声の仕事に魅せられ

北関東のFMラジオ局主宰の話し方講座や企業・学校などで講師を務めるフリーアナウンサーの近況やイベント情報など。

アジャストメント

2017-06-14 20:21:28 | 映画・ドラマ
かつて問題児だと言われていた人が更生し

政治家になって、どんどん出世して行く…


その挙句、

“自分”の言葉を持たず

上からの圧力や権力に抗うことなく


言われるがままに“操り人形”化して行く…


どこかの国の文科副大臣も、

もしかして…その類い??


まさに似たようなケースではないかと思いつつ観ていました。


でも、この映画の場合

最後は、

“愛”の強さに主人公が目覚め、仕組まれた運命を自ら変える…

というハッピーエンドなのです。


映画自体は、

あまりにも突飛でSFチックなストーリー展開のせいか、
評価はイマイチですが、


権力の座に居座り続けるためには、

自分の主義や主張を簡単に曲げてしまう

ポリシーのない御仁には、

ぜひとも観ていただきたい映画でもあります。



しみずゆみ















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラピスラズリー | トップ | キング・アーサー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。