ出したんですね。逃げても本当は戻りたいのでしょうか。
自由はいいのですが実際には餌取りが大変なんです、これからどうなるのでしょうね。戻るのかこのままか・・・それが問題です。
でも一番の問題は野生化して現在の生態系を壊してしまう事です。

どうぞペットを飼っている方は犬、猫だけでなく小鳥やそのほかのペットにもにもきちんと責任を持って下さいね。



ここは前橋の敷島公園、近くまで来たので寄ってみましたバラ祭りが始まってます。







バラのアップを今回は我慢しようとしたのですが・・・








よろしかったらポチっと応援を→

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

栃咲くや・・・

2017-05-16 18:28:25 | かじけ犬
栃咲くや裏のお寺に鐘は無し
*gremz* -エコアクション-


あっ 今はありますよ、誤解しないでくださいね。もっとも鳴るのは明け六つと除夜の鐘くらいですが・・・。
吾輩が生きてる頃は無かったんですヨ、ホント。なんでも戦争で供出したとか・・・お寺の鐘を持って行っては勝てないですよね、何しろ殺生を嫌いますから。
戦争なんて人を殺しに行くのでしょう、殺される事もあるし・・・人が人を殺していい事なんて何もないですヨネ・・・。


戦争の時はこの栃の実を食べたそうです・・・水で良く晒すと美味しいとか・・・それなら今でも食べればいいのに・・・人間のやることは謎がいっぱいです・・・。


こちらは芍薬・・・読んで字の如く薬になるそうです。立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花・・・これらも全部漢方の薬になるそうです。
吾輩は薬なんて呑みません・・・生前は薬を呑まそうとご主人がだいぶ苦労してましたがちゃんと舌で分けてしまいました。
そしたら今度は肉団子の中に入れて・・・そこまでしてくれれば喜んで食べますよね、してやられました。






よろしかったらポチっと応援を→
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

沢キラリ・・・

2017-05-15 18:35:38 | かじけ犬
沢キラリ九輪草には黒揚羽
*gremz* -京都議定書-


九輪草にクロアゲハが来ていました、なかなか止まってくれないので、止まってくれそうな時を見はからって写しました・・・マアご主人の腕ではこれが精いっぱいでしょうな。ピントが甘いのはそのせいで・・・。



ホントはもっと天気がよければ速いスピードのシャッターになったのに・・・それが使える機種なのですが何せ使い方がいまいち・・・



幸い少し長い間遊んでくれたので数をとることが出来ました・・・マア数撃ってもどうやら見られるのはこの位です。



ところで黒揚羽は黒い揚羽蝶のつもりて書いたのですがクロアゲハという種類もいてこれは後翅の尻尾の様なものが短いそうですね・・・その他にも色々いますがどれがどれだかよく分かりませんが、これはカラスアゲハ・・ではないかと思います。
でもそうすると字数が合わないしカッコも悪いですよね・・・ここは一つ、黒揚羽でお付き合い願います。



・・・という事で最後はタンポポにモンシロチョウ・・・実は吾輩はこの方が好きなのである。


(カメラが修理出来ないとかで別の機種になりました・・・それがやっと来たので使い始めましたがまだなれなせん。ももっとも慣れたからといって腕は変わりません・・・悪しからず・・・)




よろしかったらポチっと応援を→
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

蜘蛛の囲や・・・

2017-05-13 14:50:22 | 銅山街道
蜘蛛の囲や古道に残る庚申塔
*gremz* -ペットシア-




あかがね街道を奈良坂峠からの山道が終わり塩沢に出たところに有りました。上の地図で元文5年の庚申塔と書いある所です。そして手前にある観音像と庚申塔は5月2日にアップしたもののうち二体です。
 前回は奈良坂峠から降りてきましたので、現在も使われている道を通り観音様の後ろの道から桐原方向に行きました。それで奥の庚申塔を見逃したのですが、念の為と思い今回は逆に進んで地元の方の話しも聴いてみました・・・。
 そこで見つけたのが1枚目の庚申塔です、年号も入っていてここにかつては街道が通っていたことが明白となりました。すると道も現在の物でなく、むしろ道路と川が反対になっていて観音像と庚申塔の間を通っていたのではないかと想像がつきます。(図中赤の線)

同じ地元の方の話しによると個々の入り口から少し入った所に茶店があったとの証言も有りました。もちろん現在は跡形もなくその方も聞き伝えでしか記憶がないとの事ですが・・・。
という事で、道も現在の物ではなく、むしろ道路と川が反対になっていて観音像と庚申塔の間を通っていたのではないかと想像がつき、当初の街道は赤い印の線であり、その後川の氾濫や田んぼの耕作都合等で現在の道になったのではないかと推測できます。
因みに此の庚申塔の前をまっすぐ進んでも民家はないし山の中の林道であって他の地区に抜ける様な道ではなかった。


桐原方面に進むといくつかの二十二夜塔や別の庚申塔もいくつか目にすることができます。二十二夜塔も庚申塔も同じ信仰から出たものですがどの様な信仰かという事は次の機会に廻したいと思っています。・・・といえば恰好いいが、実は私自身まだよく分かっていないので勉強中です・・・。







よろしかったらポチっと応援を→
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

金襴の・・・

2017-05-11 19:15:24 | かじけ犬
金襴の咲くや山道芳しき
*gremz* -絶滅動物-


ところでこの花は何でしょう・・・電子図鑑で調べて金襴としたがとんと自信がない。もっとも吾輩の場合はどれをとっても自信がないが・・・ジシンが無いので津波の心配はありませんよ・・・すみません今日はここで笑ってください・・・後では笑うところはありませんので・・・。


でもきれいな花ですね・・・この花はなんでも盗掘して家庭に持って行っても咲かないとかいいます。やはり野におけ・・・という事なんでしょうね。


こちらは芍薬・・・まだ早い出す・・「たてば芍薬まだ蕾」・・という所ですね。

最後に蝶・・・コジャノメでしょうか・・・こちらも津波がおきません・・・







よろしかったらポチっと応援を→
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

雨上り・・・

2017-05-10 17:56:39 | 縄文文化第四部
雨上り背筋真っ直ぐ九輪草
*gremz* -エコバッグ-


「チアミ殿 チアミ殿・・・ちょっと邪魔する・・・。」
「ハーイ シカゴさん・・どうぞ・・・。」
「お今日はみんな居るな・・・表で遊べないからつまんないだろう・・・オジちゃんが美味しい物持ってきてやるから我慢な・・・いい子だ、ホラ卵が見つかった・・・子供達のまであるから・・・ゆでると美味しいゾ・・・ホノカ様には生でナ・・・。」
「オジチャン・・・有難う・・・ボク我慢するよ・・・ミズだって・・・ネ・・・ミズ・・・」
「何だか聞こえるみたい感じだ・・・。」
「凄いでしょう・・・本当に聞こえないのよ・・・でも云ってる事は分るんみたいで・・・。それよりこの前の続き・・・」
「そうそう・・・それを聞きに来た・・・」


「トガリの人達が来てもう一年でしょう・・・あの方たちだって本当は感謝してると思うよ、でも帰れなくてイライラしてるの・・・だからみんなでお風呂なんてどう・・・さっぱりした所でお酒飲んで美味しい物食べて・・・秋に獲った鮭がきっと美味しくなってるわ・・・鮭とオ酒はオグマに頼べばいいわ・・・他のムラに行ってる人たちにも来てもらうの・・・それから他のムラの人も・・多すぎるか他のムラの人はいいや・・・でもムラオサくらいならどうにかなるね・・・。」
「ウン、それはいい・・・でもワシらだけではどうしたらいいか・・・。」
「大丈夫よ、私達は手伝えないけど、オグマやタケルさんいるし、トンボウやカエデに頼べばきっとどうにかしてくれるわよ・・・。」

「それなら、安心・・・何もかもすまない・・・本当に有難う・・・。」
「なにいってんの、感謝してるのかこっちヨ・・・それより他の人に病気がうつらないようそっちに気を使ってね・・・それが一番心配なの・・・。」


 九輪草がきれいに咲いて来たでしょう、カメラはまだ入院中です。いくら連休中とはいえチョット修理期間が長すぎるので販売店の方のをお借りしました、でも、なれないとどうも上手くいきませんネ、しょうがないですけど・・・。

ところでチアミさん・・・いつの時代でも仲良くする方法は同じようですね・・・何事も裸の付き合い、そして助け合い・・・きっと上手く行くでしょうね。


こちらの沼の住人はカイツブリとカルガモのカップルが一組づつ・・・去年の今頃はカイツブリは子供を背中に乗せて子育て真っ最中でした・・・今年はまだその気もありません・・・。
因みにカルガモは居ませんでした・・・カルガモがここで子育てしてもいいのに・・・こちらもその気が無い様で・・・。
周りでヤキモキしています・・・。





よろしかったらポチっと応援を→




コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加