声の仕事に魅せられ

北関東のFMラジオ局主宰の話し方講座や企業・学校などで講師を務めるフリーアナウンサーの近況やイベント情報など。

ある日どこかで

2017-05-12 18:54:22 | 映画・ドラマ


始まりは、1972年…

この映画の舞台となるグランドホテルで

主人公が不思議な老女から懐中時計を受け取るところから…。


それから8年後の1980年、

新進気鋭の劇作家となったものの、仕事に行き詰った主人公は、

大学時代に一度だけ訪れたグランドホテルの「歴史ホール」で美しい女優の写真に出会います。


そして、そこから過去に遡ること68年前の1912年、

主人公の劇作家は、女優の活躍していた時代、
1912年にタイムトリップすることを願い、

ついに、実現させます。


そこには、当時一世を風靡した憧れの女優がいて
出逢った瞬間2人は恋に堕ちます。



1972年に初めて出逢った時は男子大学生と老女だった2人が、

1912年、運命の出逢いをして恋に堕ちるのです。

なんともロマンティックなSFですが、


誰も止められない一途な恋の行方を観ている私は、

( 結末はどうなるのだろう…)と思いながら

美しい2人に見惚れ、
この時間が永遠に続けばいいのにと願うのです。


そして、一気に燃え上がった2人に残酷な別れが訪れます。

ポケットから取り出したコインが1979年製造のものであることに気がついた途端、

劇作家は、時空を超えて現代に連れ戻されてしまうのです。

ここまでは、予想どおり。

この後、劇作家はどうなるのか…

気を取り戻して、過去の世界で女優に約束したとおりの作品を書くのかな?

と思ったら、

そうではなく…彼は女優のことが忘れられず
過去の世界に戻りたいと願うあまり、

とうとう寝食も忘れて引きこもり、誰の問いかけにも答えなくなり虚ろな目で空を見続け、

その朦朧とした意識の中で、
女優が手招きしている姿が浮かぶ…という展開に

( これは、ハッピーエンド?

いやいや 、これは現実逃避の物語だ。

仕事に行き詰まった劇作家が神経を病んだあげく
創り上げた妄想なのに違いない。)

…と、現実主義者の私は考えるのであります。


そう思いながらも、

私なら誰に会いに行くかしら?

と、

タイムトリップできた自分を想像し、

( きっと、あの方だわ )

写真を見て、一目惚れした…

明治2年5月11日に亡くなった“あの方”を想うのです。


それにしても…1912年の世界は美しい…、
ゴミだらけのシカゴとは別世界、

まるで絵画を観ているよう…

ジェーン・シーモアと
今は亡きクリストファー・リーヴ、

そして、ラフマニノフのラプソディと
ジョン・バリーの音楽が、

甘く、切ない…映画です。


しみずゆみ ⏳







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子連れでレッスン | トップ | ビューティフルマインド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。