声の仕事に魅せられ

北関東のFMラジオ局主宰の話し方講座や企業・学校などで講師を務めるフリーアナウンサーの近況やイベント情報など。

イアン・ボストリッジ

2017-02-13 13:06:33 | 音楽
ピアニストの内田光子さんが伴奏で参加されたアルバムでグラミー賞を受賞されたというニュースが入ってきましたが、

同時に今回、

歴史学と哲学の博士号を持ち、
声楽を独学で学んだというテノール歌手
イアン・ボストリッジが、

グラミー賞を受賞したという吉報も入ってきました。


偶然にも、今、ボストリッジ氏の
フランス歌曲を聴いています。


私の場合、けっこう、この手の偶然が重なります。

だからと言って、別にどうって事はないのですが、(^^;;


そういえば以前、内田光子さんとボストリッジ氏はシューベルト歌曲で共演されていましたね。


シューベルトを歌うボストリッジ氏は歌手というより

やはり学者の風貌で、

(高校時代に数学を習った山本良樹先生に似ています)


地味だけれど、不思議な説得力ある歌い方に惹かれたものです。


今度は、また別の歌曲を…と、思いまして
たまたま選んだのが、フランスものです。


ドビュッシーとフォーレ、プーランク…

繊細なフランス語の響きが

最近、老化しつつある耳に優しくて


( あぁ、なんて心地いいんでしょう!)


ピアノ伴奏…いえ、伴奏ではなく

これはピアノとのduoですね!


弦楽四重奏の伴奏だと、quintettoですね!


CDの後半のフォーレの『優しい歌』は

コントラバスが加わって弦楽五重奏ですので

sextet?


強すぎない肩の凝らない、

表情豊かな声と楽器の音色が心の襞に染み込んできます。



やはり、


ボストリッジは、“歌う哲学者”だと思います。


なんだか、

聴いているうちに、少し鬱々としていた気分が晴れて来ました。





こちらは、

今回のフランス歌曲集には収録されてないけれど


プーランク歌曲集の中にあった

ギョーム・アポリネールの『雨が降る』

の原詩、





アポリネールって、
どこかで聞いた名前だと思ったら、

後に、よくシャンソンで歌われた「ミラボー橋」が詩としては有名ですが、


あのマリー・ローランサンとも恋人関係にあった詩人でしたね。


音楽って文学と必ずlinkしていて、とっくに忘れていた事を思い起こさせ、

鈍った脳を刺激してくれます。



それにしても、


声に癒され…詩に癒され…音に癒され…


たまには、ひとりで

しばし、そんな時間を過ごすことが大事なのだと、

改めて思うこの頃なのであります。


さてと、

仕事に行ってきますか…。(~_~;)


しみずゆみ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Al Jarreau | トップ | 老いは突然 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。