京都シャロームチャーチ「今日の聖書」

日々心に響いた聖書のことばとショートメッセージ

なぜ着物のことで

2016-10-18 05:25:30 | Weblog
『なぜ着物のことで心配するのですか。野のゆりがどうして育つのか、よくわきまえなさい。働きもせず、紡ぎもしません。
しかし、わたしはあなたがたに言います。栄華を窮めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。
きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。信仰の薄い人たち。
そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。』
マタイ6:28-31

And why are you worried about clothing?
Observe how the lilies of the field grow; they do not toil nor do they spin,
yet I say to you that not even Solomon in all his glory clothed himself like one of these.
But if God so clothes the grass of the field, which is alive today and tomorrow is thrown into the furnace, will He not much more clothe you?
You of little faith!
Do not worry then, saying, ‘What will we eat?’ or ‘What will we drink?’ or ‘What will we wear for clothing?’
Matthew 6.28-31


衣食住は人間の基本的な必要だと言われますが、主イエスはそれを心配する必要はないと言われます。
神の国とその義とを追い求めていれば、必要なものは与えられると言われるのです。
神様がそう言われるのですから、私たちはそれを信頼する必要があります。
銀行に預金するとき、その預金が消えてなくなるとは思わないでしょう。
銀行を信用して預けます。
私たちの神様は銀行よりはるかにはるかに信頼できる方です。

『そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。』

シャローム、今日も主の祝福が豊かに注がれますように!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祈り | トップ | 自由 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む