声の仕事に魅せられ

北関東のFMラジオ局主宰の話し方講座や企業・学校などで講師を務めるフリーアナウンサーの近況やイベント情報など。

3Dプリンター

2016-10-19 08:48:30 | 清水由美のDiary
今、一番欲しいものは?

と訊かれれば、間違いなく3Dプリンターです。


実は夫のいとこが高崎で3Dプリンターの工房をやっていまして、

以前、亡き愛犬のフィギュアを作ってもらった事がきっかけで、


フジTVの朝の番組からオファーがあり

夫がインタビューに答えた事がありました。




その頃から、

ずっと3Dプリンターが欲しくて欲しくて…

でも、

いとこの工房にあるのは工業用の2,000万はするもので、

とてもムリ。


ですが、

最近は一般家庭用に5万くらいで買えて、
しかも材料の樹脂も容易く手に入るらしく

早速、昨日YAMADA電機さんへ見に行ってみました。


カウンターの担当者にいろいろ訊いてみて思ったのは、

安いものは、それなりのモノしかできない?

例えば、工業高校で文化財保護の為に作成している仏像のレプリカなどのような

本格的なモノを作るには800万もする工業用の3Dプリンターが必要とのこと。


一般家庭で、商品化に耐えうる製品を作るまでには遠い道のりだという事です。


そもそも3Dプリンター自体も、

メンテナンスが厄介だったり、加熱しすぎたり消費電力がかかり過ぎなど

まだまだ、開発途上の分野であることは間違いなさそうです。


そう言えば、

月刊誌デアゴスティーニで

「3Dプリンターを作る」というのがあった事を思い出し、

紀伊国屋書店まで行ってみたところ


再販版で1〜5まで店頭販売されていました。




自分で3Dプリンターを組み立てるって、
本当にできるのか?

と思いながら、

いったい何巻で出来上がるのだろうと
調べてみると全部で55巻のシリーズだとか…

総額にして11万ほどになるそうです。

YAMADA電機で販売しているのは15万〜20万のクラスですから、

あまり変わりません…

3Dプリンターを作りたいのではなく
それを使って人形を作りたいのですから

そんな悠長なことをやっていたら、
何年かかるか… (~_~;)


さて、どうしますか…。

ちなみに、

『崖っぷち夫くん』人形は

長男から却下されました。(≧∇≦)



販売は諦めましたが、

思いつきでモノを作る悪趣味はやめられません…

唯一の私のストレス解消法ですので…。

(^^;;



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬が来る前に | トップ | 妖怪を作る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。