言葉の救はれ・時代と文學

言葉は道具であるなら、もつとそれを使ひこなせるやうに、こちらを磨く必要がある。日常生活の言葉遣ひを吟味し、言葉に学ばう。

大学入試の変革期に思ふこと

2017年05月17日 11時05分21秒 | 日記

 昨日、文部科学省により2020年度からの大学入試改革案が発表された。

 あと3年しかないこの段階で、やうやくその具体案が示されるといふことがとても心配である。もちろん制度に完璧なものはない。むしろ完璧などといふことは制度にとつて忌避すべきことである。学力を測る制度において完璧であれば、ある水準に達してゐない者は「学力がない」っと完璧に宣言されてしまふことになるからである。だから、蓋然性のおいて優れてゐる制度が最良である、それが「改革」にたいする見方として穏当な姿勢といふことになる。

 しかし、今回出された例を見て愕然とした。

 http://www.dnc.ac.jp/albums/abm.php?f=abm00009385.pdf&n=%E8%A8%98%E8%BF%B0%E5%BC%8F%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E5%95%8F%E9%A1%8C%E4%BE%8B.pdf

 これが大学入試で讀ませるべき文章であらうか。

 確かにここで問はれてゐることも読解力ではあらう。しかし、「これでいいのか」といふ思ひが強い。50万人が全国一斉に同じ時間に集まつて讀ませる文章がこれとは。もはや喜劇である。

 豊かな社会になり、成熟を求める時代には、「街並み保存地区景観保護ガイドライン」やら「駐車場使用契約書」やらの正しい理解こそが大切だといふのは、冗談話のやうにしか思へない。これで、読書の薦めが可能になるか。これで古典と現代とのつながりを意識できるか。人間は言葉によつて培はれるといふ当たり前の事柄が共有できるか。幾重にも疑問が積み上げられていく。

 あと3年。国立大学や一部の私立大学の大学別の入試問題に期待すること大である。新センター試験には期待ができないといふことだけははつきりした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『教育の力』を読んで | トップ | 時事評論 5月号 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小学校での国語 (堰根 藍)
2017-05-17 17:39:44
小学校の国語でこのような文章を読まされたような記憶があります。これを高校生が解くというとなると、なかなかに生徒を馬鹿にしているように感じました。この問題を解いた高校生たちが大学に進学した時に、どのような文章を進んで自ら読むのか。古典であったり、名作といわれるような作品に目を通す学生が減りそうですね。
可哀さうな日本語 (前田嘉則)
2017-05-18 22:54:33
堰根 藍様へ
コメントありがたうございました。
文科省の愚民化政策極まれりです。

横書きの、実用文書を読ませる。それが国語力とは本当に可哀さうな可哀さうな日本語です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL