声の仕事に魅せられ

北関東のFMラジオ局主宰の話し方講座や企業・学校などで講師を務めるフリーアナウンサーの近況やイベント情報など。

インディ500

2017-06-02 07:15:08 | 最近の話題
久々に興奮しました…

と言っても録画で、残り10周のところから観ただけですが

まさにテールトゥノーズの激走…


残り5周で、

前を走るマシンの後ろにピタッと着いて

上手くスリップストリームに

( 入った!)

と思ったら

スッと前に抜き出たところで、

実況アナも絶叫状態…

完全に我を忘れて「神よ!」と、祈っていましたね。



優勝の瞬間の

あの聞き覚えのある高音の琢磨選手の感極まった

「ワーッ!ワーッ!ワーッ!」

というハイトーンの叫びを聞き、

こちらまで、胸がジーンと熱くなりました。


同時に、

F1デビューの頃の琢磨選手を思い出しました。

2002年だから、

もう15年前だったのですね!

インタビュアーの質問に答える琢磨選手の画像をTVで観ながら

その的を射た受け答えに驚き、

中嶋さんの後を継ぐのは彼しかいない、

“佐藤琢磨、切磋琢磨”

と呟きながら彼が参戦するレースを見守っていたものでした。



あれから、随分と時間が経ち、

最近はF1ブームも去って、地上波では中継しなくなり、

レギュレーションも変わって、

ドライバーのテクニックよりマシン性能の優劣で結果が決まってしまうような印象を受けた頃から

興味が薄れはじめ…


世代交代が進み、

アロンソ以外は知ってる選手の名前も少なくりました。


インディ500は、

ナイジェル・マンセルが参戦していた頃、少し興味を持って観たことがあったものの

あまりにも過激で

クラッシュシーンなどは、
とてもじゃないけど、心臓に悪い…

と思ってからは

もう長い間、カーレース中継からは遠ざかっていたのですが…


今回の琢磨選手の偉業達成のシーンを繰り返し観ているうちに、

やっぱり録画じゃなくリアルタイムで観ないと本当は面白くない…

と思い始めてきました。


こう見えても私、

20代の頃から鈴鹿で毎年開催される2&4にもストップウォッチ持参で通っていたくらいですから…

カーレースの楽しみ方は知っているつもりです。


プロストやセナ、マンセル、シューマッハの黄金期に、

F1 中継がフジTVで深夜に放送されていた時は、

その直前のニュース番組で、

結果を先に知らせるアナウンサーのデリカシーの無さに 💦

よく、腹を立てていたこともありました。

懐かしい…。



それはそうと、

インディ500ではシャンパンじゃなく、

牛乳掛けをするのですか⁈

…アレは、ちょっと気持ち悪いかも。



しみずゆみ 🏎


※写真は、我が家のフェラーリコレクション 😅























ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やすらぎの郷 | トップ | 薔薇の涙 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしインディー500 (ケンスケ)
2017-06-04 05:54:39
昔はインディー500は憧れでした
今じゃ殆ど耳にしませんし
マシンも他のメーカーが退去して今ではホンダのワンメイクレースとか
各チームに同等のマシンを供給しなければならないホンダの技術に感心するばかりです
Re:懐かしインディー500 (yumi)
2017-06-04 10:00:10
レース参戦には費用がかかりますものね!
企業理念も大きく影響していますよね。

考えてみれば、フジTVがF1中継をやっていた頃は、バブル期だったのですね。
若者のクルマ離れも加速度的に進んでいるし、
カーレースが再び脚光を浴びることは、もうないのかもしれません。(。-_-。)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の話題」カテゴリの最新記事