英語の美貌録。

塾講師です。文字通りの備忘録です。すべて思いつきっす。素人が書き散らしているだけなんで、内容に保証はありませんwww

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

See to it thatなどでは、that節中の動詞はなぜ現在形なのか

2017-05-03 12:09:06 | その他
See to it that, make sure that, make certain that, take care that, hope thatなどのイディオム的表現は、that節中の述語動詞は、未来を表すとしても現在形を使う。

See to it that this letter is handed to her.

この例文では、命令文だからthat節中は未来のことを表すはずなのにもかかわらず、that this letter will be handed to her. とはならない。以下も同様である。

Make sure that you put the cap back on that pen.
I’ll make certain that they meet you at the station.
Take care that you don’t drink too much!
I hope you enjoy it.

一説によると、hope thatなどではthat節中が未来であるとは自明なので、あえてwillを使う必要はない、ということらしい。表現を節約しているのである。

私の解釈は違う。現在形は確実なことを表す。これらの表現では、that節中の事態は確実に実現されるべきであるので、そこで「…だろう」という多少の曖昧さをもっているwillは、心理的に使用しづらいのである。例えば、ハリウッドの映画俳優が自作の映画を宣伝する際に、I hope you will enjoy it.と言えば、「皆さんはエンジョイするだろう」となり、推量の助動詞が使われているので、観客が本当にエンジョイするかどうかはよくわからない。映画俳優は強く映画の面白さを訴えたいはずなのに、これではいまひとつ、その気持ちが出ていない。

そこで、映画俳優は未来のことにもかかわらず、強く現在形を使うのである。I hope you enjoy it.と。そうすれば、現在形は一般には確実な事態を示すので、「みなさんは絶対確実にエンジョイしますよ」というふうな意味合いとなって、強く映画の楽しさを訴える表現となる。そのほうが、映画宣伝の趣旨にあうというものである。See to it that, make sure that, make certain that, take care thatなども同じであって、だからこれらの表現は命令文であったり、あるいは意志表現であったりすることが多い。

では、make sure that ではなくてbe sure thatの場合は、どうなのであろうか。Makeはbeよりも意味合いが強いので、that節中は強く現在形を使うのもわかる。となると、be sure thatの場合には、beはmakeよりも意味合いが弱いので、that節中は弱くwillなどを使うのだろうか。以下の例文で検討しよう。

I am sure that she will be accepted to the university of her choice.
I feel sure that he will succeed.
We must be sure that this does not leak out.
Be sure that you never tell this to anyone.

Be sure thatの場合は、命令文ではなく、またbeやそれよりも意味合いの弱いfeelなどを使う場合には、that節中はwillなどを伴う。それに対して、be sure thatを命令文で使う場合、あるいはbeよりも強くmust be sure thatなどとする場合には、that節中の述語動詞は現在形になる。

このようなことからして、that節中の実現を強く願う場合には現在形が使用され、そうではない場合にはthat節中の述語動詞は助動詞を伴う。と言えそうである。
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。