言葉の救はれ・時代と文學

言葉は道具であるなら、もつとそれを使ひこなせるやうに、こちらを磨く必要がある。日常生活の言葉遣ひを吟味し、言葉に学ばう。

私の好きな福田恆存の文章

2017年06月16日 21時25分09秒 | 日記

 私は福田恆存の研究者第二世代である。福田恆存の晩年になつてその存在を知り、辛うじて若干のつながりを得ることができた世代である。

 50歳を過ぎて、世の中が「保守化」してきた時代にあつて、福田恆存はさういふ保守ではないのではないか、といふ違和感を抱いてゐる。私の福田恆存論は孤独であると先日書いたが、孤独な福田恆存像であつても書きついでいくことが大事であると感じてゐる。さういふ試みをしばらくこのブログでもして来なかつた。それもまた私には必要なことがらであつたが、今後は再び始めてみようと思つてゐる。

 まづは引用から。

「人生論が單なる處世術に終らぬためには、どうしても死の問題を扱はねばならぬ。現状肯定の生きかたといつたが、死こそは何人も肯定しなければならぬ最初の、あるいは最後のものである。これだけは、今のところ、あるいは永遠に、改革不能のものである。惡くいへば、すべてが解決可能の世のなかで、やうやく一つ見つけた解決不能のものとして、人生論者はこれにしがみつく。つまり、死神の顏を借りて、人を脅しにかけるのだ。事實、その種の人生論が多い。が、人生論の本來の役割は死をもつて人を脅すことではない、死に怯えぬ心がまへを人に與へることである。死だけではない。あらゆる解決不能の問題を、それはそれとして現状のまま肯定し、あきらめをつけることを教へることだ。これは「反動」ではない。現状改革の精神を否定するものではない。むしろそれを支へるものだ。人はあきらめさへつけば、自分はその恩澤に浴さない孫子の代の幸福のためにも働くであらう。」(「人生論とは何か」)

 

 例へば、AIについて。その急激な進歩に人びとは驚いてゐる。2045年にシンギュラリティ(技術的特異點)が訪れるとカーツワイルは書いてをり、人間の生活が後戻り出來ないほどに變容してしまふと言つてゐる。コンピュータが私たちの生活に入り込み、人間を支配するやうになるかもしれないと恐怖するのである。物理學者のホーキングもその立場の列に竝ぶ。しかし、機械には故障はあつても死はない。他人の死といふものを經驗し悲しみ、自分の死を想像し憂ひを抱くといふことは、機械には起り得ない。

幸福といふことを考へ、それを他者にたいして問ふことによつて自分の生き方を決めていくといふ思考を機械に身に付けさせればいいのである。圍碁や將棋でコンピュータに人間が負けたことや、人間の仕事が機械に奪はれることを恐怖するのは、幸福を自己實現といふふうにしか考へない人が抱く思想である。

機械は人が造つたのである。その機械を恐れるのは、自分の中に恐れるものがあるからであらう。もちろん、誰にも惡はある。それを取り除くことは難しい。しかし、簡單には取り除けないから、それを凌駕する善なる行ひを他者にたいして行はうとするのではなかつたのか。そして、さういふ心根を持つて生きてゐる人が造る機械は、決して恐れる物とはならない。

同じコンピュータでも、太郎君と花子さんとではまつたく使ひ勝手が異るやうに、どういふソフトを入れるのか、どういふ言葉を記憶させるのかで、そのコンピュータの質は異つてくる。

もしシンギュラリティが2045年に來るのなら、それを恐れるよりは人間の特異點をその年までに迎へることが出來るかどうかを恐れる方がいい。「自分はその恩澤に浴さない孫子の代の幸福のためにも働く」ことこそ大事な生き方である。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丸山真男の種明かし | トップ | 時事評論石川 6月号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL