ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

“大魔道師の弟子” 「旧校舎から新校舎へ」

2017-01-03 20:51:51 | ユタと愉快な仲間たちシリーズ
[12月30日02:30.天候:曇 東京中央学園上野高校・旧校舎(教育資料館)]

 稲生達は旧校舎に開いた魔界の穴を塞ぐことに成功した。
 だがその直後、同じフロアの女子トイレの壁に血文字で3階に行けという文字が出ていた。
 稲生達はそれに従って3階に向かった。
 すると、3階の女子トイレにも明かりが灯っていた。

 キノ:「どんなヤツが待ち構えてると思う?なあ?」
 稲生:「し、知らないよ……」
 マリア:「この建物のモンスターは全て倒したはずなのに……」

 入口のドアの所まで来ると、中から何かが倒れる音がした。

 稲生:「!!!」
 キノ:「おい、今の聞いたか?」

 キノは右手に刀を持ったまま、左手でドアを開ける。

 キノ:「おう、邪魔するぜ!」

 学校のトイレだから当たり前だが、造りは1階のそれと全く同じである。
 天井の蛍光灯がこうこうと輝いてはいたが、やはりお世辞にも明るいとは言えない。

 キノ:「おい、ユタ。その“トイレの花子さん”ってヤツはどこにいる?」
 稲生:「奥から2番目の個室ってことになってる」

 女子トイレには個室が4つある。

 キノ:「そうか」

 木製の古めかしいドアである為、使用していない時でもドアが閉まっているタイプだ。

 キノ:「……おい、そこの魔女。お前が開けろ」
 マリア:「あ?」
 キノ:「よく考えたら、ここは女便所だ。開けた最中に【ぴー】だったらマズいだろ」
 マリア:「あのなぁ……」

 しかしマリアは拒否せずに、奥から2番目のドアの取っ手に手を掛けた。

 稲生:「よくよく考えてみたら、妖気も霊気も無くなってるね」
 キノ:「……だな」

 

 マリアはドアを開けた。
 ……中には誰もいなかった。
 古めかしい和式便器があるだけ。
 ほとんど清掃されていないのは、使用を想定していないからだろう。
 あくまでも今は開放時間が限定された教育資料館であり、ここで長い時間過ごすことは想定されていないのだ。
 マリアのような欧米人にとっては、この和式便器はなるべく使いたくない代物だ。
 しゃがんで用を足すことに、屈辱感があるという。

 マリア:「で?この後、何が起きるんだ?」
 稲生:「話の主人公は、この後、階下からの叫び声に反応するんです。教室には数人のクラスメートが残っていたという話なんですが、そこから全員の叫び声がしたそうです。主人公が急いで教室に向かうと、何者かに血だらけの状態にされて、引きずられていたと。その後を追うと、反対側の階段からこの女子トイレに続いていたそうです。血の跡が」
 キノ:「それで?」
 稲生:「トイレに入ると、血の跡がこの奥から2番目の個室の前まで続いていたそうなんですけど、ドアを開けたら何にも無い。どういうわけだか、ここでぷっつり切れていたそうなんですよ」

 稲生は個室の前を指さした。

 キノ:「で?結局どうなった?」

 稲生は結末を知っていた。
 だからぞくっと背筋が寒くなった。

 稲生:「て、天井から何かがしたたり落ちる音がしたと思って……」

 すると、天井から赤い液体がポツッ、ポツッと落ちてきた。

 稲生:「天井を見上げると、そこには……」
 キノ:「!?」
 マリア:「!!!」
 稲生:「何者かに血だらけにされて引きずられてきたクラスメートの死体が、天井に五寸釘で打ち付けられていたそうなんですよ!」

 正しく、天井には数人の生徒達の死体が五寸釘で打ち付けられていた。
 白いワイシャツは血で真っ赤に染まっている。

 マリア:「落ち着け。幻影だ」

 マリアが天井に向かって魔法の杖を突き上げる。
 すると、死体達が煙のように消えた。

 キノ:「ホラー屋敷みてぇな所に住んでるくせに、どうした、ユタ?」
 稲生:「マリアさんの屋敷は幽霊屋敷じゃないからっ!」
 マリア:「幽霊の類は、オマエの出番だろう?」
 キノ:「オマエとは気安い魔女だな。安心しな。さっきから、幽霊の気配は無ェって言ってるだろ。これは誰かの仕掛けたヤツだな」
 マリア:「誰が?」
 キノ:「オレ的には、オメェみてーな魔法使いが犯人だと思ってるんだがな?どうなんだ?」
 マリア:「……否定はできない」
 稲生:「マリアさん!?」
 マリア:「現に、私の魔法の杖で簡単に消せたからな。魔界の穴についてはまだ何とも言えないけど、この件に関しては、魔法の産物のような気がする」
 稲生:「魔法使いが関わってるんですか?」
 マリア:「否定はできない」
 稲生:「一体、誰が……?」
 キノ:「くそっ!結局、情報無しかよ!」

 キノはイラついて、個室の中にある汚物入れを蹴飛ばした。
 スチール製の汚物入れがタイル床に転がって、その蓋が開く。
 使用されているトイレなら、使用済みのナプキンでも出てくるところだろうが、使用されていないトイレなので、当然そんなもの出てくるはずも無く……。

 キノ:「江蓮ーっ!どこだよー!?」

 キノは一途に愛する人間の彼女の名を叫んだ。

 マリア:「江蓮か。合宿の時とか、勉強教えてあげた記憶がある。なかなか話せる、いいコだと思うね。もう少し魔力が強かったら、是非ともイリーナ組に……ん?」

 マリアが稲生以外の人間を褒めるのは珍しい。
 だがその時、マリアは何も入っていないはずの汚物入れに何かが入っているのを見つけた。

 マリア:「これは……?」

 それはもちろん、使用済みの生理用品ではない。
 何か、メモを丸めたものだった。
 開けてみると、1階の壁にあったのと同じ字体で、『新校舎へ行け』とあった。

 マリア:「……だってさ」
 キノ:「くそっ、躍らせやがって!」
 稲生:「で、でも、新校舎はさすがにマズいよ。あそこには警備員さんが……。仮眠時間は0時から4時半までだから、それまでにこの学校を出ないと」
 キノ:「要するに、起こさなきゃいいんだろ?」
 マリア:「永眠させる気か?ユウタの気持ちも考えろ」
 キノ:「そうじゃねぇ。ガードマンが泊まり込んでるってことは、逆を言えば、そこはそんなに防犯センサーもあるわけじゃねぇってことだろ?」
 稲生:「そうかぁ……」
 マリア:「さすがに窓を割ったりしたら、アラームくらい鳴るとは思うが……」
 キノ:「だから、そこは魔法使いのオメェらの出番だろ?」
 稲生:「アバカムで開けろってか。確かに」

 2人の魔道師と1人の獄卒は旧校舎をあとにし、新校舎へ向かうことにした。
 旧校舎の探索が終了したという意味なのだろうか、今度は旧校舎出入口の扉はすんなり開いた。

 それにしても、事故物件どころの騒ぎではなかった旧校舎だったが、新校舎も実はそれに負けず劣らずの事故物件ぶりだったのである。
ジャンル:
小説
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “大魔道師の弟子” 「学校で... | トップ | “大魔道師の弟子” 「新校舎... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
補足 (雲羽百三)
2017-01-04 09:37:27
今回のモチーフは学校の怪談ですが、そのモデルはバンプレスト不朽の名作“学校であった怖い話”です。
いや、もうそのゲームの舞台となる学校は事故物件どころの騒ぎじゃない。
仏法でもどうにもならないような事案が多発している鳴神学園が舞台です。
東京中央学園のモデルはそれで、昔、中二病状態だった友人が“学校であった怖い話”をプレイしている時に、「まるで魔界の入口に位置しているかのようだ」と感想を漏らしたことがネタ元です。
ええ、その友人には内緒ですw
ならばいっそのこと、そういう設定の学校があって、その怪現象に立ち向かう者達のストーリーを書いてみようと思ったのが“顕正会版人間革命”の後半部分と、それの別視点から書き、尚且つ続編となった“妖狐 威吹”です。

何気ない知り合いのセリフをもネタにしてしまう作家根性でした。
今回は威吹の役回りをキノがやってますね。
新年のご挨拶 (愛国 清澄)
2017-01-04 21:39:11
こんばんは!雲羽さん お疲れさまです(`・ω・´)ゞ

そして遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます🎍

本年も変わらぬ交流、宜しくお願い致します🙇

私も今年は侍のように、懐中に進退伺を忍ばせて、臨もうと思ってます。

大体、「縦の筋目」を第一に謳っていながら、平信徒が前に出て、「出来上がった原稿を棒読み」するような、会合をしていて、組織が大きくなる錯覚を持ってる集団とは、思いもしなかったので。

今更「育成の年」とか言い出して、若い男子を親が班長だから、ってもう信徒を指導する?

ふざけるのも大概にして、って話です。

しかも、教学なんてもう出来ないのでは?という高齢者。
そんなの入信させていては、とてもとても。

おっと、離れられた方に愚痴ってしまって、駄目ですね~お許しを🙇

ともかく、今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

愛国 清澄 拝
愛国 清澄さんへ (雲羽百三)
2017-01-04 22:37:42
 こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。

 妙観講さんも大変ですね。
 法道院も合わなかったけど、そちらはもっと合わないような気がします。

 私で良かったら、いつでも愚痴を聞きますよ。
 人間、何か不満があったら、溜め込まないで、どこかで吐露しないと爆発してしまいますからね。
 私の場合、それがブログ小説だったわけです。

 是非またお越しください。
 お待ちしております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。