俺的RIOT

約3年の海外駐在より帰国。改めて日本での生活頑張りますです。(2015.01.01)

やっとホーム初勝利

2017年05月17日 | ザスパクサツ群馬(2017年)
2017年 J2 第14節
ザスパクサツ群馬 2-1 レノファ山口FC

【得点】45+1 高井・58 カンスイル(群馬) 59 小野瀬(山口)
【交代】71 岡庭→松下 85 岡田→鈴木崇 90 山岸→小林竜





決して良い内容の試合じゃなかった。
決定機の数で言えば山口の方が多かったし、ゲームを通して苦しい時間帯も長かった。
今年になって初めてホームでの2得点、かつ試合の中で2点差をつけたのに…直後の失点でリードはすぐに1点に戻ってしまう試合運びで自らを苦しくしちゃったりもした。

でも、勝った。
ここまで全敗だったホームで勝ち点差が3になるか9になるかの6ポイントマッチを取れた。
それが何よりも収穫。その成功体験こそ今のチームに求められていたものだと思うから。


前節の愛媛戦から中3日。
最終ラインは前節から配置変更含めて総入れ替え。ボランチの組み合わせや高橋選手の右ワイドでの起用は序盤に戻してきた感じも。
前線には高井選手が3試合ぶりのスタメンで、前節Jデビューのカンスイル選手も引き続き起用。

エンド交換を行って前半はゴール裏に向かって攻撃。特にピッチコンディションや天候が違う訳じゃなかったので、どういう意図があったんだろう
個人的にはいつも前半は動けていても後半は動きが落ちてしまって目の前に攻め込む場面が少ないので、入れ替えた方が目の前でチャンスシーンが見られる回数多いかも…と思ったり

前半攻勢を進める中で迎えた終了間際に右サイドの崩しから中央の高井選手が決めて先制
相手のスライディングが絶好のパスになる幸運っぷり

申し分ない時間帯に先制は出来たものの、課題は後半。
立ち上がりからピンチの連続…守り方もあって密集を剥がされた時は本当に危険。


セットプレーの流れで左に回っていた高橋選手のクロスにカンスイル選手が合わせて待望の追加点が生まれたのは58分
出場停止処分もあって2年ぶりとなった得点は今季初めてのホームで複数得点に。

直後に失点してリードが1点に戻ってからも攻勢は山口のまま。2点差のまま試合を進められればもう少し余裕が生まれたのになぁ。


松下選手をボランチに入れて守備の安定を図り、前線から追える選手を終盤は投入。
後ろの選手を増やしてズルズルとラインを下げるよりかは、前からアプローチをかけることで後ろの選手を助けたかったんだろうなぁ。


課題もまだまだ見えたし、きれいな勝ち方じゃなかった。
でも、苦しい戦いを制して、ようやく今季ホーム初勝利。ホームでの勝利は去年の同じく山口戦以来なのも何の因果か。


ここから始めよう。




でわでわ
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 靴が無いぞ | トップ | 通院は続く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL