やまたび茶飯事164

物言えば唇寒し

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BGMの話3

2017-07-12 12:34:05 | オーディオ
パソコンのアナログ音声端子から出す音が雑音にまみれているのは、デスクトップオーディオでUSBから音を取り出すようにしたときに気づいたのだったが、その時に買った、たった1000円程度のUSBオーディオ変換アダプタ PL-US35APUSBにも当然DACは内蔵されているわけである。

要するに簡単なICチップがその役割をしているのだろうが、一方に数十万円もするようなDACがあることを思うと、やることは同じだろうに、どこにそれだけの差があるのだろうと電気に疎い私などは考えてしまう。音にこだわらない人には理解不能なのがオーディオマニアの金銭感覚なので、キリなく高いものを造ってしまうのだろう。

ともあれ、メインシステムの音を飛ばす作戦で、DACでの音の差がおそろしくあることはわかった。デスクトップオーディオで小音量で流しっぱなしにしている音楽くらいではPLANEX、PL-US35APUSBで充分のようにも思うので、なおさらロッジのBGMなどにそうこだわることもないわけだが、そこは音マニアの端くれとしては、ちょっと色気を出してしまう。

BGMの音源をビデオデッキからパソコンに替えたとき、むろん音はUSBから出力することにし、古いMDデッキを利用する方法を思いついた。DENON DMD-2000ALにはDCD-S10と同等のDACが付いており、しかも単体で使えるというのである。

MDはカセットの代わりになって、世間に浸透するかと思われたが、ほとんど一瞬にして消え去った。その早さはレーザーディスク以上だったのではないだろうか。デッキなどすでに誰にとっても無用で、さらにそのジャンク品ともなればオークションでもほとんど値がつかなかった。

それを3000円程度で入手した。正価が148000円だから気の毒なような値段である。しかしやってきたDMD-2000ALはやはりジャンク品で、たまたま一枚だけあった手持ちのMDを入れてみると、吸い込むがすぐに吐き出す。単体で使えるはずのDACはMDの認識と連動しているらしく、これもまったく使えなかった。

これは失敗だったかと落胆したが、わからないなりにカバーを開いて中を見てみると、MDが入ってすぐに吐き出すものの、その入った状態の一瞬にはDACが外部入力にできることに気づいた。要するに、その状態を維持できればいいわけで、適当なプラスチック片をかませて、吐き出す動作をさせないようにした。

これが成功したときはうれしかった。これにてBGMには分不相応なDACを使うことになったのだったが、さすがにこの用途では音の差ははっきりとはわからなかった。安く上がったものの大きくて邪魔だったが、4年くらいはこのまま使っていた。さよならしたのは、時々外部入力ができなくなって、その理由はわからなかったが、まあ、場所を食う装置がそろそろ目障りになってきたからだった。オークションに出したら買った値段と変わらない価格で落札され、その金で買った代替DACが、USBDACとしてはもっとも廉価なMUSE Audio USB-DACだったが、一般にはこれでまったく問題のないDAC
だと思った。

このDACは、ミニノートパソコンでコンパクトなオーディオシステムを組むのに凝ったとき、その組んだシステムのひとつに組み込んで、そのまま売却してしまった。それで代わりに使うことになったのは、最初にデスクトップオーディオで使った1000円のPLANEXのアダプターと同等品、BSHSAU01BKであった。巡り巡って、結局、BGMくらいにならこれでも充分だったというお粗末。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコンの音を無線で飛ばす2

2017-07-12 10:04:40 | オーディオ
REX-Link2の受信機には出力端子がひとつだけあって、ステレオミニ端子と光端子を兼ねていた。当初は光出力ができることを知らず、ステレオミニ端子からRCA端子への変換コードでプリアンプのAUXにつないでいた。この場合、受信機内部のDACでアナログ出力していることになる。

メインシステムのCDプレーヤー、DENONのDCD-S10ⅡにはDAC単体としても使える機能があったが、一度も使ったことがなかった。このプレーヤーを買った97年当時、パソコンも持っていなかったし、デジタル出力のできる装置などひとつも持っていなかった。おそらく同じ時期にこのプレーヤーを買った人も同様で、DACとして利用していた人はごくわずかだったのではないだろうか。

説明書を熟読したからだったか、REX-Link2の受信機が光でデジタル出力していることを知り、それならCDプレーヤーのDAC機能を使ってみようと接続コードを探したらちゃんとあった。光ケーブルなどそれまで使ったことがないので、ミニプラグに対応した丸い端子があることすら知らなかったのである。

届いたコードでCDプレーヤーのDACを使ってみて驚いた。恐ろしく音が鮮明になった。CDからリッピングした音を無線で飛ばすのだからこんなものかと思っていた音が、CDプレーヤーでCDをかける音にぐっと近づいた。DACの重要さを思い知らされたのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BGMの話2

2017-07-04 15:32:08 | オーディオ
メインシステムで使っていたテクニクスの重量級アンプの調子が悪くなったとき、音がまったく出せないままというのも困るので、当面のつなぎに数千円で中国製デジタルアンプを買い、その音に衝撃を受けたことは前に書いた。

値段もさることながら、小ささ、軽さ、消費電力の少なさといったものにも感銘を受け、テクニクスの修理はやめてさっさと処分、重厚長大なアンプとはおさらばしたのであった。以来のアンプの変遷についてはエーワイ電子のアンプにしたところまで書いてあるが、すでにそれも変わった。その後のことはいずれ書くことになるだろう。

テクニクスを処分したら、たかがBGMに重くて電気を食うアンプを使っているのはバカバカしくなってきた。それで目をつけたのがLepai LP-2020Aである。このアンプこそが中国製デジタルアンプの一種のブームのようなものをもたらしたところがあって、しかし見た目があまりに安っぽいので手を出しかねていたが、BGM用の装置は隠されているので問題はない。いろいろな販売店から見た目だけは同じのLP-2020Aが売られているが、検討した結果、自社で中身を改良しているNFJのものにした。これ以来、NFJからはアンプをはじめいろいろの装置を買うことになる。

それにしても、中国製アンプに所有の喜びというものはない。値段が値段だから当たり前だが、オーディオ趣味には装置を愛でる部分もあるから、いくら音が良くとも決して手を出さない人もあるだろう。見た目や値段も音のうちである。



上の画像は食堂用とトイレ用に2系統のLepai LP-2020Aをつないだ状態で、すでに音源は、サポートが終わってネットにつながなくなったXPパソコンになっている。アンプの下にあるのはデノンのMDプレーヤーで、これはジャンク品をDAC部分のみを使おうと思ってオークションで落札したのであった。こんな面倒なことをしたのはメインシステムの発展?と関係があるので、そちらに書いておこうと思う。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BGMの話1

2017-07-03 15:40:54 | オーディオ
宿を始める前から、食堂には好きな音楽を流せたらいいなあと思っていた。そして誰しもが同じようなことは考えるから、食堂には前のオーナーが使っていたソニーの旧いスピーカーが目立たないところに置かれたままになっていた。大きい音を出すわけではなし、音質にもさしてこだわらないからこれでよい。

オーディオ機器を置く棚にはブラウン管テレビがあったが、食堂にテレビは置くまいと思っていたので処分した。肝心のアンプはなく、数年間使わないままだった手持ちのAVアンプをつなげてみたらいつのまにやら故障していて使えなかった。

食堂からは配線がトイレまで延び、カーステレオ用のスピーカーにつなげられていた。要するに、前のオーナーが食堂と同時にトイレにも音楽を流していたのである。それなら面倒はないからそのまま使わせてもらうことにしたが、スピーカーは1本だけだったのを、映画を観るときのサラウンド用に使っていたパイオニア2本に取り換えた。

スピーカーが2系統つなげられる安いアンプはないものかと、その頃ようやく誰にでも知られるようになったヤフーオークションで探し、ソニーのTA-F222ESAを落札した。これが私の初めてのオークションでの売買である。それ以来オーディオ製品を、買うときはまだしも、売るときにはほとんどがこのオークションである。



さて音楽とその再生方法である。今ではありとあらゆる音楽をシームレスに長時間流す方法があるが、その頃はせいぜいCDチェンジャーでも買う以外には手間なく音楽を流しっぱなしにする方法はなかった。

そこで考えたのが、VHSのビデオテープに3倍モードで音楽のみを録音する方法である。当時、hi-fiビデオデッキは最安の頃で、新品でも1万円ちょっとで買えた。その十数年前には20万円以上もしたことを思うと嘘のように安い。もう観ない映画を入れたテープなど売るほどある。2時間テープで6時間分の音楽を収められるのである。アナログだから録音には再生時間と同じだけかかるが、その昔はさんざんレコードからカセットテープに好きな曲を録音していたことを思えばどうってことはない。

静かに音楽が流れていればいいのだから、この方法は長く続いた。システムを変えようと思ったのは、中国製デジタルアンプをメインシステムで使って衝撃を受けてからで、ちょうどその頃、ソニーのアンプの調子が悪くなっていたのだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコンの音を無線で飛ばす

2017-07-03 11:52:58 | オーディオ
大人のための新オーディオ鑑賞術』(たくきよしみつ著・講談社)を読んで、無線で音を飛ばすことのできるREX-Link2という装置があるのを知った。



パソコンのUSB端子にアンテナを挿し、アンプのそばに置いた受信機を外部入力に接続すれば、ふつうの広さの部屋くらいなら問題なく音楽を再生でき、音もいいという。これを談話室にあるメインシステムで使えないかと考えた。

見た目がちゃちなわりには正価は高いのでネットオークションで探し、安く手に入れることができた。レコードのデジタル化をするのに買ったノートパソコンをつないで再生してみるとなるほどちゃんと鳴る。

パソコンに音楽を入れておけば、いちいちCDを入れ替えることもなく、しかも手元ですべての作業ができる。要するにパソコンをジュークボックスとして使うことになるわけだが、すでにデスク用オーディオではしていたことがメインのシステムでもできるようになったのである。デスクではパソコンの横にオーディオがあるのだから音を飛ばす必要などなかったのである。

もっとも、これを利用するのは談話室で大ぜいで音楽を聴くときで、普段は前と同じようにCDプレーヤーを使っていた。音を良くするわけではなく手間を省くのが主目的だから当たり前である。それにしても、これが現在に至る、メインシステムからCDプレーヤーをはずしてパソコンオンリーにする最初のきっかけとなったのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加