ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

“大魔道師の弟子” 「稲生の孤独な旅」 2

2017-05-16 19:38:18 | ユタと愉快な仲間たちシリーズ
[4月9日17:21.天候:曇 東京都江東区森下 地下鉄森下駅]

 駅のホームに稲生を乗せた電車が入線する。

〔2番線の電車は各駅停車、本八幡行きです。森下、森下。都営大江戸線は、お乗り換えです〕

 稲生は他の乗客に混じって電車を降りた。
 平日であれば夕方のラッシュが始まっている時間帯であるが、日曜日ということもあってか、静かな雰囲気であった。

〔2番線、ドアが閉まります〕

 電車が強風を巻き起こしながら発車して行く。
 都営新宿線の車掌は乗務員室のドアを開けた状態で、半身を乗り出してホームの確認をする。
 ワンマン運転で殆ど何の確認もしない魔界高速電鉄の地下鉄とは偉い違いである(一応、乗務員室のドアを開けてサイドミラーを見てはいるようだが)。

[同日17:30.天候:曇 同区同地区 ワンスターホテル]

 稲生:「こんにちはー」
 オーナー:「あっ、稲生さん。いらっしゃい。大変でしたねぇ……」
 稲生:「いやー、どうも……」
 オーナー:「シングル1つ、お取りしておきましたよ。今日はゆっくり休んでください」
 稲生:「ありがとうございます。……って、マリアさんやエレーナは……?」
 オーナー:「エレーナとは連絡が取れました」
 稲生:「それで、何と?」
 オーナー:「魔界で待っているそうなので明日、そちらに来て欲しいそうです」
 稲生:「今から行きます!」
 オーナー:「いやいや。イリーナ先生からも、そういう伝言なので」
 稲生:「ええっ?」
 オーナー:「これがその差し入れです」

 オーナーはフロントの後ろの棚から、稲生に液体の入った小瓶を出した。

 稲生:「これは……?」
 オーナー:「エリクサーです。イリーナ先生からは、これを飲まれるようにと」

 魔法薬の1つで、基本的にはMPとHPの両方を回復させる効果があるという。

 稲生:「こんなのが必要なのかなぁ……?」
 オーナー:「失礼ですが、稲生さん。ただの人間の私から見ても、あなたのMPとHPを数値化した場合、物凄く消耗した数字になるとお見受けしますよ」
 稲生:「ええっ!?」
 オーナー:「食事の後に飲んだ方が良いとのことです」
 稲生:「ああ……」

 このホテルのロビーからも行けるレストランがある。
 名前は『マジックスター』といい、ダンテ一門の魔道師が経営している。
 稲生はオーナーからルームキーを受け取ると、エレベーターで客室フロアに向かった。

[同日18:00.天候:晴 ワンスターホテル1Fレストラン『マジックスター』]

 レストランのカウンター席に座って夕食を食べる稲生。
 あまり大食ではない方だが、今回は何故かいつもより多く食べないと空腹が満たされなかった。
 レストランのオーナーでもあるキャサリン・アルコビッチは、そんな魔法料理研究家の第一人者。
 元はポーリン組に所属していたが、ハイマスター(High Master)の階級になったと同時に独立した。
 弟子を取れる資格はあるのだが、まだいない。
 表向きは創作料理のレストランということになっており、このレストランで働いているアルバイトの全てが人外である。
 もちろん、見た目は完全に人間の姿をしている。

 キャサリン:「オーナーの言う通りよ。よく倒れなかったわねぇ……」

 キャサリンは黒髪を今はショートにしている。
 ミドルマスター(Middle Master)の頃はわざと老婆の姿をして、東京中央学園上野高校の校門前に現れ、魔法の飴玉を選んだ生徒に配るというようなことをしていた。
 その飴玉を舐めた生徒は、ポジティブ且つハイテンションになり、何をやっても上手く行くようになった。
 キャサリンが選んでいた生徒はイジメられっ子などのネガティブ且つローテンションの生徒で、男女の違いは無かった。

 稲生:「そうだったのかぁ……。僕は早く、マリアさんに会いたかったから……」
 キャサリン:「マリアンナにとっては嬉しいことだね。でも本当、貴重だよ、それは」
 稲生:「貴重?」
 キャサリン:「私も含めて、男運ゼロ……どころかマイナス100以上だった魔女にとっては、あなたのような男性は貴重だと思う」
 稲生:「そうですかね。僕は元々普通の人間ですよ?」
 キャサリン:「魔女達には人間時代、その『普通』が無かった。ダンテ先生もなるべくそういう『普通の人』を入れて、淀んだ門内の空気を入れ替えたいと思っておられるんだけど、なかなか難しいみたいだね」
 稲生:「うーん……」
 キャサリン:「そこそこの才能があって、あの魔女達にも優しくできて、更に愛情まであげれる男性なんて、そういないから」
 稲生:「僕は本当にマリアさんが好きですよ?」
 キャサリン:「うんうん。あなたと会う前のマリアンナ、ゾーイみたいな奴だったから。それをあそこまで明るい性格にできたんだから、あなたは凄い。なに?日本では『あんたが大将』って言うの?」
 稲生:「い、いや、それは言わないと思います。……キャサリンさんも、人間時代は【お察しください】だったんですね」
 キャサリン:「いや、私は違うよ」
 稲生:「え?」
 キャサリン:「そりゃあ、とても不幸な人間時代だったよ。でも、マリアンナ達みたいに性暴力を受けたわけじゃない。エレーナと同じだよ、そこは」
 稲生:「あ、何だ……」
 キャサリン:「エレーナはジャンキーだった。そして、私も」
 稲生:「えっ?」
 キャサリン:「日本じゃ考えられないだろうけどね、ヨーロッパに行けば、麻薬の売人なんてそこら中にいるものよ。だから日本人のあなたは、売人見かけたらダッシュで逃げるくらいの方がいいと思う」
 稲生:「そうですか。……うん、何か元気出た!」

 キャサリンが手掛けた魔法料理。
 主にハーブを使ったものだ。
 表向きには『西洋の薬膳』ということになっている。

 キャサリン:「あくまでも体力が一時的に回復するグリーンハーブに、レッドハーブを混ぜたものだから。イリーナ先生が寄越したエリクサーはちゃんと飲んで寝た方がいいよ。エリクサーもなかなか貴重な品だからね。ポーションやエーテルはよく手に入るけど」
 稲生:「分かりました」

 ここの食事代もイリーナへのツケになる。
 藤谷から借りた金は1万円で、これを明日の魔界行きまで持たせないといけない。

 稲生:「オーナー、魔界へはここの地下から?」

 レストランからホテルに戻り、フロントにいるオーナーに聞いた。

 オーナー:「いや、それがまだ分からないんです。そうかもしれないし、もっと別の穴かもしれません。明日のチェックアウトまでに連絡が来る手筈になっているので、明日までお待ちください」
 稲生:「分かりました」

 稲生はエレベーターに乗り込んで、自分の客室のあるフロアに向かった。

 オーナー:(イリーナ先生の使い魔を見学しに行くツアーだとエレーナから聞いていたんだが、どうも話がとんでもない方向に向かったらしいな。……ま、魔法使いさん達にはよくあることだがね)

 尚、このオーナーがどうして『協力者』になったのかは、未だ明らかになっていない。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “大魔道師の弟子” 「稲生の... | トップ | “大魔道師の弟子” 「稲生の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。