新・からっぽ禅蔵

元サーファーで、後にタイ上座部仏教僧としてタイで修行。その後日本の禅僧となった水辺を愛し宗派にこだわらない禅僧のブログ。

水の住人

2017-04-21 17:53:24 | 日記
【以下の記事は、去年の12月に「水の惑星」という題名で書いたブログ記事を、再編集したものである。】

紆余曲折の後に、僕がK大学で禅と仏教を学び、禅僧となるよりも ずっと以前、僕がむかし読んだ本のなかに、『スーパーネイチャーⅡ』という題名の本があった。

この本は、ライアル・ワトソンという生物学者が書いたものを、内田美恵さん+中野恵津子さんの日本語訳で、日本教文社から出版された書籍である。

内容を一言すれば、「あたりまえ」と思っているような自然な現象の1つ1つが、実は、奇跡のような現象なのだというもの。
換言すれば、この現実の日常こそが奇跡だ、と言っても良いかも知れない。

さて、ライアル・ワトソンの著書では、『スーパーネイチャー』・『スーパーネイチャーⅡ』のほか、『ネオフィリア』や『水の惑星』などが面白い。
更に言えば、彼の師であるデズモンド・モリスの『裸のサル』も見のがせない。

デズモンド・モリスは、次のような主張をしている。

「多くの人間は、自分たち人類は他の生物たちより優れていると思い込んでいる。だがそれは間違いだ。人間も他の生物たちと同等。その意味で人間は、体毛の薄くなった裸のサルでしかない」と。

さて、今ここでは、ライアル・ワトソンの『水の惑星』から、幾つかの言葉を引用し紹介したい。

「水は自由奔放に姿を変えていく。繊細で幾何学的に精巧な一片の雪、空を覆う荘厳な雷雨、砕け散る波の強烈なエネルギー、束の間の虹の比類なき美しさ、そして無限の海の眠りに誘うような広がり(以下省略)」

「科学的に言えば、水は変わり種だ。液体の方が固体、つまり氷より密度が高いというもの変わっていて独特だが、固体、液体、気体の3つの状態をもち合わせる化合物となると、水のほかにはまったくない。また強力な溶剤でもあるので、長い時間をかけて地上のあらゆるものを溶かしてしまう。何ものも、水の力をのがれられない。このユニークな物質は、無色にして無味無臭。乾いた砂にさえ15%の水分が含まれているし、地表の71%までが水に覆われている。まさに、水は地球を丸ごと潤している(以下省略)」

「水と生命、このふたつは切り離せない関係にあるらしい。われわれは水より生まれ、水によって活かされている。」

いかがだろうか?

多くの人達は、水に対してどちらかと言えば無関心ではなかろうか?
しかし、僕ら自身はもとより、僕らの周囲の様々なものも、実は多くの水分で構成されている。

僕が、海や河や湖などに魅力を感じ、水に引き寄せられるのは、単に僕が元サーファーだからだけの理由ではなさそうである。

また、我々禅宗僧侶は、「雲水(うんすい)」とも呼ばれる。
この言葉は、行雲流水(こううんーりゅうすい)から来ている。
行雲流水、すなわち、行く雲・流れる水のようのように、一点にとどまらずに、臨機応変で自由であるべき、という我々禅僧のあるべき姿を述べたものだ。

更に、中国古典のなかには、次のような言葉がある。

「上善(じょうぜん)は水の如し。水は善(よ)く万物を利して争わず。衆人の惡(にく)む所に處(お)る。」

つまりこうだ。

「最も高く評価すべきは水のような存在だ。水は、様々な生命に利益を与えながら、決して他とは争わない。それほど優れた存在でありながらも、高みには登ろうとはせず、人々が嫌う低い所へ低い所へと流れてゆく。」

素晴らしいではないか。

禅蔵 合掌





◆新・からっぽ禅蔵◆
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑~いぃぃ | トップ | ある日の葬式にて。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。