京都シャロームチャーチ「今日の聖書」

日々心に響いた聖書のことばとショートメッセージ

なぜ?

2017-05-16 06:33:44 | Weblog
私たちの主イエス・キリストの父なる神、慈愛の父、すべての慰めの神がほめたたえられますように。
神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。
こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。
それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているからです。
第二コリント 1:3-5


なぜ患難が、苦しみがあるのでしょう?
私たちが慰めの神様と出会って、主の慰めを経験するためです。
そして、他の苦しんでいる人を慰めるためです。
どんな苦しみも最後は必ず慰めと励まし、喜びと感謝と平安にいたります。
それが神様の約束です。
そして主イエスが十字架と復活によって、実際に示して下さったことです。
すべてのマイナスは必ずプラスになります。
シャローム、主の御名はほむべきかな!

祈り

『私たちの主イエス・キリストの父なる神、慈愛の父、すべての慰めの神である主よ、
貴方の御名がほめたたえられますように。
神様、あなたはどのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。
こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。
それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているからです。
主イエス様の御名によって感謝します。
Hallelujah、アーメン。』

「Blessed be the God and Father of our Lord Jesus Christ,
the Father of mercies and God of all comfort,
who comforts us in all our tribulation,
that we may be able to comfort those who are in any trouble,
with the comfort with which we ourselves are comforted by God.
For as the sufferings of Christ abound in us,
so our consolation also abounds through Christ.」
2 Corinthians 1.3-5
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苦しみの中を歩いても | トップ | 慰め、強めて »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む