俺的RIOT

約3年の海外駐在より帰国。改めて日本での生活頑張りますです。(2015.01.01)

長崎戦初勝利

2016年10月16日 | ザスパクサツ群馬(2016年)
2016年 J2 第36節
ザスパクサツ群馬 3-0 V・ファーレン長崎
【得点】41 56 高橋 90+3 イガンウ(群馬)
【交代】79 高橋→イガンウ 85 小林→吉濱 90+1 瀬川→マテウス



対長崎戦、8戦目にして待望の初勝利。
スコアも3-0と快勝。内容的にはどっちに転ぶか分からない感じだったケド、終わってみれば…ってところ。

前節負傷交代した高橋選手もそのままスタメン起用でメンバーは前節と変わらず。
長崎の3-3-2-2という変則的な布陣にどう対応するか。



長崎は人数をかけてのハードプレスでなかなかチャンスが作れない。
ただ、攻撃の意図は明確。
相手の3バックの脇のスペースに向けて長いボールを入れてFWを走らせる。
サイドバックにボールを付けると中盤のサイドが開いてそこに入れるか、そこを囮にしてアンカーの脇に落ちたFWに楔を打ち込む形。この部分で相手DFに潰される場面も多かったケド、そこは意図した中でのチャレンジなので問題ない。収まった時にはサイドのスペースを中盤が使って良い形になってたからね。

前半は長崎ペースかなぁ…って中で前半の終了間際に先制点。
相手FKを坪内選手がカットすると中央の高橋選手へ。ぽっかりと空いた中央のスペースをドリブルで持ち込むと右足一閃豪快なミドルが決まって先制
アウェーでの長崎戦に続いての高橋選手の先制ゴール。


後半はザスパペースに。
一貫して狙っていたサイドのスペースに走り込む場面も増えて敵陣でボールを動かせる時間が増えた。
守備も出足が良くて常にボールを拾えるようになり、舩津選手のカットからカウンター。瀬川選手が流したところに走り込んだ高橋選手がシュート。GKが弾くもボールはそのままゴールに吸い込まれて2点目
その後ハットトリックのチャンスもあったケド、ここは攻守に遭って得点ならず。
しかし、交代するまでの約80分。攻守に貢献してくれた。変則的布陣に対してサイドMFが相手ワイドの対応をサイドバックと連携しながらしなきゃいけない中、運動量落とさずによく走ってた

今日は高橋・小林選手のサイドMFが運動量と複雑なタスクをこなして攻守に良さを出せたのが大きかった。
この2人に代わって入った選手がアディショナルタイムにゴールとアシストで3点目
吉濱選手のスルーパスにイガンウ選手が抜け出してGKもかわして落ち着いてシュート。こんなに早く得点を挙げるとは思わなかった

守備陣も6試合ぶりの無失点。
今日は何度もセンターバックの2人が積極的な守備で未然にピンチを防いでいた。サイドバックの坪内選手もカバーリング含めて安定していて、思い切った攻撃参加も。


相性が悪いだけに何が起こるか分からない変な考えも出てきてしまいそうになりながらも最後まで安定した試合運び。
快勝って試合を見た気がする。





順位も15位に上がったものの相変わらずの混戦。
1つ勝てば12位あたりまで上がるし、ボトムアップがあれば17・18位になるという。
次節はプレーオフ圏内を目指す横浜FC、その次は清水と大事と言った10月の残り2戦。

横浜戦。ホームでは未勝利を抜け出す勝利をあげたケド、それだけにアウェーでは簡単にはいかないでしょう。
残り試合も少ないし1つの勝利が大事になってくる。
今日のような内容を続けられると良いんですが。


でわでわ
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 診察 | トップ | 連覇ならず »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL