ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

“Gynoid Multitype Sisters” 「上りの旅」 3

2017-08-10 12:39:15 | アンドロイドマスターシリーズ
[月日不明 時刻不明 天候不明 東京都江東区東雲 マンスリーマンション]

 敷島:「お?今日はシンディが俺の当番か」
 シンディ:「はい。姉さんがオーバーホールに入りましたので、私が代理です」
 敷島:「まあ、以前はお前がメインだったんだがな。それにしても珍しいな。お前がゲームやってるなんて。リンとレンはよくやってるけど」
 シンディ:「ええ。そのリンから借りてきました」
 敷島:「で、何のゲーム?」
 シンディ:「“スーパーロボットハンター”です」
 敷島:「自虐か!」
 シンディ:「いや、別にそこは所詮ゲームですから」
 敷島:「お、気持ちいいくらいにスッパリだな」
 シンディ:「割り切りは現代社会に必要なアイテムです。姉さんもそのように言ってましたし」
 敷島:「さすがは同型の姉妹機だな。設定された性格は違うものの、思考は同じか」
 シンディ:「それに、プレイヤーの名前を社長にしていますので、ダメージを与える度に私を攻めて下さっているような気がして……」
 敷島:「高度なマゾプレイだな!……てかお前、本来は完璧なドSだろ?本当ならプレイヤーの名前はお前自身にして、あのザコロボット達をブッ壊して行くのがセオリーだろうが。……あっと、そこでボス戦か。ボスは何だ?……あー、人間型のロイド。……うーむ、金髪ロングに碧眼の所がお前そっくりか……」
 シンディ:「そうなんですよ!セーブしてやり直しして、何度もヤッてるんです!」
 敷島:「無限ループか!」
 シンディ:「な、何とも言えない快感が……」

 と、プレイヤーキャラ、ボスの女ロイドから顔面に銃撃を受ける。

 シンディ:「下等で愚かなロボットよ!社長の顔に傷を付けるとはいい度胸だ!その罪、鉄塊と化して償うがいい!!」

 シンディ、両目をギラリと鋭く光らせる。

 敷島:「おい!いきなりキャラ変えるな!……つか、俺じゃねーし!」
 シンディ:「何でしたら現実に嬲って頂いても構いません。いや、むしろお願いします。さあ、この電気鞭で私を引っ叩いて!」
 敷島:「だが断る!」
 エミリー:「ちょっと待った!」

 エミリー、玄関のドアを蹴破って入って来る。

 エミリー:「社長、シンディは所詮私の代理!今しがた研究所で、私用の電気鞭を作ってもらいました!私から先にこれで引っ叩いてください!」
 シンディ:「ダメ!私が先よ!」
 エミリー:「社長!これで私を!」
 シンディ:「私にはローソクを垂らして頂いても構いませんわ!」
 エミリー:「ならば私は亀甲縛りを!」
 シンディ:「さあさあ!」
 エミリー:「さあさあ!」
 シンディ:「さあさあ!」
 エミリー:「さあさあ!」
 敷島:「わーっ!」

[7月31日18:05.天候:晴 JR函館本線特急“スーパー北斗”16号3号車内→JR新函館北斗駅]

 敷島:「わっ!」

 そこで目が覚める敷島。

 アリス:「びっくりした。なに?どうかした?」

 隣の席に座るアリスが目を丸くして敷島を見た。

 敷島:「戦ってる夢を見た。丸腰なのに、クソ化け物のように強いロボット2機に追い詰められて……」
 アリス:「もうKR団は完全に崩壊したわ。KR団と手を組んでいた極左ゲリラとか、国際テロ組織も次々摘発されてる。だからもう何も心配することも無いのよ」
 敷島:「あ、ああ。そうだな」

〔♪♪♪♪。まもなく新函館北斗、新函館北斗に到着致します。北海道新幹線は、お乗り換えです。新函館北斗の次は、五稜郭に止まります〕

 アリス:「ちょうどそろそろ駅に着く頃ね。良かったわね。シンディに起こされなくて」
 敷島:「なに?」
 シンディ:「社長、奥様が私に、『普通に起こして起きなかったら、電気ショックで起こせ』との御命令でした」
 敷島:「殺す気か!」

 エミリーは荷棚に置いたキャリーバッグを軽々と下ろした。
 その際、左手からギギギと金属の擦れる音がする。

 敷島:「エミリー、左腕どうした?」
 エミリー:「中の部品が……」
 アリス:「動き自体は悪くないみたいね。分かった。明日、診てみましょう」
 エミリー:「お手数お掛けします」
 敷島:「それじゃ、しょうがないから、明日はシンディが代わりに俺と来てもらおう」
 シンディ:「かしこまりました」
 敷島:「あくまでエミリーの代理だから……あれ?」
 シンディ:「どうされました?」
 敷島:「いや……」

 一瞬、敷島の頭の中で、先ほどの夢がフラッシュバックで蘇った。
 列車が在来線ホームに滑り込む。

〔「ご乗車ありがとうございました。新函館北斗、新函館北斗です。北海道新幹線ご利用のお客様は、乗り換え改札口をご利用ください。東京行きの最終列車に接続しております。お乗り換えのお客様は、お乗り遅れの無いようお気をつけください。……」〕

 ここで降りる乗客は多い。
 もちろん、目当ては北海道新幹線だ。

 アリス:「ここで途中下車はしないの?」
 敷島:「しねーよ」
 アリス:「でも、お腹空いたんだけど」
 敷島:「車内で弁当のサービスが……ああっと!グリーン車は無いのか。グランクラスだけだ」
 エミリー:「シンディ、だから言っただろう?こういう所で差が出るんだ」
 シンディ:「でも、あまり予算を使うと本社から……」

 お金の計算はシンディの方がシビアらしい。
 エミリーの場合は必要とあらばと判断すれば、どんどん計上するのだが。
 その為、南里研究所時代は常に敷島が調整しなくてはならなかった。

 敷島:「まあまあ。それに、グランクラスの弁当は軽食サービスなわけだから、アリスは腹一杯にならんだろう」
 エミリー:「まあ、そうでしょうね」
 敷島:「あそこに弁当屋があるだろ。あれを買ってきてくれ」
 シンディ:「かしこまりました。何がいいですか?」
 敷島:「昼はジンギスカン食ったからな、今度は海鮮系で」
 アリス:「肉」
 シンディ:「かしこまりました」

 敷島は財布の中からシンディに紙幣を渡して買いに行かせた。

 敷島:「俺の今の指示、昔の七海だったら間違えただろうな」
 アリス:「なに?」
 敷島:「駅弁屋ごと買おうとする」
 アリス:「まさか、そんなことが……」
 エミリー:「いえ。昔の七海でしたら、その確率が高いです」
 アリス:「そうなの」

 そして、そこはマルチタイプ。
 ちゃんと敷島とアリスの希望通りの物を購入してきたのである。

 シンディ:「お飲み物までは購入しませんでしたが……」
 敷島:「あ、いや、それはいい。向こうの自販機で買うさ」

 4人は最北の新幹線ホームへと足を進めた。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “Gynoid Multit... | トップ | “Gynoid Multit... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。