のんびりと糸を垂らして。。。

海が恋しいルアーマンの戯言ブログ~釣り関係話題のあれこれ~只今、管釣り修行中!(ー"ー;)

マルシン漁具のスリーフォールド 35、管釣り用に購入してみました!

2017-06-17 23:37:00 | 釣り関連あれこれ

 前回すそのフィッシングパークで自分使っているネットが小さ過ぎてほぼ通用しませんでしたので、マルシン漁具のスリーフォールド 35とライトウエイトネット WOW!!を買ってみました。

 写真、玉がスリーフォールド 35で柄がライトウエイトネット WOW!!です。

 欲しかったのは、スリーフォールド 35でした。

 電車釣行なAzu.にも持ち運べる折り畳めるラバーネットでなるべく大きなもの探したらこれに行き当たったのです。

 折り畳むとこんなになるのです!

 ただ、スリーフォールド 35は柄がついていません。

 ちょうど良い柄を探したのですが、見つけられませんでした。

 ウェーディンググリップなるものがイメージに近かったのですが、それより安いライトウエイトネット WOW!!の柄を選んでみたのでした。

 長さもウェーディンググリップより良い感じだったのもありましてこれを選んだ次第です。

 というわけで、スリーフォールド 35とライトウエイトネット WOW!!を買うに至りました。

 しかしです!

 この買い物だとライトウエイトネット WOW!!の玉を持て余してしまうのです!(T_T)

 ライトウエイトネット WOW!!の玉は、いまいちすそのフィッシングパークやあづみ野フィッシングセンターで使うには小さいです。

 だから、お蔵入りです。

 なんだか勿体ないような気がする買い物でした。

 しかし、結果は満足しております。

 これなら、なんとかあづみ野フィッシングセンターでもいけないかな?!ってちょっと期待しております!f(^_^;

 まあ、あづみ野フィッシングセンターにはすぐ行けそうにないので、取り敢えずすそのフィッシングパークでテストしたく考えております。

 今までのネットが小さ過ぎました!f(^_^;

 これで、ちょっと安心です!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラインシステム覚え書き。

2017-06-13 23:32:00 | 釣り関連あれこれ

 つい最近までしゃくり屋だったこともあり、ジギング魂というブログ面白くて時々つまみ読みしています。

 で、目に止まったラインシステムがあり、今度管釣りに試してみたく自分用覚え書きとして記事書いています。

 管釣りとジギングでは、糸の太さ極端に違う為ラインシステム同じようにいきません。

 だから、ジギング魂の記事、丸々通用はしないと考えております。

 でも、その中で管釣りに適合するかもしれないと感じたシステムありました!

 Azu.、管釣りは歴浅くいまだラインシステム試行錯誤中なのでした。

 なので、試してみたくなりました。

 最近は、メインラインとリーダーはFGノットで、スナップとリーダーはケンタウリノット(Centauri Knot)で結んでいました。

 でも、これからは、メインラインとリーダーをSFノットで、スナップとリーダーをイモムシノット試してみたいです。

 SFノット,イモムシノット両方共、結束強度ジギングラインだと100%だそうです。

 細い管釣りラインでも組めそうな感じで、簡単そうなところ目に止りました。

 あとは、同じように結束強度出てくれると良いのですが・・・

 まあ、やってみなければ分かりません!

 近々、試してみたいです!

 しかし、実釣は先という!orz

 仕方ないです、糸と戯れます!(T_T)/

 すみません、自分用覚え書き記事でした!f(^_^;

 

追記です。

 そう上手くいきませんでした。

 イモムシノット、強いです。

 イモムシノット、強過ぎて要らないかもでした。

 SFノットは、PE4lbリーダー3lbの自分のPEタックルではPE側強いです。

 けど、リーダーが弱くなってしまいました。

 悩めています!(T_T)

 

追記2

 更に検証進めました。

 自分のPEタックルでもSFノットFGノットより強く結べます。

 結び易いから結束早いしその上強いので、十分に実用性ありそうです。

 ただ、イモムシノットと組み合わせると、イモムシノットの方がちょっとだけ強い感じです。

 なので、イモムシノット使うか迷っています。

 イモムシノットより結び簡単なケンタウリノットで自分の場合良さそうな感じしていなくもないです。

 これから自分の管釣りラインシステムは、SFノットとケンタウリノットでしょうか?!

 でも、イモムシノットも頭に入れてはおきたいノットです。

 まあ、ケースバイケースで!

 と、釣り、釣り自体楽しいことは当然なのですが、こういうあれこれやる釣り準備段階も楽しいものです!f(^_^;

 

追記3

 今までAzu.が電車改結びと言っていたノットをネットで調べました。

 ケンタウリノット(Centauri Knot)というものでした。

 これからは、電車改結びではなくケンタウリノット(Centauri Knot)と表記していきたいです。

 この記事で修正してみました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月7日、すそのフィッシングパーク♪

2017-06-10 18:47:00 | 釣行

 夏場のホームになってくれるような管釣り探しています。

 ここでご縁あった方の意見参考に6月7日、すそのフィッシングパークへ行ってみました。

 すそのフィッシングパーク噂に高いですが、その噂通りの釣り場でした♪

 下手くそAzu.にも良い感じで良い型のニジマス中心にブルックやブラウンが釣れてくれちゃいました。

 

 

 あまり良い型がコンスタントに釣れましたので、いきなり始めて2時間くらいでお腹いっぱいになっちゃいました!

 そこから、まったりしたり苦手な課題克服にこだわってみたりしていたら、夕方土砂降り喰らってしまって集中力失うことになってしまい、釣果最初の2時間に集中して後を伸ばせませんでした。

 で、11時~19時迄の8時間で30~47cmくらいのニジマス,ブルック,ブラウンを計16匹でした!f(^_^;

 最初の2時間は時速5匹で釣れていましたので、条件揃えて最後までやれたら倍は釣れたと思います。

 型が良いから、これくらい釣れたらもう満足してしまいます。

 本当に良い釣り場でした♪

 ちなみに、大物釣り場ということでしたが、大物ではあづみ野フィッシングセンターの方が上と言った感じです。

 あづみ野フィッシングセンターでの小物に部類する35~45cmのニジマスが多く入っている感じでした。

 50~60以上の個体も入っていますが、あづみ野程多くない感じでした。

 でも、一番良く走ってくれるサイズですし、噂ではスチールヘッド×銀毛のドナルドソン?という走りにこだわった配合ニジマスを一部使っているらしく、それらしいニジマスが掛かった時にはと本当に良い感じで暴れてくれましたから引き味堪能は十二分に出来たのでした♪

 さらには、普通ニジマス,銀ニジマスとも違うブルーバックも入っているようです。

 ここのニジマス、何種類のニジマス入っているのでしょう?

 ニジマスも改良や地域差や降海型などから何種類か種類あります。

 と、ここのニジマス、塩焼きニジマスとは一味違う走るニジマスが入っているようなのです。

 でも、良く引くのは良いのですが、ネットが小さいAzu.には針外し暴れて大苦戦でした。

 で、針外しが嫌になってしまうという!orz

 レンタルネット、あるのかな?!

 この釣り場、絶対に大きなネットが要るのでした。

 リリーサーは、通用しなかったです。

 ちなみに、この日は下池で一日釣りました。

 上池は、平日なのに人がいっぱい入れませんでした。

 新池は、小物池らしいので興味湧きませんでした。

 次は、入れたら上池挑戦したいものです。

 というわけで、すそのフィッシングパークかなり好印象です。

 すそのフィッシングパークは、Azu.訳ありなので王禅寺行くのと資金あまり変わらなく行けるのでした。

 夏場の王禅寺行くくらいなら、こちらの方が何倍も良さそうです。

 夏場のホームは、ここで決まりでしょうかね?!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加