ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

“Gynoid Multitype Sisters” 「北海道ボーカロイドフェスティバル」1日目

2017-06-10 12:32:52 | アンドロイドマスターシリーズ
[5月3日13:00.天候:晴 北海道札幌市豊平区 札幌ドーム]

 定刻通りの13時、『北海道ボーカロイドフェスティバル』が開始された。
 これはメインイベントとしてはライブなのであるが、他にもボーカロイドとの触れ合いイベントも兼ねている為、このような名前になった。
 まずはイベントの中心である敷島エージェンシーのボーカロイド達からスタート。

 初音ミクの持ち歌である“千本桜”から始まった。
 持ち歌としてはミクなのだが、現在では他のボカロもカバーしている為、全員合唱も可能。

 敷島:「よし。出だしは好調だな」

 敷島と平賀は主催者の控室となっている部屋で、モニタを見ていた。

 敷島:「しかし、まさか伯父さんが来るなんて……」

 敷島がチラッと部屋の真ん中を見ると、シンディにお茶を出してもらっている敷島峰雄の姿があった。

 敷島:「わざわざ東京から。四季エンタープライズの有名タレント達が、今日は名古屋でライブやってるんじゃなかったでしたっけ?」
 峰雄:「ナゴヤドームの成功はほぼ100%だ。しかし、札幌ドームの成功率は未知数だぞ。だいたい、他の事務所にも声を掛けるというのは大きな賭けだな」
 敷島:「劣悪な取扱いをしている事務所もありますんでね、それの炙り出しも兼ねているんですよ」
 峰雄:「炙り出しって……」
 敷島:「まあ、見ててください。うちのボーカロイドが1番最強であることをお見せしますよ」
 峰雄:「何だか、変な機能が付いているらしいじゃないか。そういう魔法みたいものを使う気かね?」
 敷島:「そんなことしなくても大丈夫です。まあ、見ててください」

 と、そこへ、井辺から電話が掛かってきた。

 敷島:「あっ、ちょっと失礼」

 敷島が電話に出る。

 敷島:「おっ、井辺君。どうした?……ふんふん。それなら……」
 峰雄:「この、上からの映像はどうやって撮っているのですか?ドローン?確か、ドローンは禁止じゃ?」
 平賀:「井辺プロデューサーに勝手について来た妖精型が上空に飛んで、そこから撮影しているものです。ドローンは禁止でも、フェアリーは禁止じゃありません」
 峰雄:「まあ、確かに禁止のしようがありませんな。というか、そんなものまでDCJさんは造ったのですか?」
 平賀:「いや、DCではなく、KR団が造ったもので……」
 敷島:「……じゃあ、そういうことで」

 敷島は電話を切った。

[同日15:00.天候:晴 同ドーム内]

 初音ミク:「……ドドンパ♪ドドンパ♪思いのままに〜♪」
 ヲタ達:「はいはいはいはい!」

 鏡音リン:「……はっだっか〜になっちゃおっかな~♪」
 ヲタ達:「なっちゃえー!」

 萌:「うん、皆のコールアンドレスポンスも完璧だね〜」

 萌はパタパタと羽音を羽ばたかせて、会場内を飛行していた。
 ドーム内の別会場では、ライブ会場とは別に触れ合いイベントの所がある。

 MEIKO:「嫌だよモーニング♪夜明けが来なきゃ〜♪」

 ドームの外会場では、MEIKOがバージョン達のアコースティック演奏でミニライブを行っていた。
 外会場の方が、よりファン達との距離が近い。

 萌:「昔のテロロボットが、今ではアコースティックギターをボーカロイドの為に弾いています。何気にスペックは高いようです。普段はエミリーやシンディに足蹴にされる連中ですが……」

 萌は自分の目(カメラ)でライブの模様を中継し、たまには実況も行っている。

 萌:「弾き語りと言えば……」

 萌はまた別の会場に飛ぶ。

 KAITO:「時計塔の♪歯車の音♪それは彼女が生きている証♪」

 KAITOがかつてミュージカルで歌っていたものをここでも披露していた。
 この歌はハイテンポのピアノの伴奏とバイオリンの伴奏が特徴だ。
 まだキールが味方だった頃はキールがバイオリンを弾き、エミリーがピアノを弾いていたのだが、今ではピアノがエミリー、バイオリンがシンディということになった。

 KAITO:「……それが〜♪僕の〜♪役目〜♪」
 鏡音レン:「るりらっらっららら♪るりらっらっららら♪るりらっららら♪」

 コーラスで鏡音姉弟がいるのだが、今リンは別会場で歌っている為、レンだけがコーラス部分を歌う。
 人間なら舌を噛みそうなハイテンポだが、そこを難無く歌い切れるがボーカロイドの特長。

 萌:「人間では歌えないほどの高速と言えば……」

 初音ミク:「ボクは生まれそして気づく所詮ヒトの真似事だと知ってなおも歌い続くトワの命『ボーカロイド』たとえそれが既存曲をなぞるオモチャならば……」

 初音ミク持ち歌で代表曲の1つである“初音ミクの消失”。
 最初のセリフの部分が既に、人間では喋れないほどの超高速早口である。

 萌:「それをモニタで歌詞表示できるボクも高スペックでーす。井辺さん、見てるぅ?」

 しかし、通信機から返って来たのは敷島だった。

 敷島:「あいにくと井辺君はMEGAbyteの方を見てるよ。第3会場だ。ミクのレポが終わったら、そっちも見てやってくれ」
 萌:「はーい……」

 というより、既に発表されている曲なので、わざわざ萌が聞き取って歌詞表示する必要など無い。

 萌から送られてくるモニタを切り替える敷島。

 敷島:「東京決戦で使用した曲ですが、今のところ影響は無いみたいですね」
 平賀:「ええ。あくまでもあれは、旧式のバージョン3.0や試作型4.0を掃討する為のものです。最新の5.0には効かないでしょう」
 敷島:「北海道にもDCJさんの工場があるとは……」
 平賀:「本当に工場だけですよ。ただ、アリスの開発した5.0は試作型ですからね」
 敷島:「マリオとルイージ」
 平賀:「こっちは本当に量産機ですよ。ただ、量産型の方がデザイン的にウィリーのデザインしたヤツに似ているとは皮肉です」
 敷島:「アリスが試作機をマリオとルイージにアレンジし過ぎたんですよ。本来の、という意味ではあれでいいんです」

 敷島はモニタをMEIKOに切り替えた。
 MEIKOは相変わらずアコースティックバージョンばかりを歌っている。
 1番古い機種となってしまったMEIKOで、新規のファンが付きにくくなってしまった感があるが、それでも熱心な固定ファンが本州から数多く来てくれているという話は聞いている。

 萌:「こちら萌でーす!仰せの通り、MEGAbyteのライブ会場に来ました」
 敷島:「よし。映せ」
 萌:「ちょうど今、次の曲が始まるところですよ」
 敷島:「メタル系か?」

 Lily:「ようこそ♪Hells♪ありとあらゆる世界が♪全て繋がる無限の境界♪聞こえるかい?♪押し込まれる声♪まだ終わりじゃないよ♪最後はバッドエンド♪」

 平賀:「Lilyがセンターで歌っていますね」
 敷島:「Lilyはメタル系が得意なので、こうなります」
 平賀:「MEIKOのアコースティックとは、だいぶ違いますね」
 敷島:「だからいいんです。それぞれが個性を持ち、それを引き出してやる所は人間のタレントと同じです」
 平賀:「さすがです」
 峰雄:「どうやら、初日は成功しそうだな」
 敷島:「(あれ?まだいたの?)ええ、おかげ様で。この調子で3日間成功させてみせますよ」
 峰雄:「期待しているよ。それじゃ、私はこれで」

 峰雄の言う通り、初日は成功した。
 出だしは良かったのだが、2日目はどうなることか。
ジャンル:
小説
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “Gynoid Multit... | トップ | “Gynoid Multit... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
んっ?さんへ (雲羽百三)
2017-06-10 18:58:19
>無駄な足掻きww 投稿者:んっ? 投稿日:2017年 6月10日(土)08時11分15秒

 あれだけ日蓮正宗に関しては、
「そちらさんの内部規定だから」
 と言っておきながら、大沢さんがその内部規定に基づいてしただけの発言に対し、噛み付くその言動が正に修羅道まっしぐらですよね。
 んっ?さんのツッコミ、全面的に支持します。

 ただ、大沢さんの内部規定に基づいた発言にも1つツッコミ所があるんですが、ま、それは置いておきましょう。
 恐らく、妙観講員さんから見れば、ただの屁理屈でしょうから。
お早うございます! (んっ?)
2017-06-12 07:05:09
いえ、あれは「内部規定」の問題ではなく
語彙力、読解力の問題ですよmm

河童君の誤講義だと日本語になってません。
五濁の説明の部分を切り抜いて
意味を理解せずに書き込みしてるんですから
噴飯ものでしょう?

しかし、あの巌虎さんが連持色心を
ご存知ないとは驚きましたね?
んっ?さんへ (雲羽百三)
2017-06-12 10:32:25
こんにちは。

今の顕正会は教学を重視していませんからね。
私も初めて聞いた単語ですよ。
ただ、私と違って巌虎さんはベテランのはずなんですよ。
御本人は「退転者だから」とのことですが、実はかなり前から退転していたということになりますかね?

コメントを投稿

アンドロイドマスターシリーズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。