ラブテニスサークル ・・徳島県南部(主に阿南市)の社会人テニス愛好会(レベルは初中級かな)

ラブは、「らぶ・ふぉーてぃ」の”らぶ”でゼロの意味。テニス経験ゼロの社会人が集まって始めたテニスのサークルです。

【テニスと無関係:電脳】Chromebitを動かしてみました

2016-01-09 | 電脳
アメリカへ移住した親友の一時帰国の際、買って来てもらった「Chromebit」を動かしてみました。



これ箸箱サイズのモニター直挿しパソコンで85ドル(10、000円)。
もちろんWindowsでは無くGoogleが無料で配ってるChromeOS機です。



英語のマニュアルを読む気がしないので、いきなりモニターに挿して電源オン。
まず困ったのが、私のbluetoothキーボードもマウスも認識してくれず操作ができなかったこと!

下の画面で延々待ちましたが僕のBluetoothキーボードもマウスも見つけてくれませんでした。


仕方なく1個だけあるUSBポートへキーボードを挿し[TAB]キーで移動しながら初期設定。

個人輸入品なので心配してた言語・キーボード選択に「日本語」がありました。


ようやくデスクトップまでたどり着いたところで、またトラブル。
デスクトップだと、やはりマウスが無いと何も操作できない!



そこでUSBキーボードを抜いて今度はUSBマウスを挿し、Windowsでいうコントロールパネルを探しました。

Bluetooth設定画面を開き、キーボードのペアリングが出来たところで、やっとマウスとキーボードが揃い普通の操作が可能になりました。

ラブのURLを入力するとブログも見えました!


相性問題なのか、私のマウス、スマホ、タブレットは何度やってもbluetooth接続に失敗します。

ちなみにこの投稿、chromebitで書いてます。
chromeOS用「Google日本語入力」は、Windows用と同じ精度で漢字変換してくれるので入力は楽。

印字は、Googleクラウドプリンタ対応機を買えば出来そう。
会社用に1台買ったが、自宅のプリンタは未対応。

さてな、この10000円の新しいおもちゃ、何に使えるかな?

ChromeOS機には基本ソフトとブラウザーしか入っていません。
何かの作業をする場合は、すべてブラウザー上で動くChromeアプリが必要です。

エクセル、ワード、パワーポイントの読み書きはGoogleスプレッドシート、ドキュメント、スライドを使えばいいのかな?

この投稿に貼り付けた画像は、WEBベースのChromeアプリで画像修正しました。
WEBベースのアプリ、ローカルベースのプログラムと比べると、と~ても使いにくいですね!

唯一使えそうな用途としては出張先で、ホテルかネットカフェに置いてあるモニターに直挿しgoogleリモートデスクトップで会社のパソコンを遠隔操作することかな?
今、外出の際はNexus7でやってますが、やはり大きなモニター、マウス、キーボードが有ったほうが操作しやすいはず!


さて、さて、さてとchromebit、何に使おうかな?

デジタルサイネージ(電子看板)、キオスク端末(無人案内・券売機など)に使われることもあるそうな・・・・・

Chromeアプリは作れないので、出来てGoogleスライドを使ったデジタルサイネージくらいかな?
でも広告すること無いよな・・・・
1個あるけど恥ずかしくて人前に出せないし・・・・

追記:
アッと驚く為五郎!
何がって、このコンピューターは電源が切れないんです!
電源アイコンをクリックし出かける準備をして、ふとモニターを見ると再ログイン画面。



誤ってシャットダウンの代わりに再起動アイコンを押したかな?
改めて[終了]アイコンをクリックすると・・・あれ、または再起動!
そう言えば、もともと物理的な電源ボタンも無い.....
と言う事は、chromebitってchromecastと同じ電源入れっぱなしデバイスなのね!
まぁ、ディスクレス、ファンレスデバイスなので消費電力は微々たるもののハズ。
でも、エコ精神上いかがなものか?
『モバイル機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【テニスと無関係:電脳】レ... | トップ | 【テニスと無関係:電脳】Chr... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

電脳」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。