声の仕事に魅せられ

北関東のFMラジオ局主宰の話し方講座や企業・学校などで講師を務めるフリーアナウンサーの近況やイベント情報など。

イブの夜に

2016-12-24 22:02:33 | 清水由美のDiary
先ほど、搬送先の病院から帰ってきたという
おじいさんから電話がありましたが、

その後、怪我をしたおばあさんの容体は安定しているようです。

ただ、おじいさんが心配していたのは

「入院が長引くと80%認知症が始まる」

と言う医者の言葉のようで、

それに関しては、

私も自分の祖母や実母で経験しているので、
おじいさんの気持ちが、とてもよくわかります。

とにかく寝たきりにならないよう毎日、動かして話しかけて…

痛くてもリハビリもしっかりやるしか方法はないのです。


そんな話をしていると、

何を思ったのか…

夫が、

ネットで見つけたニック・メイソンの画像を見ながら、

「年取ったなぁ…」

と、しみじみ言うのです。


ニック・メイソンは言わずと知れた、

まるでドラムをティンパニのように叩く…

というより、メロディとシンクロさせて奏でる
ピンク・フロイドの名ドラマーです。

この話をし始めるとキリがないのですが、

先ほど、部屋中に大音響で

「原子心母」

「エコーズ」

が流れていました。

少し耳が疲れてきました。(~_~;)


ニック・メイソンが老けたと同様に
私の耳も年取ってきているのかもしれません。


年といえば、

ニック・メイソンと同年代にミック・ジャガーがいますが

この前、8人目のお子さんが誕生した事が話題になっていました。

同メンバーのロン・ウッドも少し前に双子が生まれたとか…

ストーンズのメンバーが若く見えるのは

その辺りが、違うという事でしょうか?

またまた、話がまとまりません…。(~_~;)


今日は、いろいろ考える事の多い日でした。


写真は、私のお気に入り

ジャコモ・マンズーの『枢機卿』です。

この像の前にいると、
何故かとても落ち着きます。
















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GPSが役立つ | トップ | 竹取の翁 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。